「管理」タグアーカイブ

【蓄電】効率的に負荷を自動管理するのだ

P_20171102_162426我が家のオフグリッド発電&蓄電も3年目。

冬に向けて、より効率的に電気エネルギーを利用出来るようにします。

前回は、無駄な負荷ゼロ時消費を回避しました(計100mA位)

【蓄電】無視できない待機電力を回避するのだ

んで、今回は、晴天時だけ”自動で”通電する仕組みを入れ込みます。

今まで、蓄電バッテリーの電圧をチェックしながら、手動でやっていた所を、自動化したいのです。

(;^ω^)

前回も書いたとおり、この”余った?”アイソレータを利用します。

P_20171105_232524過去の工作時に余ったケーブルや端子、捨てなくてよかった。

(;^ω^)

出費ゼロでイケるとわw
P_20171106_100504さて、稼働確認です。

ちゃんと動作するのか、やってみないと分からないんです・・。

(;^ω^)

想定通りの動きをするか、明日以降が気になります(作業時が夜なので)

発電時を想定して、充電器を繋いでみたところ、しっかり想定通りの動きをするよう。

「25.5V以上あれば通電する」で間違いないようです(復帰は26V)

P_20171106_100904出力部分には、シガーソケットにして、5V(USB)/12V/AC100Vの3種類の出力にしてます。


P_20171106_100745テストで適当な負荷を繋いでます。

AC100Vインバータはセルスターの150Wのやつだったかな。

12VのDCDCコンバータはメルテックのやつ。

しかし、12Vと24Vが混在してるので危険だな・・(;´Д`)

ちゃんとシール貼っておかないと。

追記:

本日は快晴で、テストに最適でした。

通電開始(8:30頃)と停止(16:30頃)が自動で行われたのを確認、本体やケーブル類の発熱も無く、これなら常用可能です。

このアイソレータ、背面にファンが付いてたし、最大60Aも流せる製品なんです。もしかしたら、熱を持つかも・・と思ってましたが、(数A程度なら?)まったく心配無用でした。

寝る前に、モバイルバッテリーやノートPCなどを繋いでおけば、ソーラー用蓄電バッテリーの電圧を気にすることなく、余剰電気で勝手に充電してくれます。

これは便利。以下は一番安価な初代のモデルで、自分のは次作、今見たら最新のモデルが出てるようです。

この自動通電は、ArduinoやRaspberryPI、電子工作なんかでの自作も考えましたが、やっぱ、こちらの方が安全です。無人の時に、火事とかになったらシャレにならんもん。

(;´Д`)