「自作」タグアーカイブ

【パーツ】出揃ったRyzenの総スペックまとめ

sc20170907163032ThreadripperからRyzenまでほぼ出揃いました、残るは(希望の)APUのみとなりましたが、一応Aシリーズがあるという事で、まとめてみました。

ソケットAM4向けAPU(前世代)も、かなり格安(1万円)で販売されてるので、とりあえず安価に自作する事も可能です。ビデオカードも要りません。

以下、自作PCに詳しくない方にも、細かく補足してますのでご安心ください。

Ryzenを選ぶ上での注意

まず初めに注意しておかないといけない点があります。

悪い点

  • ビデオカードが必須である
  • SATAポートが意外に少ない(HDDやSSD)
  • 非純正CPUクーラーの選択肢が少ない(流用できないパターン有り)
  • 高速メモリとは相性がある(普及帯なら問題無し)
  • BSD/Linuxでバグ問題(解決済み)
  • コアが多い分わずかに消費電力多め
  • MicroATX/ITXマザーボードの製品が少なめ
  • そろそろインテルが本気を出す(かも)

良い点

  • 条件付きで1~2万円ほど安くなる
    (ビデオカードを持ってる、マザボが安い)
  • オーバークロックが利用できる
  • DDR4-4000までサポートしてる
  • Windows7/8もサポートしてる
  • 次期Ryzenでも、マザボが流用できる(かも)

Ryzen一覧

  コア Ghz Cashe TDP 価格(約)
Ryzen3
1200
4(4) 3.1-3.4 4x512KB
8MB
65W 13,500円
1300X 3.5-3.7 16,000円
Ryzen5
1400
4(8) 3.2-3.4 18,000円
1500X 3.5-3.7 4x512KB
16MB
20,000円
1600 6(12) 3.2-3.6 6x512KB
16MB
25,000円
1600X 3.6-4.0 95W 28,000円
Ryzen7
1700
8(16) 3.0-3.7 8x512KB
16MB
65W 35,000円
1700X 3.4-3.8 95W 42,000円
1800X 3.6-4.0 54,000円

Ryzen7の8コアに注目しがちだが、Ryzen3や5下位モデルのコスパも素晴らしい。ちなみに世界で一番売れてるのは、Ryzen5-1600です。

高クロックのRyzen5 1500X(3.7Ghz)もアリです。オーバークロックで、4Ghzまで伸ばせるようです。

AM4チップセット種類

  A320
マザボ
B350
マザボ
X370
マザボ
価格帯(約) 1万円以下 1万円 2万円
オーバークロック ×
PCIexp2.0バス 4 6 8
USB3.1Gen2 1 2 2
USB3.0 2 2 4
SATA3.0
(SSDやHDD接続)
2 2 4
PCIレーン分割 × ×
Nvidia SLI
(ビデオカード2枚)
× ×
AMD CrossFire
(ビデオカード2枚)
×

下位A320でも、メモリスロットは4基サポートです(インテルH110等は2基)

製品によっては、SATAポートがこれより多く実装されてます。

自作PC10万円で揃えてみる

  Ryzenパターン 例)Intelパターン
CPU Ryzen1600
6(12)コア3.2Ghz
25,000円
Core i5-7600
4(4)コア3.5Ghz
25,000円
マザボ B350
10,000円
H270
10,000円
メモリ(高騰中) DDR4 4GB2枚
8,000円
SSD(若干高騰中) SSD 240GB
10,000円
ビデオカード GeForce1060 3GB
25,000円
ケース MicroATXタワー
3,000円
電源 500W ATX電源
5,000円
OS Windows10 Home
14,000円
総額
(2017/9現在)
100,000円 100,000円

キーボードやマウス、スピーカー、モニターは含めておりません。ゲームしないなら、ビデオカードはもっと安価なモノでOKです。

一番売れ線のこの価格帯でも、ダントツでRyzenの優位性が見て取れます。さらに、余った予算を、ビデオカードやストレージに振る事ができる訳です。

さらにオーバークロックする事ができるので、安全圏の+10%程度性能を上げられます。インテルだと、チップセットやCPUが限定されてしまいます(Z270&K付き型番CPU)

【掃除】効果の程は?ペットボトル空気洗浄機

sc20170529224936偶然見つけたブログなのですが。

なんと、ペットボトルを再利用した空気洗浄機なのだそうです。

しかも、超低コスト

電動空気ポンプをどれだけ安く手に入れるか・・という点です。

空気を水に潜らせるだけ・・ではなくて、圧力を利用してるんだそうです。

水の圧力を高めると、(水よりも圧の低い)空気が溶け込みやすくなる(ゴミが水に付着)という原理。

しかも、加湿器などで見られる、カビや臭いの発生も無い。

水が汚れたら、捨てるだけ。コストも、ほぼ無料ですね。

そのため、水には塩を入れ込む(圧を高める)んだそう。焼き塩をすすめてますけどね、何か意味があるんだろうか。

市販の空気清浄機だと、5万円位ですか?しかも、フィルターが5000円位で数年交換ですもんね。

ちょっと試してみたくなりますね。こちらのブログです。

http://pekepekedan.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

sc20170529230405するってーと、なんですかい?

