「発電」タグアーカイブ

【発電】暖炉やストーブで発電してファン化する!?

sc20161023183020一見、どういうシロモノか分かりませんが・・。

これをそのまま、暖炉や石油ストーブの上に置いて使います。

すると不思議な事に、ファンが回転し始めます。

つまり、簡易な温風ファンヒーターとして機能するんです。

しかも、電気代ゼロ!!なんと、こいつ自ら発電してるんです。

sc20161023184000温度差による発電、つまりはゼーベック効果(ペルチェ素子)によるもので、下部から伝わる高温と、上部のヒートシンク(室温)の温度差が大きければ大きいほど、発電量が増します。

自動車用などの簡易冷蔵庫などでも使われてるので、知ってる方も多いはず(こちらは発電ではなく、逆の応用)

写真のは、カナダのAirmaxという製品(2万位)

下のは日本製品っぽい。しかも安い(;^ω^)

ギュンギュンと回る訳ではないので、危険性は無いようです。実用というよりも、インテリアとして楽しむ感じのようです。

【エコ】自家DIYソーラーシステムの構成2016年8月

sc20160813115214

3年目のDIY自家ソーラーシステム、連日の晴天続きでソーラー発電も張り切っております。

システムを改良しながら、少しづつ、ソーラー蓄電へ移行しております。

今日のような(連休中の)完全快晴時は、家のほとんどの家電をソーラー発電から供給している状況です。

※いま現在100V系は、デスクトップPC、モニタ、扇風機3台、ディープサイクル充電で利用

去年せっかく買ったディープサイクル(100Ah)を眠らせているのは勿体無かったので、これを12V系及び、USB関連の機器にて利用するようにしました。

24V降圧よりも、12V降圧の方が効率が高いためです。

ですが、ディープサイクル電池自体への充電は手動による運用で、若干メンドイ。近々、これを自動化する仕組みを導入する予定。

DIYソーラーシステム構築図

円高だ!!原油も安くなってるが、早く原発動かしてください。電気代が高いぞ。

ソーラーパネル

P_20160812_111928

追記:

お気に入りの正弦波600Wインバータ、DC-DCコンバータと、5V系の一部。


P_20160812_111916晴天時は、手前の電源タップに差し替えて利用してます。

手前のオーディオ系も蓄電で利用してます(12V系)

面倒ですが、AC電源はどうしようも無いので仕方ない。

以前にどこかのブログで見たけど、インバーターと商用100Vを強引にスイッチで切り替えてる人がいましたが、あれは非常に危険。

電圧がプラス・マイナスで切り替わってるんですよ、同期してれば別ですけど・・、最大で約60ms瞬断されるんです。

P_20160812_111847

ディープサイクルバッテリーにはこれが繋がってます。

USB(5V系)端子が、全部で13個もありますw最近のガジェット充電には困りません。

(;^ω^)


P_20160814_113842本日大活躍したのが、これw

タケルくん!!

24V電源で、ご飯が炊けます。5Aほどの大電流が必要なので、基本はバッテリーに近い所でしか利用できません。

30分ほどで炊けます。

本来は、トラックの運ちゃんが車内で利用するようなモンなのでしょうけどもね・・w

【電気】蓄電マニアに魅力的なAnker PowerHouseが登場

sc20160528110150

モバイルバッテリーでファンが多い、あのAnker(米)から、こんな製品が出ました。

巨大バッテリー内蔵で、12V/5V/AC100V出力まで付いた、なんとも魅力的すぎます。6/6発売

これが、5万円で、果たしてどのような製品なのか、調べてみた。

Anker PowerHouse (434Wh / 120,600mAh ポータブル電源) 【静音インバーター / USB & AC & DC出力対応 / PowerIQ搭載】

sc20160528111650スゴイバッテリー (3万)と同じく、リチウム電池で、鉛電池とは違い放電状態で放置しても劣化しません。多分、モバイルバッテリーと同じ、電池(1本3.6V)を大量に積んでるだけでしょう。

