「漏洩」タグアーカイブ

【PC】ストレージを完全消去する方法@セルフPCで作業

image

HDDやSSDを抜いて、他PCで削除する場合は、こちら

ノートPCなど、HDDやSSDを抜くことが出来ない場合の完全削除の方法です(最近は基板直付けのタイプもある)

方法は、外付けで別OSを起動して、同PCでも、別環境から削除作業を行います。

できるだけ詳しく書きます。

必要なもの

USBメモリか、DVD空メディア&ドライブ

10時間位の時間・・・(睡眠時間を当てるしか)

リカバリメディアの作成(工場出荷状態に戻すなら)

自己責任

ライブLinuxメディアの作成

image

オープンソースのLinux OSをダウンロードします(無料)様々に種類がありますが、人気のUbuntu Linuxでどうでしょう。

日本語リミックス版Ubuntu

にて、「イメージのダウンロード」をクリックして、ISOファイルをダウンロードします(回線によりますが、1時間位)

参考:古いPCが対象の場合は、32ビットi386版が無難です

参考:Ubuntuは簡単・高性能ですが、重いので、古めのPCの場合は、他Linuxが良いかもしれない(LubuntuやDebian等)

image

USBメモリ用メディアを作成します(無いなら、後述するDVDメディア作成へ)

(人気っぽい)Linux Live USB Creatorをダウンロードして、インストールします。

image

こんな変わったウィンドウが現れます。

ただ、このソフト、古いPCではブートを確認できませんでした。昔から実績のある、UNetbootinはブート可でした。

USBメモリを選択して、「ISO/IMG/ZIP」をクリックして、先程ダウンロードしたファイルを選択します。

オプションは全て、チェックOFFで良いでしょう(今後もLive USBメディアとして活用したい場合にONにします)

後は、稲妻アイコンをクリックすると作成します。

image

DVDメディアを作成する方法(USBメモリが無かった場合)

※DVDメディアなら、古いパソコンでも確実に起動できます

空DVDメディアを、ドライブに入れます。そして、先程ダウンロードしたファイルを右クリックして、「ディスクイメージの書き込み」を選択します。

書き込み後のディスクの確認」にチェックを入れます。

書き込みを行います。

BIOS・UEFIの起動(鬼門)

image

先程作成したメディアで、パソコンを起動しないといけないので、BIOS又はUEFIを起動する必要があります。

パソコンを再起動して、電源投入時の画面の瞬間の時に、F2やDELキーなどを押します(多くの製品の場合)

※これは、パソコンにより方法が異なります

Win10なら、「設定>更新とセキュリティ>回復>今すぐ再起動>トラブルシューティング>詳細オプション>UEFIファームウェアの設定」・・・でもいけます。

image

パソコンにより画面が違いますが、ここから、起動順序を変更するため設定を行います。

「Boot」「Startup」などの単語から追っていき、USBメディアなら、USBを上位に、DVDメディアなら、DVDドライブを上位に変更します。

製品により、セキュリティの影響回避するため、設定を変更する必要があったりもします(特に業務用のPC)

最後に、「Exit」等から、設定を保存して、再起動します。

ライブLinuxの起動

P_20190306_233125_1_p

さぁ・・無事設定が済んでいたら、Linux OSが起動するはずです。

見慣れない画面で戸惑うかもしれませんが、しばらく待ってましょう。これが、Linux OSというやつです。Windowsとほぼ同じ感じで使えるんです。

パソコンには一切ダメージを与えないので、この機会に、色々触ってみてはどうでしょうか?

オールクリアを実施(鬼門2)

P_20190306_234326_1_p

左下の9点ドット部分をクリックして、「shell」と入力します。「端末」というのが出てくると思うので、これを起動します。

※Ubuntuで無い場合は、メニューの「System Tools」内の「~Terminal~」風なもので起動できます(LXTerminalやXTerm等、中身はほぼ一緒です)

Windowsでいうコマンドプロンプトに相当するものです。

まず、削除対象のディスクを探します。ほとんどの場合、”sda”かと思います。

sudo fdisk –l

これで、このPCのディスクが表示されます。”sda”というのが出るかと思います。2台あるなら、”sdb”も。パーティションがあれば、”sda1”や”sda2”になってると思います。