水槽は空気洗浄してるって事ですかね。家で焼肉とかしたら、相当臭いでしょうなぁ・・w

あぁ・・お魚さん可愛そう・・。

(;^ω^)

【pc】2000円ジャンクPCとUbuntuとSteam

P_20170424_221405追記:4/28

ジャンクを集めて1960円で、結構まともなPCが出来上がりました(記事

(;^ω^)

AMD A6-3650(4Core/2.6Ghz)、8GB RAM、SSD 256GBと、軽いゲーミングも出来るスペックです。

※さすがにメモリとSSD(未使用)だけは、余り物から流用

P_20170423_215126UEFIにあったOCユーティリティで、自動OC化、これでいくらかパワーアップです。

消費電力は、+5W程度だった。

さて、OSを入れないといけないのですが、ジャンクPCに、1万円のWindowsを入れる訳にもいかず、ここは最新のLinuxにします。

これ以上はお金を掛けませんのだ。m9( ゚д゚)

P_20170423_220505目的が無かったので、とりあえず安定のDebian入れようと思ったが・・、ダウンロードが終わらない。

(;´Д`)

なので、DL済みだった先週出たばかりの最新のUbuntu17.04のキミに決めたぞ!

※安定版はUbuntu16.04

未使用のSSD256GBが、非常に勿体無いが、余り物ストレージがこれしか無かった。

P_20170423_230235IAのLinux GUIは、久々でしたが、凄い進化してます。

まったくの無設定で、ネットもYoutubeも見れる、不安な動作も無くかなり安定してます。

本気で、常用可能なレベルに達してます。

Ubuntu特有のUnity環境も、17.04を最後に引退だそうで、次からはGnomeになるようです(KDEがチャンスとばかりに攻勢を掛けてるよう)

Unityは、ほとんどカスタマイズが出来なくて、正直楽しくない。・・が、想像を超えて安定しまくってる。この安心感は凄い。

P_20170424_000133ビデオドライバだけ、ここから有効にする必要があります(非オープンライセンスなソフト)

これで、APUとして、まともに動作してくれます。

※Ubuntu16.04から、AMD社純正のドライバ配布は無くなるそうです

P_20170424_212912せっかくなので、KDEを入れてみました(デスクトップ環境を自由に変更できるのもLinuxの魅力)

過去の「ごった煮」といったイメージでしたが、これが、先進的でクールな外観・・これは、アリです。

(゚∀゚)ノ

インターフェース機能的には、現行Windows10やMac OSXを超えてますよ。カスタマイズもし放題で、これは使いやすそうです。

ただ・・、使っていくと、次第にホコロビが・・、アプリが強制終了するし、エラーで使えない機能があったり、日本語化も部分的と・・、あぁ・・こんなにも高機能な環境なのに勿体無いなぁ

とても、将来に期待が持てますKDE(゚∀゚)ノ

ちなみに、日本KDEユーザー会は機能停止状態?

P_20170424_213808これを試したかった。

Linuxで3Dゲームは出来るの?と。。

Steamクライアントをインストールして起動してみます。

※デフォだと英語インターフェースになってますが、設定から日本語にできます

WindowsのSteamクライアントとまったく一緒ですね。えらい、Steam頑張ってる。

私が所有してるソフトでLinuxに対応してるのは、この3種類だけらしい。

ARMA3って対応してんの?(;・∀・)・・。ま、まさか。多分、サーバの方でしょう。10GBとデカイので試してませんけど。

P_20170424_221849小さめな、Garry’s Modをインストールしてみます(2GB)

待ってる間、ヨサゲなSteamのソフトが無いか眺めてます。春セールこないかなぁ・・。今年は無しかぁ・・。
P_20170424_223733おおっ、まともに動いてますよ。

フルHDでも、体感的に30FPS程度は出てます(PS3っぽい感じ)

Steamには沢山タイトルがありますが、Linux・SteamOSに対応してるものは、本当に少ないんですよね(Valve製ソフトや、2D系が多い)

※ちなみに、マインクラフトはJavaで動いてるので、余裕でLinuxで動く

消費電力は、70W前後でした。意外に省エネ?

余り物PCパーツを使ったとはいえ、本当に1960円でまともなPCが出来上がりました。

とりあえず、Linuxの進化っぷりに驚きました。お試しあれ

追記:

P_20170425_220904ARMA3を入れてみました。

MOD含めると100GBを越えるダウンロードですよ。

(;´Д`)

全部DLするまで待てないので、実行してみた所、こんなエラーメッセージが・・。

OpenGLのバージョン4.1以上が必要なよう。

現状では、オープンソース版RadeonドライバでOpenGLバージョン3.3で、これをなんとかしないといけない。

・・が、AMD純正ドライバは既に配布停止していて、どうしようも無い事が分かった(;´Д`)Ubuntu14.04なら使えるという・・。

※最新のRadeon R5xx/R4xx/R9/R7に対応した純正ドライバは、Ubuntu16.04限定で公開開始されたよう(AMDGPU PRO

ちなみに、NVIDIAは、ちゃんと継続してドライバを公開してくれてるので、Linuxでビデオカードを使いたいならNVIDIA一択のようです。

P_20170426_144044沢山のゲームソフトが(無料で)ダウンロードできるのですが、この「0AD」凄い。

Age of Empireのような感じです。売り物レベルのクオリティです。

日本語には未対応なので、ちょっと敷居が高いけども。

P_20170426_162523しばらく常用してみました。

XFCEデスクトップも入れてみました。Windowsに最も近くて、本当に軽い・・が、ただ”若干”野暮ったい。

素晴らしい、お世辞でもなく本当の安定っぷりに、驚きます。

5年サポートの安定版のUbuntu16.04LTSだと、もっと、安定してるって事なんでしょうね。

Debianだと、さらに安定って事なんでしょうか。

ただ、ソフトを入れるたびに、汚れていく・・という感じ。これは、他OSでも同じですね。

追記:

次期Ubuntuに、Gnomeが採用されるという事なので、勢い余ってGnomeデスクトップを入れてみたのですが。。

多分間違ったパッケージを入れてしまったらしい・・。

ブランクスクリーンのまま、ログイン出来なくなってしまった。

(;´Д`)・・・

復旧を試みたが、難しい・・。Gnome入れる時は気をつけてください。