(;^ω^)

なので、120,600mAhの大容量!とかいっても、3.6V換算なのです。

車バッテリー(12V)で計算すれば、わずか30Ahとなり、軽自動車のバッテリーとほぼ同等です。

容量は、434Whなので、100W家電なら4時間しか持ちません。実際は、ロス分(熱変換)もあるので、もっと短い。ノートPC(20W)なら、1日程度は全然持つでしょう。

USB-5V系は、計6A、実績のあるIQ(電流管理)で、12Vは最大10AAC100Vは1.29Aまで(最大129W出力)です。

これで、家電をまかなうのは、不可能です。省電の情報家電くらいしか動かせません。

んで、AC100Vは、矩形波なのか?正弦波なのか?なのですが、海外のサイトにも書かれたページを探せなかった。価格的にも、普通に矩形波インバータでしょうね(なので、ノイズも大量発生で、動かない製品もあるでしょう)

sc20160528113316

個人的にここが重要なのですが、充電する方法です。

アダプタが付属されていて、AC100Vから充電が可能です。

上:省エネ的には、本末転倒なアホな行為なんですけども・・。電気を捨ててるだけ。

この写真にある、ソーラーという所。

プラグさえ分かれば、自作できるのか、入力16.8Vと書かれてるんですが、これは何か意味のある数字なのか(だって、3.6で割り切れない)

sc20160528114223中国製な安価な製品によく見る5.5/2.1プラグっぽいような、Ankerのソーラーパネルに、既にこんな端子出てたんだろうか。

・・と思って、私が所有してる、これを再度見てみても、USB端子(5V)しかありません。

Anker PowerPort Solar (21W 2ポート USB ソーラーチャージャー)

これから専用品でも出るんでしょうか。

sc20160528114610んでも、こういう自作系ソーラーパネルの出力は、大体17V前後なので、こういうのから直に流せそうです。

逆流だけはしないようダイオードは必須でしょうけど。

容量的に、3Aは確保しないと満充電しないので、50Wがベストでしょうか。それなりにデカイ(60cm)

50W単結晶シリコンソーラーパネル 太陽光パネル

色々と気になる点はありますが、5万円で、すべてがパッケージされて、電源管理もしっかりしているとなると、とても魅力です。

家電は利用できませんが、用途を限定すれば最強です。

とはいえ5万円なので、100%使い切って放置とか絶対にしないようにしましょう。速攻で壊れます(電池寿命)

または、充電しっぱなしも、リチウム電池には大敵です(これは充電管理されてるんだろうか・・)

sc20160528120235

でも・・・・。

重いので据置限定ですが、1万円で自作できるんですけどね。

(;^ω^)

しかも、鉛電池100Ahクラスが15000円だし、これに綺麗な100V正弦波インバーターが、6000円だもん。充電器は、適当に3000円程度。

ACDelco [ エーシーデルコ ] 輸入車バッテリー [ Maintenance Free Battery ] M31MF

sc20160528120556大橋産業(BAL) 3WAY正弦波インバーター 120W No1785

これならUSB端子もあるしね。

暇と時間があれば、こういう事も可能と・・w

【発電】春が近づいてきたぞソーラー発電現在の状況報告2016/3

P1020060

3月、太陽の角度も最大50度付近まで上ってきました。

我が家のソーラー発電も3年目に突入です。

今年は暖冬で、降雪も少なく、発電できない日も無く、緊急対応はありませんでした(24時間負荷を接続してるため)

パネルは100W4枚(昼間用)、50W2枚(夕日用)で、バッテリー160Ahに蓄電してます。

P1020057冬の間もほぼ満充電まで発電してくれてました(深夜の充電メンテは何度かありましたけど)

今年は、ちゃんと箱に入れてバッテリーを寒気から守りました。

これのお陰かもしれません。補水もちゃんとしたし。メンテ保守は大事です。

去年は屋外にそのまま置いてましたし・・(;^ω^)

P1020059

お昼の最大値で、15-16Aです(24V)

