「自作」タグアーカイブ

【PC】ジャンクRyzenマザボの動作確認

P_20190721_141908

Ryzen用AM4マザボの余りが2枚ほどあります。

GigabyteのAB350 Gaming ITXと、ASRockのB450M Pro4の2枚。いずれも、ジャンクや中古でゲットしたやつ。

まだ動作確認していたなかったので、換装し余ったRyzen1400で確認してみようと思います。

P_20190721_144744

まずは、AB350 Gaming ITXから。こちらは確かジャンク。動けばラッキーという感じでしょうか。

今気づいたんですが、CPUクーラー用のマウントが無かった・・。バックプレート式のクーラー限定になってまう。

(;´Д`)ジャンクの意味がこれ、なのかも。

グリスだけ塗ってCPUクーラーを乗っけただけの状態で確認。

ビデオカードやら、クーラーやら電源やら、探してみると余りものがありました・・w

(;^ω^)

電源を入れてみると、映像が出てこない・・。メモリ抜き差し、ケーブルを差し替えても駄目やった。

電池を抜いて、CMOSクリアも実施してみたが、状況変わらず。BEEPスピーカを挿せばなんらかのヒントが得られるかもしれない。

今度、もう一回チェックしてみよう。

P_20190721_151028

次は、B450M Pro4です。お店の中古だったので、こちらは動くと思う。見た目にも、新品同様です。

P_20190721_152905_1_p

メモリの甘刺しで、一度動かなくて焦りましたが、挿し直したら無事動作。

(;´∀`)えがった・・

メインPCが、B350 ITXマザボなので、このB450に変えようかと思ったが、なんだかメンドイ。どーしよ。

【PC】Ryzen1400OCから1600Xに換装@底辺AMD

image

追記:1600Xが到着ッ!

Zen2は出た、値下がるのは半年は先の事だろう、初代Ryzen1400ユーザーとしては、そんな事よりも選択肢が値下りしまくったZen+(2xxxシリーズ)にまで膨れた事に感謝するのです。

※Zen+といえ、14nmと12nmでほぼ大差無いが

最新は追わない、安価なパーツで十分なのですよ。

(;^ω^)

2600辺りを吟味していたのですが、フリマサイトで、1600X(6コア)が1万円で出ているじゃないですか。

うむむ・・・。

スコア的には、Zen+と大差無いし、物理コア+2で4Ghzで回るなら十分にパワーアップになりえる。

(;´∀`)

ポチッとな、してしまう。ポイント消化を含めて、5000円でゲットできた。

Zen2が欲しいが、その次のRyzenは確実に互換が切られる(新ソケット)ので、来年には余剰Zen2が大幅に値下りする事が想定できる訳ですよ。それまでのツナギの1600Xなのです。

まず、1400で定番のベンチソフトCineBenchを計測しておきます。

image

マルチ1420でした・・。これでも不満なく使ってましたけどもね・・。

※Ryzen 1400(OC:3.5Ghz)

:(;゙゚’ω゚’): 結構下の方なのね。古めのCore i7位

ちなみに、Zen2のRyzen3600では、3509だそうな。同コア数の2400Gで、1877だそうな。

今の環境よりも、向上さえすれば良い訳で、後は、1600Xの到着を待つのみです。

追記:1600Xが到着ッ!

P_20190720_180800

1600Xが到着しました。まったりと、CPU換装します。

スッポンしないように、事前にPCを稼働させて温めておきます。

P_20190720_165246

いまだ現役のGF970、そろそろ買い替えなきゃいけない。ついでなので、綺麗にお掃除しておきます。

P_20190720_165502

CPUクーラーは、サイズの阿修羅(バックプレート式)ですが、CPU換装なのでリテンションだけ外せば良い。

・・が、やる気をそぐには十分な狭さ。

(;´Д`)

P_20190720_165821

Ryzen 1400の御尊顔。1年間、お疲れ様でした。彼には次のお仕事が待っているのです。

P_20190720_170216

同じ写真にしか見えませんが、Ryzen 1600Xに換装。

P_20190720_170238

ついでなので、PC内部をお掃除します。普段から気に留めてるんですが、やっぱ結構吸い込んでます。

P_20190720_174800

CPU換装しただけなので、無事認識してくれる。同じ第一世代なので、BIOSアップデートの心配も無用です。

Ryzen1400の時の設定(3.5Ghzにオーバークロック)が生きているので、AUTO設定に変えて、念の為定格にしておく。

定格だと、全コア3.6Ghzで、1-2コア時に4Ghzで自動OC(XFR)してくれる。いずれにしても、冷えてる必要がある。

P_20190720_175322

やっぱ見てみたいタスクマネージャ。う~ん、コアが増えてる、素晴らしい。

(;^ω^)

