「自作」タグアーカイブ

【pc】自作PC2018の消費電力と力率@ワットチェッカー

P_20180922_181842

追記:電源ぽちった

そういえば、新しくRyzenで組んだ自作PCの消費電力を調べてなかったなと思い、調べてみました。

電源(PSU)を新調しようと思ってるので、無駄なく、より高効率な製品を選びたいんです(最近、勝手にシャットダウンとか増えてきた・・)

んで、このサンワサプライのワットチェッカーを使います。消費電力だけでなく、力率(効率)も調べられる高性能なシロモノです(生産終了してたらしい)

計測構成

自作PCの構成は、こちらの記事を参考に。【PC】RYZENデビューした@自作PC2018

Ryzen1400/GF970/8GB、Nvme1台、SSD3台、HDD1台を、80Plus Platinum 500W(最大効率92%)で稼働させてます(USB機器は別電源供給、マザボWifi/Bluetoothは無効、吸気ファン20cm+廃棄ファン12cm各1台)、144HzフルHDモニターを利用してます。

※東北電力50Hz地区で、計測時は101.7V、室温24.6℃

※電源設定はWindows標準バランス、空冷設定は中程度

※モニター、キーボード・マウス等は計測に含めない

使用している電源は、こちらの記事のサイズ帝力プラスNakedとなります(5年目です、500W・80Plus Platinum)

目視でのチェックなので、曖昧なのは勘弁。できるだけ安定した瞬間を探しての数字です。設定や環境によって、増減するので、あくまでも参考値として。

計測結果

Ryzen1400 OC 3.2Ghz→3.5Ghz、DDR5 2400→2600に、周波数だけ変更のオーバークロック状態。

起動時:180W(スイッチ押した瞬間の最大時)

UEFI画面:80W

アイドル:65W

Ryzen1400定格3.2Ghz、DDR5 定格2400Mhzに戻しました。力率(効率)も加えてます。

UEFI画面:80W 98%

アイドル:59W 97%

Youtube視聴:62W 97% ※720p

Youtube視聴:70W (フルスクリーン時)

Amazonビデオ視聴:63W 96%(フルスクリーン時)

Screenshot2018-09-22 18_30_36

PCゲーミング時は以下、各種設定や状況に大きく依存するので、参考程度に。また、フルHD・モニター144Hz環境です。

StarCraft2:85W

StarCraft2:120W(最高設定時)

20180922191559_1

重めのArma3での計測結果。設定は、最高設定にしてます。

Arma3:172W 99%

ここで、最高効率が出ました。99%という数字は本当かどうか分かりませんが、ある程度の負荷が出ないと、最大効率値がでないのが見て分かりました。

普段は、設定を、中の下付近にしてプレーしてるので、もっと低い。

・・とはいえ、重めのArma3の最高設定でも、200W切ってる状態なので、300W電源でも十分じゃないのか・・と、頭をよぎってるんですが、どーしましょ。

※実際は、12Vの最大値が分かればいいんだが。裏で何かが動く可能性もゼロでは無いわけで。

とはいえ、実際に製品としてショップに並んでるのは、450W~500Wが下限ですよね。

image

んで、これらを踏まえ、下手に、高額で壊れやすい80PLUS Titanium(94%)やPlatinum(92%)を選ぶよりか、PCの消費電力に合わせたサイズを選ぶほうが、理にかなってる。

自分の場合は、Bronzeで450W辺りでええんじゃないかと。

幸いにも、3980円で買えるPSUがある。。

(;・∀・)・・・在庫処分のタイミングかな?

でも、レビューが無い。CoolerMaster MWE Bronze 450W(Bronze)メーカー保証3年。

定番は玄人志向のこれ。KRPW-N500W(Bronze)保証も3年。

450Wがあるし、日本製コンデンサ搭載だそうな。Themaltake TR2 450W V2(Bronze)。GOLDもある。メーカー保証3年

サイズの剛短3。なんとプラグイン方式の400Wで、しかも12cmの小さいATX電源(Bronze)残念なのが、メーカー保証は1年だけ。

いずれも、5000円前後で買える、いわゆるエントリー製品。壊れない事を祈って、どれかを選びましょうか。

追記:電源ぽちった

Themaltake TR2 450W V2をぽちりました。500Wから450Wへスケールダウン。PlatinumからBronzeへ変更となります。

電源が届き次第、再度、消費電力を計測してみます。2日後位かな。

【pc】Ryzen2600が15360円!?

image

TOKYO GAME SHOW2018に合わせてのキャンペーンで、Ryzen2600が15360円の超特価!?(6コア12スレッド)