かなりの発電です。15Aとか恐ろしい・・。火災には超注意です。

んで、せっかくの発電なので、捨てることなく利用しましょう。

ですが・・がんばって負荷を繋いでも、せいぜい10Aでしたw

1時間で4円程度の電気代にしかなりませんw

否、この分だけ、発電所の負荷を下げましたよと胸を張りましょう。

P1020056

インバーターで100Vに昇圧した電気は、この電源タップから利用します。

オーバースペックですが、COTEKの600W正弦波タイプを使ってます。

スマホ&タブ&モバイルバッテリ全台充電、ノートPC充電、電気ストーブ(150W)、電気毛布(50W2枚)、電気アンカ(25W)とか。

P1020053屋内の配電部、配線だらけで収拾がつかない感じですが、自分的にはちゃんと整理してます。

同じシガーソケットでも、12Vと24Vがあるので、間違って挿すとヤバイので、それだけは超重要事項。

最も利用してる電圧は、5Vなので、この先にUSBソケットが大量にあります。

手前の黒い箱は、電菱の24Vバッテリー充電器で、夜間などにバッテリー電圧が低くなったときに、(負荷側からバッテリーに)緊急で充電するために利用します(将来はこれを自動にしたい)

P1020055

これらは、24時間常に通電してるやつ。

木にサンドイッチされてるのはラズパイ2で(先日ラズパイ3が発表されましたね)、サーバ兼監視カメラとかに利用。

このUSB給電のギガビットハブは超おすすめです(コレガ社製)

P1020051

他には12Vで、ポータブルDVD(ワンセグ)や、オーディオ・アンプなどで利用。


P1020052

最近のお気に入りは、Creative T12 というBluetoothスピーカー、これも12Vで通電させてます。

小さいくせに、音に厚みがあり、低音もしっかり出ます。

Bluetoothで配線の必要も無いので便利。

今年は、もっと大きなバッテリーを手に入れて、夜間でも大きな電気を使えるようにしたいぞ。

【発電】冬に向けてソーラー自家発電のメンテ実施

P1010997去年からやろうとしてた事だったのですが、バッテリーの越冬対策です。

箱には入れてるものの、ほぼ屋外に設置していたので、気温がマイナスの環境での運用には、バッテリーの寿命を縮める他ありません。

人間と同じく25度が適温(最高効率)との事ですが、出来るだけ対策をしておこうと思った訳です。

んで、余っていた、灯油缶を入れる大きなケース(名称わからん)に格納します。完全では無いが、ほぼ密封されるので、急激な温度変化には耐えられるはずです。

※完全密封だと、水素ガスが充満するので危険(爆発します)

P1010995

せっかくなので、ちゃんとメンテナンスします。

まだ1年半しか経過してませんが、水位の確認。

まったく問題ありません。ガス漏れも無いようだし(栓に白カス無し)、ほぼ新品状態。

さすが、日本製というべきか。

※GSユアサ製 40B19(28Ah)を6個使用(24V運用)