注意!ここから後戻りできません。データ消える&凄い時間が掛かります

では、完全削除を実施します(全領域3回のランダム値上書き)”-v”は進捗を表示する指定です。

sudo shred –v /dev/(ドライブ名)

※例:sudo shred -v /dev/sda

時間が無いなら、回数を指定できるようです(-n)

sudo shred –v –n 1 /dev/(ドライブ名) 1回の場合

参考:内部SATA 160GB HDD 全領域1回 90分

注意!長時間処理を行うので、機種によっては発熱が凄い事になります。通風・換気に気を配ってください

コマンドが終わったら、完了です。

後処理

ストレージは完全クリア状態ですので、これで破棄してもOKです。

リカバリメディアがあるなら、工場出荷状態に戻す事ができます(製品による)先程の工程で出てきた、BIOS・UEFIから起動順序を変更して、リカバリメディアが起動するように設定してください。

image

また、この状態のまま、Linux OSを正式にPCにインストールする事も出来ます(完全無料ですのでご安心ください)

Googleが開発してるChromium OSなんてのもオススメです。中身はLinuxですが、シンプルかつ超々軽いです。用途次第では最強のLinuxです。

※実際は、Chromium OSからフォーク(枝分かれ)したLinuxを利用する事になります(CloudReadyなどが有名)

【PC】ストレージを完全消去する方法@他PCで作業

image

※ノートPCなど、HDDやSSDを抜くことが出来ない場合こちら

古いHDDが出てきたので、完全消去してみました。

コマンド入力での作業となるので、PC初心者の方には厳しいかもしれない。その場合、ハンマーなどで物理破壊しかない。

できるだけ詳しく解説していきます。

誤ると、作業用PCそのものを壊してしまうので、注意して作業してください。

準備するもの

ドライバーや工具類(ストレージを外すため)

作業用の他パソコン

USB接続(SATA用)用アダプタ(無いなら、デスクトップPCで直挿し)

10時間程度の時間(睡眠時間を当てるしか・・)

PCの若干の知識(要コマンド操作)

image

ストレージ(HDD・SSD等)を、PCから抜き出します(ノートPCなどで取り出す事が難しい場合、ここでの対処方法では無理です。USB Linux起動などで削除する事になります)

事前に、作業するPCのインターネット接続を切っておく(漏洩防止、念の為)Wifiなら機内モードに、有線ならケーブルを抜くなど。

対象になるストレージ(HDDやSSD等)をPCに接続します。USBで接続できる、こんなものがあると便利です。

作業前に注意!!

パソコンのリカバリ用のデータが入ってる場合があります(メーカー製PCの場合はほとんど当てはまります)

廃棄目的なら、全て削除で構いませんが、リカバリ(工場出荷状態に戻す)を考えてるなら、このリカバリ領域を保持する必要があります。この手順はここでは説明しません。バックアップ・クローン作業が必要です。他を当たってください。

パーティションの削除

image

※パーティションを保持した状態で実施する場合は、フォーマットを実施して「2回目のオールクリア」章から

「コンピュータの管理」で「ディスクの管理」を開きます。

※Winキー+”x”から起動できます

接続したストレージがこのいずれかになるので、間違えない様に確認します(容量で分かるはず)

パーティション(内部の区切り)がある場合、それを右クリックして削除します。

誤ったディスクを選ぶと、マズイ事になります。要確認

削除できないパーティションがある場合は、コマンドで操作する必要があります。

image

コマンドプロンプトを開いて、「diskpart」(Enter)と入力します。

list disk(Enter)

で、先程のディスクの管理で表示されていたディスクと同じものが表示されます。削除対象のディスク番号を確認してください。

select disk (数字)(Enter)

誤ったディスクを選ぶと、マズイ事になります。要確認

これで、作業対象のディスクを変更します。再度、list diskとすると、頭に”*”が付いたはずです。

list partition

これで、パーティション(内部の区切り)を表示できます。

image

先程、消せなかったパーティションをここで削除します。

select partition (数字)

