「自作」タグアーカイブ

【PC】Zen2 Ryzen7 3700Xがマジ確認されたぞ

image

海外ですが、韓国の代理店?にてRyzen7 3700XRyzen5 3600Xが確認されたそうです。

海外サイト

もうそろそろ、こんなリークが世界各国から押し寄せられるんではないでしょうか。

現在のリークしたスペック情報はこんなです。本当だったら、凄いんじゃなかろうか・・(価格は現在為替ドル円をそのまま円にしました。ここにASK税が・・)

Ryzen5 3600X

8コア16スレッド・4Ghz・TDP95W・229ドル≒25877円

Ryzen7 3700X

12コア24スレッド・4.2-5.0Ghz・TDP105W・329ドル≒37177円

新Ryzen9が登場予定で、こkれが16コア32スレッドになってしまいます(しかも5.1Ghzまで回る)恐ろしい時代になりました(Ryzen9 3800X・TDP135W・499ドル)

(;^ω^)

3600Xでも十分高スペですよね・・。Intelよりも先に微細化(7nm)が進んでるので、TDPも低めです。

このリーク情報が本当なら・・ね。

多コアが目的でThreadRipper買った人、2度目の涙、必死です(1度目は価格改定)

image

さて・・私もRyzenユーザーの一人ですが、Zen2のCPUが、はたして現行AM4マザーボードと互換性を保ってくれてるのか否か・・。

内部構成が大きく変わってしまってるようなので、心配ではあるんですが、リサスーCEO様を信用して待つしか御座いません。

【pc】SSDが凄い安いッ2980円!空きSATAある?

image

インテルのCPUが手に入らない状況が続く中、SSDの下落が止まらないようです。11/17現在

現在クーポン適用で、5660円が4528円の特価中(Kingston社製240GB 2.5インチSATA3内蔵SSD)

RAID用に2つ購入しても、1万円以下というレベル。

(;・∀・)

SA400S37/240G 4528円

image

120GB帯の最安値だと、このシリコンパワーの製品が、なんと、2980円。下手なUSBメモリより安価じゃなかろうか。

ヽ(;゚д゚)ノ !!ついにここまで

SP120GBSS3S55S25AC 2980円

image

480GBラインでの最安値だと、SanDiskのこれが8412円(Read535MB/s)安心のブランド。

SDSSDA-480G-J26 8412円

DDR4メモリも少しづつではあるが、下落してきてますが、まだまだ高額パーツで有り続けてます。

そう、メモリが安かった、あの時に買い溜めしておけば・・、と誰しもが思ったはず。

SSDも例外じゃないんではないかと思うんですよねぇ。

(;^ω^)

ただ、為替が安定してないので(円高基調ではあるが)、今が本当の買い時かどうかは判断が難しいですね。

image

丁度、ビデオカードを新調しようと画策してるんですが、とっても高いです・・。

たっぷり予算がある方は迷わず、Geforce RTX2080や2070を手に取ればええんですが。やっぱ、2~4万円前後で抑えたい。

ROG-STRIX-RX570-O4G-GAMING 19499円

んで、色んなベンチやレビューを見てくうちに、何かが見えてきたんですよ。

Radeon RX570です。RX580でもなく、570です。

GF1060を若干超える性能で、価格帯は2~3万円帯

先日発売されたRadeon RX590は約4万円、RX580は3~4万円。

※RX590/580はGF1070に届かない

このRX570が非常にコスパがええんです。(低スペだが)4Kでもプレーができる(>GF1060は出来ない)

※GF1050TIは、さらに半分以下のスコア

マイニング需要も落ち着いて、やっと正規のお値段になり、AMD Radeonの人気の無さという負のスパイラルに入ってるからこその、ニッチポイント・・かもしれない。

(;´∀`)・・・

ただ・・ただ・・残念な事に、いま私が常用してるGeforce 970と性能がほぼ同じなので、購入する意味が無いんですよ・・。

(;´Д`)あぅ

【pc】自作PC2018の消費電力と力率@ワットチェッカー

P_20180922_181842

追記:電源ぽちった

そういえば、新しくRyzenで組んだ自作PCの消費電力を調べてなかったなと思い、調べてみました。

電源(PSU)を新調しようと思ってるので、無駄なく、より高効率な製品を選びたいんです(最近、勝手にシャットダウンとか増えてきた・・)