P1010994電圧も、個々12.7V辺りで安定しています。

去年の冬を超えたし、ヘタってるはずと思っていただけに、安心しました。

まだまだ使えます。

5年は持ってくれないと、赤字ですから・・。

P1010996

あとは配置して配線するだけなので、ネジの緩めがないか、チェックします。

ターミナルのサビもこの時点で取っておきます。サビなんて、ありませんけども。


P1010998

設置場所を大きく変更したため、時間が掛かるので、簡単に充電しながら作業。

3Aの安い充電器ですけども。


P1010999

ざっと接続だけすまして、まず、日が差している内にソーラー充電の確認を行います。

電圧・電流共に異常無し。

発電中の接続は、いつでも恐怖です。バチッ!と火花が出ますし。

今回は、曇った瞬間に接続したので大丈夫でしたけど。

今回は負荷経路を変更するので、まだ接続してません。宙に浮いたVVFケーブル(2.0mm)がそれ。

P1020001

ケーブルの引き込み用に、ケースを簡単に加工します。

ケース剛性の事を考えてませんけども。


P1020005

気持ち、ショート対策の板を置いて・・w、これにて完成です。

後はフタを閉じれば、外界と(ほぼ)遮断できます。

この灯油缶ケースは、とても大きくて頑丈なので、バッテリーケースとしてオススメです。

M31MFとかの大型バッテリーでも、4個は格納できます。

しかも、安いんですよ。2000円以下で買えるはずです。

P1020004

以前は、負荷をバッテリー直結にしてましたが、今回からはチャージコントローラーの負荷端子に接続しました。

やはり、放電も管理したいのと、最悪の自体に備えての事(完全放電でバッテリーは死ぬ)

毎日のように、蓄電状況を見ては、負荷の機器の接続を調整してますが、最近の低い気温と連続した曇り日で、発電が芳しくありません・・。

スマホ、タブレット2枚、RaspberryPi2、LANハブ2台、USBスピーカーだけは常時通電(5V降圧利用)してますが、これでほぼ500~600mAの24時間常時ロード値(24V)のようです(約12W)

これだと曇り日が続いても運用可能な数字のようです。

バッテリー:28Ah x 6 = 容量:168Ah

ソーラーパネル:100W x 4(南方向)、50W x 2(夕日:西南方向)

負荷(最低構成):24V to 5V(USB)による複数台接続

負荷(最大構成):600W AC100Vインバータ、24V10A負荷、24V-12V(10A)負荷、24V-5V(USB)による複数台接続

参考にどうぞ。

【蓄電】念願の正弦波インバータげっとぉ!@COTEK S600-124

P1010951

ソーラー発電によるオフグリッド蓄電を、かれこれ2年ほど運用してます。

DC24V-DCでの利用がメインで、24時間を通して安定した”小さい電気”を利用してます。

100VACの場合は、矩形波の安いものしかありませんでした。

20Wと120Wと300Wと、3つも所有してたりしますが、やっぱ無負荷での消費電力が無視できず、それよりも、矩形波だと動かない電化製品が多いんですよ。

いつかは、正弦波のインバーター・・と思ってましたが、いかんせん高額なんです(安くても2万円)

(´・ω・`) ・・ね。

P1010952

んで、中古ですがやっとゲットしました。

台湾製COTEK S600-124で、信頼性が高い製品、新品だと6万円のシロモノ。

めっちゃデカイ・・。重い・・。600Wともなると、こうなるんですね。

24V用で変換効率も最大90%と、12V用よりはわずかに性能が良い。

P1010954

スイッチも付いて、50/60hzの切り替えも出来ます。

リモート端子は無いのか、ちょっと残念。


P1010955

背面はこちら。

ファンは温度が上がったら回るようです。

アースが見えますが、この場合はどこに繋ぐんだろう?


P1010956

さて、ケーブルを準備しないといけません。

最大で30Aもの大電流なので、ちゃんと結線加工しないといけません。

シガーソケットは利用することができない電流です。

P1010957余っていたケーブルを使います。安かった処分品を常に収集してるので、こんな時に役に立ちます。

2mmヨリ線が4本のこちら、多分、板金屋さんとかが使うやつでしょうw

2mm2本を合わせて、4mm2本として利用します。

もうちょっと容量が欲しいですが、せいぜい流しても20A程度でしょうし。

P1010958

皮膜が若干弱いようで不安ですが、しっかり絶縁しておきます。


P1010959

圧着後。

インバーターの方は、5-6mmです。

テスターでしっかり通電確認を行います。
P1010960

引き込みの端子台に接続します。

黒くてぶっといケーブルが、なんか笑える。

負荷が増えてきた。ちゃんとソーラー蓄電を活用してる証です。

すんばらしい。

P1010961

ビクビクしながら・・、スイッチオン!

