「効率」タグアーカイブ

【pc】TR2 450W Bronze電源換装@ワットチェッカー

P_20180926_140645

さて・・、先日ポチった電源PSUが届きました。

ThermalTakeのTR2 450W Bronzeという、安価モデルです(日本製コンデンサ、3年保証、80Plus Bronze認証、12V34A)

P_20180926_193505

今までの電源はこれ、サイズ帝力プラスNaked(80Plus Platinum 500W、12V41A)なんです。

ここでは、BronzeとPlatinum、どんだけ違うの?という事です。

電源の効率って、そう単純じゃなくて、普段使ってる電力に合わせた容量じゃないと、意味が無い。これを実証したいのです。

なので、あえて450Wに落としてBronzeにしたのです。前回記事にて、現状の電源効率と消費電力を計測しました。

【PC】自作PC2018の消費電力と力率@ワットチェッカー

P_20180926_140824

内容物はこんなです。とってもシンプル。

P_20180926_141038

各国語版の説明書があって、日本語の部分はここ。まぁ・・見るまでもありませんけども。

P_20180926_141424

出力ケーブルは至って普通。SATAは2系統あります(計4つ)

(ここで重大な過ちに気付いてない。後ほど)

P_20180926_141548

排気側の方、ファンの1/3程も占める透明なプラ板が見えます。何か理由があるんかな?

よし、電源を換装するか。

P_20180926_191935

ここで重大な事に気付く・・・。

ヽ(;゚д゚)ノ !

あ、ビデオカードの補助電源が足りなえッッッ!!確認すんの忘れてた。ま・・まずい、どうするよ(Geforce GTX970、6ピン2個)

P_20180926_192009

捨てなくて良かった・・。ビデオカードの箱に変換用ケーブルが付属してた。

ε-(´∀`*)ホッ

P_20180926_192432

クラシカルなPC電源ケーブルに接続します。とっても、見苦しい(2個使って12V6.25Aを確保する訳です)

P_20180926_201807_1_p

んでは、前回記事と同様、適当計測をやってみましょう。

計測結果

前回記事から前電源(帝力の500W/80Plus Platinum)

アイドル:59W 97%

Youtube視聴:62W 97% ※720p

Youtube視聴:70W(フルスクリーン時)

StarCraft2:85W(ゲーム:中設定)

StarCraft2:120W(最高設定時)

Arma3:172W 99%(ゲーム:最高設定)

んで、今回のTR2は(TR2 450W/80Plus Bronze)

アイドル:64W 97%

Youtube視聴:67W 97%

Youtube視聴:65W 97%(フルスクリーン時)

StarCraft2:95W 97%(ゲーム:中設定)

StarCraft2:126W 98%(最高設定)

Arma3:142W 99%(最高設定)

※気温:20.7℃、102.3V、49.9Hz

※%表記は力率の数値

(;^ω^)うむむ・・なんだか、総じて消費電力アップですね。効率は、いずれも変わらない感じ。やっぱある程度の負荷が必要のよう。適当計測なので鵜呑みにしないでね。

アイドルは計測しやすいけど、ゲームだと画面状況によって増減が凄いので、正直当てにならない(ベンチマークモードとかで測れば良いんだけどもね)

アイドルでは5W程アップ、以前の計測環境と違うのは、CPUクーラー位でしょうか。気温が低いのが影響してるかも、しれないし、

また、帝力Nakedは、廃棄ファンが一切動かないので、これの分が2W程度を含めると・・(250W超えないと動かない)

わずか3W位しか違わない(常用時)

この3Wのために、GoldやPlatinum/Titaniumを買うか買わないかです。500W帯のBronze電源って、5000円で買えちゃうんです(私は4480円で買った)

※3W≒USB機器が1個分(5V500mA)

自作PCerのご参考までに。

【エコ】ソーラー発電の真冬の現状報告とか

P1010336連日雪が降っております(夏場の時の写真ですが・・)

今年は、特に多い降雪ではありませんが、一応、パネルの傾斜(30度)のお陰で、勝手に雪が落ちてくれてます。

冬期間は、晴天といっても、曇り空がほとんどで、真夏のような14A発電などありえません。

100Wパネルが4枚、2並列で24Vで構築してます。

良くて、2~3Aでしょうか。

曇ってても、0.3Aは確保してるようです。雪さえ積もってなければ、厚い雲でも同様です(昼間)

かなり少ない発電量ですが(;^ω^)

気温が低い時は、パネルやバッテリーの効率が下がりますが、ここまでとは想像してませんでした。

なんとか、真冬でも連日満充電を維持しながら利用する術を身につけました。

P1010385前記事でもご紹介しましたが、このエレコムのDCからUSB電源に降圧してくれる製品。12/24V対応

MPA-CCU42BK

1980円で買ったが、現在1680円とかだよ。

想像よりも高効率で降圧してくれてるようで、タブレット3枚+スマホ1台を、ソーラーだけでまかなってます。常時接続状態です。

ま、充電が完了するまでの通電ですけどね。しかし、電気食いの10インチタブレットもあるので、なかなかでしょう。

深夜3時に電圧を見ても、24.8Vを指してます。

sc20141226220840

部屋には、24時間駆動してるラズパイがあります(Raspberry Pi)

こいつもUSB電源だけで動作するので、上のやつをもう一個買って、サーバーもまとめて、ソーラーだけで運用する予定。

だが、春になってからかな。

冬場にバッテリーを空にしちゃうと、真水化したところから凍結しちゃうので、即効でお釈迦です。

真冬時の、ソーラー独立発電の場合は、バッテリーの電圧をなるだけ下げないよう注意が必要です。

【発電】独立ソーラー発電で3並列綺麗に配線してみた

P1010275

追記あり:

これまで、あまりに適当な配線だったため、綺麗にしてみた。

バッテリー間は、そのままターミナルに直付という状況を、端子台にまとめて接続します。

購入したのは、端子台(500円)、丸型圧着(10個200円)、絶縁キャップ(50個100円)とか。

また、ヒューズを入れて無かったので、これも、バッテリーとコントローラー間に20Aを入れます。

ちゃんとするために、ヒューズホルダー(200円)をゲット。これは端子台と同じ接続方法(ネジ)なので、丸型圧着が利用できる。

P1010277

2mm2芯のVCTFを、合わせて4mmとして利用してるんですが・・(;^ω^)

丸型圧着に加工していきます。

直列バッテリーが3本あるので、6本の加工が必要です。バッテリー側は、ターミナルがあるので、加工は不要です。

地味ながらも面倒な作業です(;´Д`)

P1010279

んで、端子台に接続しました。

左側3つがマイナス極、右側3つがプラス極としてます。

壮観ですな。メンテもやりやすくなりました。

ここで絶縁用のキャップの存在を忘れてて・・、絶縁テープで処理。

新しく購入したバッテリーの電圧が低かったので、既存バッテリーと電圧を合わせるため、仮接続して充電しておきます。

P1010281

ふらっと寄った、イエローハットで、欲しかった24V低出力インバータが。。。

半額!?ヽ(;゚д゚)ノ !!

メルテックのHC-31で、定格30Wのもの。ファン無しで、自分が実際に運用する予定の出力サイズだったので、欲しかった(これで効率も上がるだろう)

Meltec [ メルテック ] 3wayインバーター定格30WDC-24V用 [品番] HC-31

効率化を考えると、USB5.0V出力とか要らないんだけども(メーカーさん)

P1010283しばらくこれを接続して負荷を掛けてました。50Wくらい・・wでも、問題なく動作してくれてます(1時間位やってみた)

定格の25Wに落としましたが、やはり熱を持つようです。とはいえ、およそ25℃位でしょうか。

真夏の車内なら危険な感じはしますが、これ位なら、冬場でのバッテリー保温として利用できそうな感じです(;^ω^)

ちなみに、このHC-31でも、USBスピーカーからのノイズは同様でした。

P1010282

いくつかのバッテリーターミナルを購入しましたが、エーモン社製のターミナルをオススメです。

エーモン Y134 バッテリーターミナル

他のメーカー品だと、ケーブルの太さが無いと、噛んでくれません。

また、ボルトが柔らかいらしく、すぐナメてしまいそうです。

エーモンの製品だと、4mmでもちゃんと噛んでくれます。

P1010284

さて、バッテリーの電圧が揃ったので、3並列バッテリーを仕上げます∠( ゚д゚)/

※28Ah6個(24V3並列)

接続次第では、簡単に72Vも作れます。

手間を掛けたく無かったので、リード線(単線)を別途購入して、バッテリーを並列に接続しました。

単線とはいえ2mm位だろうか、もうちょっと太いケーブルの方がいいかもしれない。一応バッテリー間だし。

もうちょっとテスト運用して、このリードが熱くなったら、即見直ししないといけない。

P1010287

最終的にこんな感じになりました。

まだ、システムの設置箇所が定まってないので、地面に直置き状態なんですが。

・・というか、時間が無くて、ヒューズまだ入れてないしw

インバーターを、300W定格から、30W定格品に変更したので、どの程度効率化されるのか、また、3並列によるバッテリー実容量を時間を掛けて確かめてみます。

※負荷は、常時25W程度を掛けてます(LED電球、自宅サーバ一式。スマホ・タブレット充電)

ソーラー発電

追記:

昨夜までは、「2並列+300Wインバータ」で、今夜から、「3並列+30Wインバータ」とスペックアップしたところの途中経過。

負荷は、約1.0A(25W)を常に掛けてる状態

これまでは、PM11には、24.7V辺りを指していましたが、先ほど確認したら、25.2Vと、いまだ25V台をキープしている。これは凄い

3並列による容量アップは確かに量られてるようです。インバーターを低スペックにした分の効率化もあるかもしれない(より80%に近いという意味)

実際の、放電量積算をメモして計算すれば正確な数字が出るのでしょう(数値をリセットしておくの忘れた)

リセットすると瞬断するので、リモートからターミナルを起動して自宅サーバをいちいち終了しないといけないのだ(RaspberryPi)

あと、30WインバータのHC-31ですが、ほぼ屋外に置いてる状態ですが(気温21℃)、触るとほんのり暖かいです。25℃でまず間違いないですね。やっぱ、ファン無しは静かです。

#追記:本日、ノートPCの充電開始の突入電流で、許容オーバー瞬断が起こってしまいました。やはりある程度の出力オーバーを考慮しないといけないようです

バッテリー並列化での問題点が・・・、重くて1人で移動できませぇん。19サイズのバッテリーといえど、1個8.5Kgですよ。51Kg+ケーブルや部材の重さ、です。

キャスターが付いてる台車みたいなものが必要かも。

追記:

P1010288

ソーラー発電の無駄部分である、お昼の間の過剰発電を有効利用すべく、こんなものをゲットしました。

24時間プログラムタイマーII PT25

指定した時間だけ通電するやつです。15分単位で指定可能。

タイマーのカチッカチッという音が無い、高評価の製品で800円とお安い。

早速、利用してみました。

・・・が、矩形波インバータでは、タイマーがずれていってしまうようで、気づくと軽く1時間2時間ずれてる。

矩形波インバータは、間の55hzで生成してるらしく、設定不可なのだ。

正確な正弦波で50hz(東日本)インバータでないと利用できないようです。うむむ(;^ω^)