※市価20000円前後

同時にRyzen APUの2400Gが13207円2200Gが9487円と、こちらも凄いことに。。

(;´Д`) APUが1万切った

ただし・・、現時点で、あと7時間がタイムリミットになります(本日夜まで)

今PCを組み立てようと、CPU換装を考えてる方は一考されてみてはどーでしょう。

自分は、先月Ryzen 1400で組んだばかりなので、非常に狂おしい限り・・。

(;^ω^)

【pc】ITX用PCケースまとめ2018年

以前よりも、選択肢が少なくなってしまった印象があるmini ITX用のPCケース。

主に人気のあるケースだけをピックアップして、特徴を簡潔にまとめました。価格は調査時点のものになります。参考にどうぞ。 

image

Thermaltake Core V1 4790円

大きめ(14cm)のCPUクーラーが利用できる。ストレージは4本可。フロントに20cmファンを備える。リアファン8cm2基はオプション。電源は通常のものが利用可能。若干大きめ

また、上面・側面のパネルを好きな場所に付け替えられる。一面はアクリルパネル。マザーボードは平置き。安価で人気のケースです。白色もあり(若干高い)

CPUクーラー:140mm(サイドフローだと9cm系)

サイズ:幅276x高さ260x奥行316 メーカー

image

JANSBO C2 6980円

精悍さを感じるアルミ製キューブ。MicroATXも対応。ドライブは4基(ITXの場合)。ATX電源が利用可能(底配置)

サイズ:幅200x高さ270x奥行224/1.2Kg メーカー

image

Mini-Qシリーズ(PC-Q21) 7891円

Lian Liと言えばのアルミ製。スリム型の光学ドライブが内蔵できる。電源は、SFX/SFX-L規格。ドライブは4基。難点といえば、空冷に期待できない。

CPUクーラー:60mm

サイズ:幅149x高さ257x奥行224/1.47Kg メーカー

image

KEIAN KT-MB103 5708円

MicroATXも対応してるSFX300W電源搭載の激安ケース。薄型なので、ビデオカード等はLowProfileに限定されます。給排気ファンが設置できない。

ドライブは2基(他5.25インチ1基)

サイズ:縦置き時/幅103x高さ308x奥行410 メーカー

image

INWIN Chopinシリーズ(IW-BQ696) 16459円

アルミとスチールで作られた高品質ケース。150W電源付属。ドライブは2基。極限までに小型化し、大きいメッシュパネルで、放熱設計もされてる。黒とシルバー有り。

CPUクーラー:43mm

サイズ:縦置き時/幅84x高さ244x奥行217/2.2Kg メーカー

image

Abee AS Enclosure RS01 26043円

貴重な日本国産のAbee製品。これの他にも多くのITXケース製品があります。難点は、とても高額。予算に余裕があれば選びたい。電源はSFX。ドライブは4基。各色有り

サイズ:縦置き時/幅162x高さ239x奥行335/3.0Kg メーカー

image

REALAN M5-U2 7680円

国内代理店が無いのかも、REALANという海外メーカーのケース。アルミ製で、これの他にもいくつかあります。写真を見る所、対応CPUファンが無いかも・・しれない。

”誰も持ってない”PCを作りたいならアリかもしれない。

サイズ:幅197x高さ55x奥行197/850g

image

RAIJINTEK METIS PLUS 5779円

デザインが若干野暮ったいが、アルミ製キューブ型、アクリル窓もある。各色有り。ドライブは4基。ATX電源で、ケース前面裏に配置。

アルミキューブ型には珍しく、給排気の構造もあり、CPUクーラーは、なんでも選べる空間を持ってます。上部に12cmメッシュ穴がある。色々と変態仕様っぽいですが、面白そうです。

CPUクーラー:160mm(12cm系クーラー利用OK)

サイズ:縦置き時/幅190x高さ254x奥行277/2.67Kg メーカー

image

直接記事とは関係ありませんが、予備知識として。薄型CPUクーラーで、最も性能が良いのが、これ。

Noctua NH-L9i 6037円

まぁまぁ、高いけどね・・。高さは37mmで、92mmファンを搭載。AM4対応のモノは別商品になるので注意ですよ。

image

これも直接的に関係無い商品ですが・・・、手持ちの余ったDCアダプタを、そのままPC電源として利用してしまおうという、変わった商品。5.5/2.5径の12V DCプラグ。電流は5A位がベスト?

zmart DC-ATX-160W 2296円

160Wとあるが、そんなに流せそうにもないので、Celeronなどで小さく使う程度に抑えた方がそさそうです。

綺麗に12Vに安定させられれば、車での利用もOKでしょう。