中古だし、最悪、火花が出るかもしれないしね・・w

普通に電源が入ってくれました。

(;^ω^)

P1010963

出力電圧は、ちゃんと100Vで出てました。

商用電源よりも安定してるw


P1010964

周波数も、設定通りの50hzです。本当に綺麗に出てます。

オシロスコープが無いので、実際の波形は見れませんけども。


P1010965

矩形波では動かなかった、電気ストーブもこの通り安定して動作してます。

これで、晴天時の蓄電オーバー時でも、捨てる事なく100V電源で活用できるようになりました。

600Wもあれば、大抵の家電が動くでしょう(ま、発電能力が350W位しかないけども)

ただ、無負荷時電流が430mA(10W)と、ドデカイので、使わない時は電源をOFFにしておかないと、バッテリーが空になってしまいます。

インバーター(正弦波/12V/24V)

追記:

晴天の日に、沢山の負荷を掛けてみました。ちゃんとテストしておかなしとね・・。

  • 電気ストーブ(150W) ※矩形波ダメ製品
  • 電気毛布(最大設定:50W) ※矩形波ダメ製品
  • 電気アンカ(25W) ※矩形波ダメ製品
  • カーバッテリー充電器(およそ40W) ※矩形波OK

合わせて270Wにしかならんかったけども、これを3時間ほど連続しての稼働を確認。

ソーラー発電能力が、実300W程度(24V最大15A)しかないので、これ以上試せません・・(;^ω^)負荷はインバータ以外にも沢山繋がってるし。

本体は、わずかに熱を帯びてる程度で、空冷ファンは動きませんでした(気温13度)

ちなみに、電気ストーブを300W設定にすると、ファンが動き出しました。ラインはこの辺らしいです。

やっぱ、インバーターは良いやつに限ります!

【発電】もう一つのソーラー発電活用@グリッドタイインバーター

sc20151010213911

割と最近出てきた製品なのですが、グリッドタイインバーターというもの。

ソーラーパネルを(バッテリーを介さず)直接繋いで、それを直接、商用電源に流してしまう。

・・というもの。

負荷を繋ぐ・・では無く、壁の100V電源ソケットに繋いじゃいます(交流のタイミングや周波数は、自動で合わせます)

本気の発電所っぽくなるワケです。最近、海外でこういうの流行ってるようです。

つまりは、いま稼働してる家電製品や経路を弄る事なく、そのままソーラー発電エネルギーを、100Vに乗っける仕組みです。

太陽が出ている(発電してる)間は、家中に電気が行き渡るワケです。

sc20151010214553

え?そんな事して大丈夫なの?

・・と思いますよね。

日本では法整備が遅れてて、グレーな感じなんだとか・・。

(;^ω^)

もちろん、グレーとはいえ、これで家中の家電製品が壊れたり、電気が逆に流れてしまう事にもなりかねません(家から電柱へ)

なので、販売店(むろん製品は海外製しかない)も、実験用として売ってます。

国会で法整備されたとしても、多分、使用禁止の流れになるでしょうね。

また、グリッドタイインバーターは、500Wクラスで2万円程度(中国製)で、元を取るだけでも、10年以上は掛かります(発電系はいずれもそうですが)

災害時のためッ!と言っても、太陽が出ている間しか効力が無いため、ほとんど無意味です。

興味のある方は、自己責任にて。

グリッドタイインバーター

【発電】独立ソーラー発電の運用1年目の夏@感想

P1010229

本当に実用に耐えるのか・・とりあえずやってしまおう、で始めたオフグリッド独立ソーラー発電も、1年目となりました。

※売電目的でない勝手発電

正しくは、あと1ヶ月ですが。

梅雨もほぼ終わり、1年で最高の発電日和が続いてます(最も日が長い)

結果を先に申し上げますと、「実用には耐えません」ですね。

電気に疎い人なら、絶対にオススメしません。理由は、「パネル能力が小さい&各部の電気ロスが大きい」の2点。

条件付きで、電気の知識があれば・・、うまく利用できる。

普段の100V家電で実際に利用する所まで、優に40%は電気を捨ててしまってます。大きなバッテリーに蓄えても、同様で、自己放電や電気損失が相当な大きさになります。現在の科学では、バッテリーの能力にも限界があります。

