「分解」タグアーカイブ

【pc】Lenovo Thinkpad E430c分解

P_20190424_134628

2012年頃のモデルのLenovo Thinkpad Edge E430cの分解と中身の記事です(E420辺りからのモデルと共通かと思う)とはいえ、HDDの換装までです。

※分解は自己責任で

同じ冠を持ってるとはいえ、歴史あるThinkpad本流とは違い、裏面カバーを外す事で内部にアクセスします。

3箇所のネジを緩ませてから(取れない)、爪をパキッと数カ所外しながら取り外します。なので、若干の慎重さが要求されます(スマホ裏蓋な感じ)

上写真をご覧の通り、これ一枚外せば、CPU・メモリ・HDD・Wifiカードにアクセスできます(写真では既にHDDを取り出してます)

P_20190424_151837_1_p

もう一箇所のフタは、mSATA(と電池)となってるようです。オプションで、HDDキャッシュ用のパーツが入るようです。

これは、普通のmSATAストレージ用として使えるんだろうか(mSATAパーツって若干高額なのよね・・)

P_20190424_151852

CPUの換装もやりやすくなってますね。

P_20190424_151907

ストレージ用のステイはこんなです。限りなく簡素です。

HDDの換装については、凄く固くて若干の工夫が必要です。

2本のネジを外してから、マイナスドライバー2本を用意して、隙間に入れて、ストレージを抜く方向に力を入れます。これでも、結構力が要ります。

P_20190424_152005_p

一応、裏蓋の写真です。

CPUファンの吸気の影響で、ホコリが溜まっていくはずです。

【PC】HP ProDesk600G4SFFの中身

P_20190403_111401_1_p

HP社製2019年法人向けモデルのProDesk600G4SFFの中身です。小さなボディに、インテル8世代CPUが乗った最新のモデル。

主に写真紹介と簡単な分解方法(一切、ドライバー&工具要らず

P_20190403_111347_1_p

裏面はこのような感じになってます。デジタル出力はDisplayPortが2ポート。

P_20190403_111421_1_p

本体を開けるには、中央のツマミをスライドしながら、写真でいう所、手前に引くだけです(引くための取っ手があります)

P_20190403_111501_1_p

中身はこのような感じになってます。まさに法人向け。

P_20190403_111516_1_p

驚いた事に、80PLUS Platinum電源搭載です(AcBel製)

出力は180Wだけどね。。

P_20190403_111533_1_p

本体内部にアクセスするには、フロントパネルを外す必要があります。単純に、上部に見える4ヶ所の爪を外せば取れます。

P_20190403_111555_1_p

裏面はこんなです。完全な樹脂製です。

P_20190403_111614_1_p

本体側面に、思わしげなレバーが付いてます。これを引くと、ストレージベイを、跳ね上げる事ができます。

P_20190403_111654

こんな感じに浮きます。事前に、ストレージ類のケーブルを抜いておきましょう。

P_20190403_111706

ここまで浮かすと、片一方が外れるようになります。上手いこと出来てますねぇ。

戻す際は、これと逆をやります。そうしないと、爪が掛かりません。

P_20190403_111733_1_p

メモリ周辺の近影。下部のは、miniPCIスロットでしょうか(Wifi用?)

また、見難いですが、左にM.2スロットも付いてます(多分)

P_20190403_111742_1_p

CPUの排熱制御が素晴らしい。循環する事なく、しっかり給排気してくれる機構です。

ヒートパイプ式では無いので、冷えは期待できそうにありませんが。

こんなに簡単にアクセスできちゃうので不安でもありますが、そういう場合、別途製品で物理ロックを掛けたりします。

【pc】ThinkpadX230のWifiがオカシイので修理

P_20180130_121935かれこれ2年ほどお外用で、このチンコパッド、否、Thinkpad X230 Tabletを愛用しております。

Core i5-3xxxMで、(使う機会が一向に来ない)タッチパネル付きのやつ。

大容量バッテリと16GBとSSDを増設済み。

んで、最近、使用中にWifiが消えてしまう。

というか、デバイス自体が消えて無くなってしまう。。

(;´Д`)

Thinkpadならでは、セキュリティ系の仕組みが(なぜか)動いて、無効にでもなったのかと、設定を見直してもダメ(盗難で自動デバイス無効に出来る)

もう・・これは、分解して中身を覗くしかありません。幸い、Thinkpadなら、分解も容易な事で知られてます(メーカーで公開してる)

x230のハードウェア保守マニュアル – Lenovo

他機種のThinkpadは何度か分解した事がありますが、このX230は初めてです。。。

(´∀`*)ポッ

P_20180130_112851裏面に、外すべきネジの所にアイコンが書かれてます。

キーボードだけなら2箇所、パームレストは5箇所です。

Wifiモジュールは、パームレスト下にあります。

念のため、久々にメモリの状態を確認、指し直します。

P_20180130_113824まずは、キーボードを外します。

キーボード全体をモニター側に数ミリスライドさせて、手前のツメを露出させて浮かせます。

この手軽さがThinkpadなんですよね。

簡単に、英語キーボードに変えたりする事ができます。

補足:

キーボードを戻す際は若干のコツが必要です。上部のモニター側に収まる隙間に入れてから、手前のツメに入れ込みます。でないと、綺麗に収まりません。

P_20180130_113926キーボード下部は、こんな感じです。

一応タブレット機なので、本体も重めです。なので、剛性を取るための配慮が見て取れます。
P_20180130_120408やっと外れたパームレスト。。

どーやって外すのか、ずっと悩んでました。

キーボード側の方を浮くのですが、手前側が何かに固定されてるっぽい。

何度かグイグイしてたら外れました。

手前側に1ミリ程度のツメが数か所あるようです(本体側がメス)公式マニュアルのようにすれば、基本的に外れますが、多分ムリです。端の方から攻めていくと外れやすいようです。

補足:

パームレストを戻す時は、パチッという感じで、ハメてく感じです。隙間が無いように全部のツメを噛ませましょう。

P_20180130_120408やっと、Wifiモジュールのご尊顔を拝むことができました。こいつです。

IBM時代からですが、これ純正品で無いとダメなんですよね。

miniPCI用のWifiアダプタは、11ac対応品でもかなり安くなってるんですが、交換する事ができない。

(;´Д`) 純正品は馬鹿高い

※BIOSを書き換える事で、これを回避する手段があるようです

一度外して、ふーふーして・・w、指し直しました。これで直らなかったら、中古品でも探すしかありません。。

しばらく、Youtubeのライブ配信をずっと表示させておいて様子を見ます(以前は30分程度でエラー)

2時間程度経過しても大丈夫なようです。直ったっぽい。

(゚∀゚)ノ

端子部分に小さなチリが入り込んで、接触不良のような感じになったんでは無いかと推測します。