んで、このサンワサプライのワットチェッカーを使います。消費電力だけでなく、力率(効率)も調べられる高性能なシロモノです(生産終了してたらしい)

計測構成

自作PCの構成は、こちらの記事を参考に。【PC】RYZENデビューした@自作PC2018

Ryzen1400/GF970/8GB、Nvme1台、SSD3台、HDD1台を、80Plus Platinum 500W(最大効率92%)で稼働させてます(USB機器は別電源供給、マザボWifi/Bluetoothは無効、吸気ファン20cm+廃棄ファン12cm各1台)、144HzフルHDモニターを利用してます。

※東北電力50Hz地区で、計測時は101.7V、室温24.6℃

※電源設定はWindows標準バランス、空冷設定は中程度

※モニター、キーボード・マウス等は計測に含めない

使用している電源は、こちらの記事のサイズ帝力プラスNakedとなります(5年目です、500W・80Plus Platinum)

目視でのチェックなので、曖昧なのは勘弁。できるだけ安定した瞬間を探しての数字です。設定や環境によって、増減するので、あくまでも参考値として。

計測結果

Ryzen1400 OC 3.2Ghz→3.5Ghz、DDR5 2400→2600に、周波数だけ変更のオーバークロック状態。

起動時:180W(スイッチ押した瞬間の最大時)

UEFI画面:80W

アイドル:65W

Ryzen1400定格3.2Ghz、DDR5 定格2400Mhzに戻しました。力率(効率)も加えてます。

UEFI画面:80W 98%

アイドル:59W 97%

Youtube視聴:62W 97% ※720p

Youtube視聴:70W (フルスクリーン時)

Amazonビデオ視聴:63W 96%(フルスクリーン時)

Screenshot2018-09-22 18_30_36

PCゲーミング時は以下、各種設定や状況に大きく依存するので、参考程度に。また、フルHD・モニター144Hz環境です。

StarCraft2:85W

StarCraft2:120W(最高設定時)

20180922191559_1

重めのArma3での計測結果。設定は、最高設定にしてます。

Arma3:172W 99%

ここで、最高効率が出ました。99%という数字は本当かどうか分かりませんが、ある程度の負荷が出ないと、最大効率値がでないのが見て分かりました。

普段は、設定を、中の下付近にしてプレーしてるので、もっと低い。

・・とはいえ、重めのArma3の最高設定でも、200W切ってる状態なので、300W電源でも十分じゃないのか・・と、頭をよぎってるんですが、どーしましょ。

※実際は、12Vの最大値が分かればいいんだが。裏で何かが動く可能性もゼロでは無いわけで。

とはいえ、実際に製品としてショップに並んでるのは、450W~500Wが下限ですよね。

image

んで、これらを踏まえ、下手に、高額で壊れやすい80PLUS Titanium(94%)やPlatinum(92%)を選ぶよりか、PCの消費電力に合わせたサイズを選ぶほうが、理にかなってる。

自分の場合は、Bronzeで450W辺りでええんじゃないかと。

幸いにも、3980円で買えるPSUがある。。

(;・∀・)・・・在庫処分のタイミングかな?

でも、レビューが無い。CoolerMaster MWE Bronze 450W(Bronze)メーカー保証3年。

定番は玄人志向のこれ。KRPW-N500W(Bronze)保証も3年。

450Wがあるし、日本製コンデンサ搭載だそうな。Themaltake TR2 450W V2(Bronze)。GOLDもある。メーカー保証3年

サイズの剛短3。なんとプラグイン方式の400Wで、しかも12cmの小さいATX電源(Bronze)残念なのが、メーカー保証は1年だけ。

いずれも、5000円前後で買える、いわゆるエントリー製品。壊れない事を祈って、どれかを選びましょうか。

追記:電源ぽちった

Themaltake TR2 450W V2をぽちりました。500Wから450Wへスケールダウン。PlatinumからBronzeへ変更となります。

電源が届き次第、再度、消費電力を計測してみます。2日後位かな。