※24VDCから100VACで20%損失、機器内部でDC変換、さら20%損失

P1010287

ならば・・パネルやバッテリーを大容量にすればいいやん。

・・も、アリっちゃー有りですが、バッテリー寿命(5年程度)を考慮すると、コスト的に見合いません。

電力会社の電気代の方が安いとか、本末転倒です。

早く、原発を再稼働して、もっと電気代を下げてくれれば、こんな事せずに済むわけです。

P1010375

だが、しかし、電気ロスを下げれば、なんとかなるかも。

工夫を試したあたりで、状況が一変しました。

交流100Vを使わなければいいじゃないか!。とw

直流<>直流での変換では、ほとんどのロスが発生しません。

情報家電なんかのほとんどは、ACアダプタで直流変換してる訳で、ならば、ソーラー蓄電から、直接目的の電圧に変換すれば良い訳です。

P1010385

丁度製品化してる、24Vから5Vに変換して、家中のUSB機器系を、ソーラー蓄電から利用。

タブレットなんか、20W消費するシロモノですが、まったくもって心配無用です。

バッテリーの電圧変化も微々たるものです。

写真の他、Ankerも所有してます。こちらだと、2A出力もOKです。

Anker 40W 5ポート USBカーチャージャー

パソコンもタブレット系やATOM系だと、USB駆動が可能(5V2A)なものがあるので、完全にソーラーでまかなえます。

無線LANルータやLANハブとかもイケる。

P1010554

んで、次は12Vへの変換です。

これで、シガーソケット接続系の製品が利用できます。

冷蔵庫とか熱を扱うものは、さすがに消費がデカイので、ポータブルDVDプレーヤー(ワンセグ付)を常時繋いで、テレビ鑑賞やビデオ入力でモニターとして利用してます。

これも、一日中電源ONにしてても、まだ電圧を25.0Vをキープしてくれてます(深夜3時)

この運用で、真冬でも、ほぼ満充電(24.4V以上)を維持し続けてくれました。むろん、日照がゼロでも、日没までにはほぼ満充電になってくれます。

雪雲よりも、雨雲の方が効率が悪いというのには驚いた。

12Vが利用できれば、一部の液晶テレビやモニターが動くものがあります。もちろん、小さめなサイズ(16インチ等)ですが、パソコン環境が完全にソーラーでイケる(シガーソケット利用のものや、ACアダプタで電源供給するタイプがほぼ12V駆動、4A程度)

12VからDC19-20Vに変換すれば、ノートPCなども楽に動かせる。

P1010446

よって、100Vで利用したい場合は、バッテリー充電が終わり、太陽が出ている場合に限り、に利用する事にしています。

私の場合、パネルは100W4基で、24V10A辺りが発電能力ですので、約200Wまでとしてます。

電動自転車バッテリー充電(100W)、電動工具の充電(50W)や、乾電池の充電(10W)なんかに当ててます。

6時間フルに使ったとして、200×6=1.2kWh x 25円なので、約25円の節約ですw

1年間晴天(異常気象)なら9125円で、10年もあれば、大抵のシステムで元を取れますw

自分でDIYでソーラー発電をすれば、わずか数万円で構築できますが、それなりの電気知識を要します。下手すると火災の引き金になってしまう事もあるので、めっちゃくちゃ注意です。

※私の場合は、実質5~6万で出来ました。工具とか除いてね

オフグリッド発電は、日曜大工的な意味合いが強く、暇で多趣味な方、向けなんでしょうか・・

(;^ω^)

ソーラー発電

【エコ】ソーラー発電の真冬の現状報告とか

P1010336連日雪が降っております(夏場の時の写真ですが・・)

今年は、特に多い降雪ではありませんが、一応、パネルの傾斜(30度)のお陰で、勝手に雪が落ちてくれてます。

冬期間は、晴天といっても、曇り空がほとんどで、真夏のような14A発電などありえません。

100Wパネルが4枚、2並列で24Vで構築してます。

良くて、2~3Aでしょうか。

曇ってても、0.3Aは確保してるようです。雪さえ積もってなければ、厚い雲でも同様です(昼間)