で、パーティションを選択します。同様に、頭に”*”が付いたはずです。

delete partition override

・・・で、パーティション(区切り)が全て消えたはずです。つまり、区切りの無いまっさらな状態にしただけです。

お疲れ様です。これで、第一難関突破です。まだ、diskpartを閉じないでください。

1回目のオールクリア

ここで、オールクリアを実施します。

既に、diskpartで、対象のディスクを選択状態になってますので、続けて以下のコマンドを入力します。

clean all (注意:非常に時間が掛かります

※確認メッセージが出ません!すぐ始まります

ディスク全体に渡って、”0″を上書きしてクリアしていきます。ストレージの容量によっては、非常に時間が掛かります。

参考:USB2.0接続、SATA 80GB(7200rpm)30分

注意!放置する場合、PCがスリープに入らないように設定しておきましょう

image

ここで、再度、「ディスクの管理」を開いてください。開いていたなら、一度閉じて、もう一度開く。

すると、ディスクが認識され、パーティションの管理方法が問われると思います。今どきなら、GPTを選びますが、古めのPCで使う場合などは、MBRを選びます。

続いて、フォーマットを行います。NTFS形式にて、クイックフォーマットで構いません。

2回目のオールクリア

image

続けて、さらに念には念を・・と、上書きクリアを実施していきます。“0”、”1″、ランダム値と3回上書きしていきます。

アメリカ政府が認めるクリアの仕方なんだそうです。

単純に巨大なファイルを生成していく方式なので、ここまで実施したパーティション削除、NTFSなどが意味を成してきます。

※もう書き込めないぞ!という所までファイルを大きくしていくんでしょう

非常に時間が掛かるので注意(先のオールクリアの5倍位)

参考:USB2.0接続、SATA 80GB(7200rpm)2時間

参考:USB2.0接続、SATA 320GB(7200rpm)9時間

注意!放置する場合、PCがスリープに入らないように設定しておきましょう

image

まず、作業対象のディスクドライブレターを確認します(C:、D:、E: など)

コマンドプロンプトを開いて、以下コマンドを入力します。

cipher /w:(ドライブレター)

※例:cipher /w:f: (Fドライブの場合)

非常に時間が掛かりますが、待っていれば終了しています(0x00→0xFF→乱数 の順)

参考:”・”ひとつが1%の意味っぽいようで、100個で1パート終了します

image

終了したディスクには、なんでかEFSTMPWPというホルダーが出来てます。クリア作業に利用したホルダーなのでしょう。

これを削除すれば、中身がキレイになったストレージの完成です。

ハンマーやドリルなどで、物理的な破壊をしても良いでしょうが、地球環境を考えて、捨てるにも費用が掛かる訳で、簡単にリサイクルできるものを、あえて破壊するのは非常に勿体無い。

時間さえあれば、簡単に出来るので、パソコンを破棄する前に、実施してみてはどうでしょうか。

再利用する場合の確認

image

リサイクル出来たストレージですが、故障していないか気になりませんか?

特にハードディスクの場合は、壊れやすいパーツなので、このタイミングで確認してみるのが良いかと思います。

CrystalDiskInfo(インプレス社:窓の杜)

こちらのツールで、ストレージの健康状態を調べる事ができます(有名なフリーソフトです)

ここに、「正常」と表示されていれば、再利用可能ですが、それ以外が表示されていたら、基本アウトです。

いつ壊れるか分からない状態ですので、一時的なデータストレージとして、しか利用できないかと思います。

【セキュア】ゆうちょ銀行でトークンを配るようです

sc20140614223245

不正ログインのニュースを良くみかけるようになりましたが、ゆうちょ銀行で、「トークン生成装置」を、配るようです。

既に、ずっと前から、「ネットバンク」でも、小さなトークンを利用していたので、JNBは先見の明があったという事でしょうか。

(希望者)全口座に対しての配布なので、コストも掛かるが、それよりも安全性に重きを置いたのでしょう。

他の銀行も習って頂きたいです。

特に楽天銀行とか楽天銀行とか楽天銀行とか(;´Д`)俺のカードは未だにイーバンクって書いてあるぞ。全とっかえしろよ、ボケが、手数料高すぎだ、ボケが

パスワードとか、「貴方の出身校は?」とかイチイチ入力するの面倒なだけですもん。特にゆうちょ銀行のは、キモさが際立ってましたし

んで、このトークン生成器は、6月から施行のようで、現在希望者は事前に申し込む必要があるようです。もちろん無料です。

これで、送金金利が一番安いゆうちょ銀行の利用がさらに増えそうです。メインバンクじゃないんで、ネット決済用だけんども。

http://www.jp-bank.japanpost.jp/direct/pc/security/dr_pc_sc_token.html