「充電」タグアーカイブ

【蓄電】死んだMF27バッテリーが復活?

P_20190711_152817

追記:電圧が遂に14Vに

追記:その数日後

ずっと利用していたディープサイクルバッテリーのMF27(多分、韓国製のパチもん)容量は100Ah程度。専用のバッテリーケースに入れてる状態です。

ソーラー発電の余剰で12V蓄電していたもので、室内のオーディオ用に使ってました。

半年前の昨年の冬に、気づいたら電圧5V。

急いでパルス充電を数日続けても、最高7V程度までにしか上がらなかった。その時の記事はこれ。

【発電】2019年初頭のソーラーDIY発電報告

※記事では、MF31と書いてたが、MF27互換?やった

捨てるのも大変だし、重いし、屋外に放ってました。。

(;´Д`)

最近の晴天続きで、せっかくだから、無駄電気を、このバッテリー充電にまわしてみようか、と思ったのです。

P_20190711_152838

利用してる充電器はこのDRC-300という製品です。最大3Aですが、自動認識してくれて、高電圧充電(14.8V)や、必要ならパルス充電もしてくれるスグレモノです。4000円程度で安価。

んで、この途方も無い充電生活が、ずーと続きます。晴天の時に、繋いで充電して、の繰り返しです。

確実にバッテリー内ではサルフェーションが発生しているはずですが、ノンメンテナンス型なので、中を開けて確認する事もできず(内部の金属部に余計な物質が付着・固着しちゃう)

気が向いた時に、ケースにダメージが入らないように注意しながら、何度か衝撃を与えたり、揺らしたりしてました。

ふっ、と先日、電圧を測ってみたところ、13Vを指してる!?

ヽ(;゚д゚)ノ え!?

も、もしや復活したんか?

充電を止めて次の日、安定電圧を計測しても12Vだった。

鉛バッテリーが復活する事なんてありえるんだろうか。ちょっと驚きです(寿命を確認してから、ほぼ半年放ったらかし)

充電中、中央寄りの部分的なところが熱を持っているので、まだ、この2Vセルが弱っている事が分かります。

もうちょっと、様子を見ながら、充電を継続して、復活するよう見守っていきたい。

追記:その数日後

案の定、完全復活という訳も無く、負荷をつなぐと電圧降下が激しい。

ですが、その挙動が何か不思議な感じなのです。バッテリーが寿命・故障してるのは確実、電圧が急減する感じ。これからももうちょっと様子を見る必要があります。

上記の記事に書き忘れた事があるのですが、太陽の日が当たる場所で充電してました。

充放電に最適な温度25度に出来るだけ近づけるためです。

追記:電圧が遂に14Vに

P_20190713_164607

その後、充電を繰り返しては、安定電圧6-7V付近で、やっぱ駄目なのかな・・。

と、思っていた所、試行錯誤の繰り返し。

さまざまな衝撃、揺さぶりをやっておった所、充電時電圧が、正常時の14Vまで来ました(それでも若干低いが)

変な発熱も無くなったし、もしや、これは・・と期待してしまいます。

バッテリー内部がどんな感じになってるのか気になる、充電媒体液の撹拌が効いたのか、反応端子部分の汚れが取れたのか、原因がわかりません。

(今現在)充電後から数時間が経過していて、12.4Vで安定してくれてるんですよね。

もうちょい様子を見ないとです。

【修理】USB端子が壊れたモバイルバッテリー

P_20190614_174835

掃除してたら、昔に使っていたモバイルバッテリーが出てきた。

これは、見ての通り、充電用のmicroUSB端子が内部で外れて壊れたやつ、いつか直そうとしまってた。ただ、数年前の事なので、バッテリーが放電しきって死んじゃってるかもしれない。

確か、IPQというメーカーだったかと思う。容量は7800mAh。

充電と給電が同時に出来るので、使い勝手がとても良い。

やっとの事で、分解できた。爪と接着剤で固定されてた。爪を破壊しながら・・ですがw

(;´Д`)

3本なので3.7V 2600mAでしょうか、16550電池かな?

P_20190614_174847

microUSBがあった場所、白いゴムのような部分に、極小の接点が2つ見えます。こんなハンダ付けなんてやった事ないよ・・。

そんなスキルは無いので、microUSB端子を付けるのではなく、余ったUSBケーブルを直付け案にします。

P_20190614_174902

もう、使うことは無いだろう、miniUSBケーブルを利用する事にします。大量に余ってますよね・・w

P_20190614_175758

バラします。通信用なので4本出てきました。赤と黒を繋げれば良いわけです。緑と白は、通信用なので不要。

念の為、テスターで通電チェックしておきます。赤は1番、黒は5番ピンとなります。

P_20190614_191655

基盤の裏を見たら、丁度良く、+/ーの接点が露出してました。このサイズなら、半田付けできます。

ちなみに、基盤は、充電用と放電用で2つに分かれてるようです。

P_20190614_193109

ハンダ付けして、被膜処理して完了。

P_20190614_193826

万一に爆発する事も想定して、いつでも屋外にぶん投げられる場所で、充電開始。

変な熱も無いようですし、一応、これで再利用が可能な感じです。

ほぼほぼ、1A程度で流れてるようです。

【が】ありそうで無いハブ@充電&USBハブ

image

タブレット(スマホ含)にUSB機器(マウスやキーボードなど)を接続して利用できる事をご存知の方は多いと思いますが・・。

image

接続している間、USBを専有してるので、充電できないんですよね。

んで、それが可能な製品を見つけてしまったので記録。

電机本舗さんで、HWMT1というOTG4ポートハブなる製品(USB2.0ハブ)

※RAMディスクやディスク管理とかで有名な開発元

公式ページ上では、割引で980円で案内されてるんですが、肝心の販売サイト(Amazon)では在庫切れとなってるようです・・。

(;^ω^)ま・・そのうち・・

気をつけなければいけないのが、こういった使い方はUSBでは想定されていないため、機器によっては動作しない場合があるようです(公式ページでは、一部Fireタブレットの対応について書かれてます)

私も、Windowsタブレットが1枚あるので、こういうの探してたんですよ。