かなり少ない発電量ですが(;^ω^)

気温が低い時は、パネルやバッテリーの効率が下がりますが、ここまでとは想像してませんでした。

なんとか、真冬でも連日満充電を維持しながら利用する術を身につけました。

P1010385前記事でもご紹介しましたが、このエレコムのDCからUSB電源に降圧してくれる製品。12/24V対応

MPA-CCU42BK

1980円で買ったが、現在1680円とかだよ。

想像よりも高効率で降圧してくれてるようで、タブレット3枚+スマホ1台を、ソーラーだけでまかなってます。常時接続状態です。

ま、充電が完了するまでの通電ですけどね。しかし、電気食いの10インチタブレットもあるので、なかなかでしょう。

深夜3時に電圧を見ても、24.8Vを指してます。

sc20141226220840

部屋には、24時間駆動してるラズパイがあります(Raspberry Pi)

こいつもUSB電源だけで動作するので、上のやつをもう一個買って、サーバーもまとめて、ソーラーだけで運用する予定。

だが、春になってからかな。

冬場にバッテリーを空にしちゃうと、真水化したところから凍結しちゃうので、即効でお釈迦です。

真冬時の、ソーラー独立発電の場合は、バッテリーの電圧をなるだけ下げないよう注意が必要です。

【発電】ソーラー蓄電派のための考察してみた@運用

P1010336

追記あり:

今年8月頃に、いろいろと部材を購入して、ソーラー発電を初めてみました。

売電では無く、自己完結型の蓄電目的ソーラー発電です。

もう、冬場を迎える時期なので、これから始める方は居ないでしょうが・・(;^ω^)

データが集まったので、蓄電派ソーラーを自分なりに考察してみようと思います。

無題

現在の構成はこんなです。

(はじめてペンタブで描いてみた・・汚ねぇw)

100W4枚で、晴天時で24V14Aが最大なので、336Wの発電能力です。

バッテリーは、28Ahが6個で、単純計算で、168Ahの蓄電能力ですが、インバータ損失(20%)などを入れて134Ah、蓄電20%利用想定だと、27Ahが実用蓄電量*となります。

※コントローラー越し&インバータ消費電力分で、さらに低い

24Wを20時間使える程度の容量です(;´Д`)

やっぱ、これまで、そもそもの目的だった蓄電による電力利用は、案の定、難しかった(;^ω^)

結局、バッテリーはバッファー的な感じになってしまいます。

毎日の天気が晴れだった理想だが、雨天日があると、そこでバッテリー(蓄電)が無くなってしまう(完全放電までは使ってはいけない)

P1010364

蓄電での利用は、こんな照明用途のみが実用範囲のようです。

しかも、DCで利用できるライトでね。

DCでしか利用しないと決めれば、インバータの自己消費電気も節約できます(約4~6W)

シガーUSB充電ソケットなんかもあるので、スマホの充電やUSB機器なんかも可能ですね。


P1010353だがしかし、100W4枚もあると、晴天時の発電能力だけは、凄いんです。

336Wもの電気だと、軽い電気ストーブですら動きます(実際に試しました)

矩形波インバータでも動作するんですね。ただ、電気毛布は暖かくなりませんでした。製品によるようです。

お昼の晴天時だけは、普通に100V交流製品を、豪勢に使えるぞ!という感じ(インバーターの性能の範囲でね)

ちなみに曇り日は、1/100位まで発電能力が落ちます。ゼロではありませんが、お昼でも0.2Aが最大です。積雪しなければ、冬場でも、0.1Aは確保できると踏んでます。