常時VMとか稼働させても良いぐらいじゃ・・。

image

Ryzen Masterでの画面。ちょっと危惧していたのが、温度です。

やっぱ、いくらか上昇してますね。アイドル時、室温27.5度で、44度(室温差+16.5)です。

※Ryzenバランス設定

image

電源設定で、OS標準の「バランス」にすると32度(室温差+4.5)まで落ちます。凄い冷え込みです。

RyzenMasterで見ると、コアごとに、ダイナミックに周波数が動きます。最低は、2.114Ghzになるよう。

通常用途時はバランスで、ゲーム時はRyzenバランスに切り替えると良いかもしれない。

んで、一応、ベンチを取ってみます。

image

Ryzen1600Xで、2663となりました。マルチ結果で”X”付なので、そりゃ十分にパワーアップとなりました。

※Ryzen1400(OC3.5Ghz/メモリ2933Mhz)時は、1420

Ryzen2600で2798、Core i5-9400Fで2353のようです。最新のCore i5を超えたってのは驚きです。

(;・∀・) 5000円で買ったのに・・

CPUクーラーの設定をサイレント(400rpm)にしてるので、多少回転数を上げれば、もうちょっと上がってくれるかもしれない。

Ryzenの”X”付きは、OCしない方が良いという記事を見たことがあります。XFRが動作しなくなるので、結果スコアが下がってしまう場合があるんだそうです。

XFRで4Ghzまで達するので、OCするなら4Ghz超えを狙う必要があるんですが、第一世代Ryzenでは、超えられない壁がその辺なので、1600Xでは、やっぱ定格が良いとされてるようです。

近々、既に購入済みのB450マザーボードやストレージNvmeも新しく買い替えるつもりなので、OSの再インストールから組み直す予定なので、今回はカンタンに動作確認まででした。

【pc】見比べるRyzen AM4/X570マザボリスト

image

さて、新しいRyzen(Zen2)が7/7に登場します。今、各社のAM4 X570搭載のマザボを比較出来るようにしました。

新しいRyzenの機能(PCI Express4.0・40レーン)を十分に利用するには、X570しか選択肢がありません。

新チップセットX570搭載の全リストになります(7/6現在)一部海外公式サイトからの記載になるので、国内に入ってきた時は製品名が変更になったりするかもしれません。

(;´Д`)

WIFI6(11ax)の搭載の有無で、製品分けしてるパターンが見受けられます。よっぽど、部品が高いんでしょうか。

ASUS

image

日本サイトは未更新のため、海外の公式サイトから。最も多いラインナップで、シリーズもこれまで通りです。全てATXです。他サイズはこれからでしょうか。

ROG Crosshair VIII Hero(Wifi有/無)

PRIME X570-P

TUF GAMING X570-PLUS(Wifi有/無)

PRIME X570-PRO

ROG Strix X570-E Gaming

ROG Strix X570-F Gaming

ROG Crosshair VIII Formula

ASUS AM4マザーボード

Gigabyte

image

日本サイトから。全て光ります。AORUSブランド押しの分かりやすいラインナップ。今の所、MicroATXは無いようです。mini ITXがあります。

X570 AORUS XTREME

X570 AORUS MASTER

X570 AORUS PRO

X570 AORUS ELITE

X570 AORUS PRO WIFI(mini ITX)

Gigabyte AM4マザーボード

MSI

image

こちらも残念ながら日本サイト未更新。海外サイトから。チップセットにファンが付いてるモデルが多いです。なんか新装一新でゴリゴリな印象です。

MEG X570 GODLIKE

MEG X570 ACE

MPG X570 GAMING PRO EDGE WIFI

MPG X570 GAMING PRO CARBON WIFI

PRESTIGE X570 CREATION

MPG X570 GAMING PLUS

X570-A PRO

MSI AM4マザーボード

ASRock

image

こちらも日本サイトは未更新。海外サイトから。これまでのシリーズ構成とほぼ一緒な感じです。ただ、デザインの統一感が無いような気がするのは私だけ?今の所、MicroATXは、ASRockだけ!?

X570 Taichi

X570 Extreme4(wifi有/無)

X570 Pro4

X570M Pro4(MicroATX)

X570 Steel Legend(wifi有/無)

X570Phantom Gaming X

X570Phantom Gaming 4

ASRock AM4マザーボード

BIOSTAR

image

日本サイトから。この1製品しか無いようです。

今時の感じで頑張って仕上げてきた感じでしょうか。多分、安価なので、こだわりの無い人向けか。

X570GT8

BITSTAR AM4マザーボード