「接続」タグアーカイブ

【さ】SMBにアクセスでけへん@こんな例

image

ただただ・・SAMBAでファイル共有するなら、そんなに難しくないのですが、つい先程まで悩んでたシロモノがこれです(大したこと無い)

あくまで、こんな場合もあるよ、という記事です。

UbuntuLinux 17.04LTSで、何気なくアップデートをかましたのです。

途中、「おまえさ、smb.conf変更しちゃっていい?」と言われたので、何気なくYESッさっ!m9( ゚д゚)と答えてしまった。

んで、後日。

シェルで作業後、GUIでファイル一覧で見たいなぁ・・と、エクスプローラを開いてアクセスすると。

アクセス拒否されました」・・と

※smbclientだと、protocol negotiation failed: NT_STATUS_INVALID_NETWORK_RESPONSE

あぁ・・この前のアプデで書き換えられたんだったな・・と、smb.confを、何度もやってるので元に戻していく。

・・が、どーやってもエラー。

(;´Д`)

何度もsmb.confを眺めても、おかしい点は見当たらない。ログ見ても、正常に動作してる。

慣れはとても怖いものです。こいつでした。

   interfaces = 127.0.0.0/8 eth0

そー、このPCにはeth0なんてインターフェースは無いのです。Ubuntuでは、enp3s0になってもうたんです。

   interfaces = 127.0.0.0/8 enp3s0

何度も基本に遡ってググりまくりました・・。

(;^ω^)

いちいちWindows側(クライアント)で動作確認するよりも、Linux側からこのコマンド叩いた方が楽です。

smbclient -L localhost

image

でも、副産物として、これを知りました。Windows PCでの「資格情報の管理」というもの。

これに登録しておくと、次回からパスワードの入力をせずに済みます(普段の操作もここに登録されてる)

Samba側もプロトコルを2にするなんて、こんな書き方を目にしますが、私んとこでは駄目みたい。なんか他に設定が必要なのかもしれない。

min protocol = SMB2
max protocol = SMB2

【net】まれにVPNに接続できなくなる@Win10

image

クライアントがWindows10で、VPN先に接続できたり出来なくなったりする。

以前は問題無かったんですが、最近、どうにもおかしいと思って、ぐぐってみたら、みなさんも同じ様な境遇のようでした。

Windowsアップデートによる影響っぽくて、原因はイマイチわからない。

サーバ側のログは、こんな(適当なところを抜粋)

transition from state STATE_QUICK_R1 to state STATE_QUICK_R2

STATE_QUICK_R2: IPsec SA established transport mode

deleting IPSEC State

※Debian Linuxサーバ

VPNの接続プロトコルを熟知してる訳ではないので、正直さっぱりである。というより、一切接続できない訳でなく、たまに接続できない

(;^ω^)

image

んで、試行錯誤してたら、こうすると接続できるようになった。

タスクバーからではなくて、”設定”から”ネットワーク”、”VPN”と辿って、そこからVPN接続すると、問題無く接続できる事が分かりました。

ヽ(;゚д゚)ノ なんでやねん。。

image

InterLinkのVPNサービスのQ&Aページでは、デバイスマネージャから、WAN Miniportを全て削除・・とか書かれてたりしますが。。

さすがに、怖い気がする。

(;´∀`)

【net】いつの間にか提供してたv6プラスの固定IP

sc20171115173738追記あり:マルチセッションによる固定IP

動画サービスが当たり前の昨今、とても遅いインターネット

この解決策として、IPv6接続(IPoE)を始める方がちらほら見受けられるようになりました。

IPv6接続にすれば、だまって1Gbpsでネット利用できる。料金もほぼ一緒。

ベストエフォートなので、1Gbps出るわきゃないが、見違えるほど速くなるのは確かです。

一般の普通の人なら、黙って、このサービスを利用すべきです。勿体無い。大手ISPに契約してれば申し込むだけ(*1)、AUひかりやNUROなら無条件でIPv6です。

(;´∀`)

*1:機器が必要になったり設定を要する場合もあります

sc20171115174137・・・ですが、デメリットがあったんです。

特殊な用途。

固定IPアドレス、自宅サーバ、ゲームサーバ、監視カメラとか

内向きへのアクセスが一切利用できませんでした。

・・が、プロパイダーの上位のイネーブラ(JPNE)で、こんなページを見つけました(JPNE:KDDI系ISPはここです)

v6プラス「固定IPサービス」提供開始のお知らせ

まさしく、このデメリットをクリアできるサービスなのです(IPv4は固定可能だがIPv6は半固定)

色々探してみましたが、詳しい情報に辿り着く事ができないので、分かんないんです(設定に挑戦してるユーザーさんのブログがヒットするだけ。法人向けルータ製品を使用してるようです)

やっぱ、法人向けのサービスになるんか。気になる所です。

分かりましたら、追記します。

追記:

sc20171117003732ネットを彷徨っていたら、偶然にこんな情報をみっけました。

目からウロコでした。

HGW上に見られる、セッション設定の所です。

NTTのサービスで、このセッション数を増やすことが出来るんです(有料)

フレッツ・セッションプラス

基本料金に2セッションまで含まれていて、通常は、ネット接続用とひかり電話で全部埋まっちゃう。

ここに、IPv4固定IPを提供してるプロパイダで接続するセッションを追加する事ができる。

月額料金は、1セッション300円(工事費1000円)となってる。

普段使いは、いつものv6-IPoEで、自宅サーバやVPNなどはIPv4の方に振れば良いようです。