晴天でも、薄い雲が被っちゃうと、1.0~3.0Aまで落ち込みます。

3ヶ月に一度は、角度を調整する必要もあります。太陽って結構角度が変わります。30%位は変わります。

P1010329

AC100Vでの利用の電気ロスが本当にハンパ無いので、なるべくDC/直流での利用を考えます。

こんな炊飯(タケルくん )とかね(;^ω^)便利っす

いま現在は、AC100Vを宅内に持ってきていますが、これを、DC24Vに変更して、末端で運用による電気利用がベストのように考えてます。

これだけで、蓄電能力20%アップと考える事ができます。

24Vに変更すると、電流が上がってしまいますが、ここは運用でカバーして、10Aを超えないように気をつけます(ケーブルはVVF2.0mm単線)

※最大10Aだし、10m位なので、送電ロスは考えません

P1010310

こういった作業DCライト(12W)なら、かなり明るく照明としても利用できます。

安価なAC用LED電球よりも、AC>DC変換も無いため、高効率で利用できます。


なかなかソーラー発電だけで、毎月の電気代を大きく削減するという事は、まず無理でした。

せいぜい、数百円程度です。

肝は、晴天時の余剰電力をイカに利用できるか、になります。だから、難しい。

私の構成では、これまで8万円程度(台座込み)掛かってしまいましたが、これを全回収するのは無理でしょうね・・(;´Д`)

あくまで趣味の範囲を出ないようです。

原発稼働して、早く電気代の高騰を止めなきゃなりません。もう、2割値上げですよ・・(;´Д`)

追記:

P1010274

ソーラー発電での唯一の懸念が、バッテリー寿命です。

夜間に電気を利用すると、想像以上にすぐ無くなってしまいます。

感触的には、ドデカイ容量のバッテリーを用意しても、計算上の電気は利用できません。

インバーターや100V機器での内部電気ロスが、かなりの大きさだという事を思い知らされます。

これまでの経験上、200Ahでも、10Wで夜間1日分と見た方が良い感じです。

かといって、バッテリー並列を試みても、バッテリー間の循環電流や、自然放電もありますし、交換時の出費を鑑みても実用的ではありません。

ちなみに、これのチェック法は、全負荷を外して、一日放置すれば良いだけです。バッテリーが劣化してる場合は顕著です。

私もたまにチェックしてますが、まだ健康状態のようです。何度も、50%放電をしてるんですけどね・・(;^ω^)Made in Japanの恩恵?

12.4V以上で維持してればOKってな具合です。24Vシステムなら、24.8Vです。

P1010364

んで、驚いた事に、先日余ったバッテリー1個で作った、DC作業ライトです。

DC直流を直接利用してる訳なのですが、これがなかなか減らないんです。

まったく未充電で、2週間後も、12.5Vを維持してます。結構、使ってますよ。

昼間の発電中に電気は自由に使ってはいいものの、夜間は、こういったDCを直接利用する感じがベストのようです。

ライト程度ならどんだけ使っても、1Aも使わないでしょう。どうしたって、就寝時は消すでしょうし。

P1010242

あと、いまさらながら思い知った、バッテリーの電圧です。

バッテリーの残容量としての唯一の指標なのですが、まったくアテになりません。

直列接続の24Vシステムだから顕著なのかもしれませんけど。

負荷を少なくすると電圧が復活したり、満充電だと思っていたら、電圧降下が凄かったりと、なんだか不思議な経験を何度もしました。

電圧が、(ガス化前の)14.4Vで100%だと思ったら間違いです。

経験上は、14.4Vを目指して充電し、14.4Vに達しても、しばらくその状態を維持し続けないと、満充電まで行けないようです。

つまり、100%なのかどうかは、調べようが無いという事です。

バッテリー内の化学反応を相手にしてる訳ですから、当然のお話ですけどね・・(;^ω^)

発電中は、どんどん電圧が上がっていきますが、発電終了後12.4V付近を目指して、勝手に落ち着いていきます(健康なら、もうちょい上)

発電中ソーラーからの電流値が少ない場合も同様です。

バッテリー内の化学反応がどうなってるのか気になりますが、めっちゃ危険な液体なので、見ることもできませんし。燃えますし。

バッテリーは生き物」と言われますが、確かにそうです。