「自作pc」タグアーカイブ

【pc】自作PC組み立ての前準備@Ryzen

P_20180819_151136ついポチッてしまったRyzen5 1400を救済するべく、まったりパーツを揃えておりました。

やっと、動作確認できる所まで集まりました。

本組みする前に、パーツの動作確認を行います(引っ越し&流用パーツ有り)

これやっとかないと、データ引っ越しやら、Windowsライセンスうんぬんとか、面倒くなるので必須作業でもあります。

最新を求めてないので、ほぼアウトレット品で揃えました。溜まってたポイント等を使ってるので、全部で現金2万円行ってないですよ・・。

(;´∀`)あはは・・w

CPU:Ryzen5 1400

マザボ:ASRock Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac

RAM:TEAM TED48G2400C16BK 4GBx2

SSD:Patriot PS256GPM280SSDR 256GB/NVME x2

GF970と256GB SSD3枚、4TB HDD、ケース、電源(80Plus 500W94+)、Win10、他USB機器を流用します。

P_20180819_151504久々のAMDでの自作、そして、気になってたNVME SSDとなります。

どんだけ速いのよ・・と。

しばらくは、純正CPUクーラーを利用します。

インテルのそれよりは、しっかりした印象でもありますが・・、よく見れば、どシンプルな頼りないクーラーです。上位のはLED付いてたり、ヒートパイプ内蔵してます。

P_20180819_151512裏面はこんな。

銅芯などもなく、アルミだけのシンプルヒートシンク。
P_20180819_151544まずは、新しい相棒となるCPU。

たぶん、すぐ2600辺りを購入しそうだけども。

(;^ω^)
P_20180819_153126どないして、クーラーを取り付けるんや?と思いきや。

マザボのこのパーツを取って、ネジ止めでした。

ネジの締めすぎ防止の構造がしてあって、さすが純正・・という印象でした。さらに4箇所バネで押し付けられる。

P_20180819_154008NVME SSDは、背面のここ(PCI x16の裏)になるようです。

給排気の空気の流れ上にないし、発熱への対策ができない場所なんですよね。

だから・・、x2モードNVMEにしたんです。多少、発熱は防げるんじゃなかろうか・・と。

(;^ω^)

若干、安かったし。

Ryzenでは、このスロットはCPU直結なので、積極的に使いたい(このマザボのSATAポートは、チップセット経由になっちゃう)

初めて触るパーツなので慎重に行いました。挿す時は、ノートPCのメモリみたいに、斜め方向になるようです。留めるネジも、精密系のドライバでないと回せないでしょう。

P_20180819_154435CPUクーラー近影。

VRMとの距離が1-2ミリ。さすが、純正ともいうべき。

VRMも冷やしてくれそうです。

高騰してるメモリは、安全を期して、QVLリストに掲載されてる製品を選びました(2400)

Ryzenなので、2666オーバーを狙いたかったんですけども。

メモリは、片面実装のシングルランクです(事前確認済み)とても重要です。というか、4GB製品だと、ほぼシングルランクです。

P_20180819_160701Ryzenには、ビデオ機能が無いので、メインPCからビデオカードを持ってくる(GF970)

こんなビデオカードだったっけか?久々に見る。

(;^ω^)

しかし、MiniITXのマザボの小ささがよく分かります。

P_20180819_162715メインPCから、電源を拝借します。

A4用紙を絶縁体にしてッ!おもむろに、空中配線。

ここでショートさして壊したら、シャレになりません。

(;´∀`)

このミニタワーケースと電源は流用するつもりなんだけども、せっかくなら、miniITX用ケースに入れたい・・ような気もしますねぇ。

P_20180819_163236さぁ!火入れ。

CPU、メモリ、ストレージ全て、ちゃんと認識してる。

変な挙動もないようです。

CPUファンが非常に静かです。

CPU温度も、気温+10度辺りで落ち着いてるようです。

オーバクロック系のメニューもあって、ワクテカしますねぇ。ゴリゴリ回す予定なので。3.7~3.9Ghz位で動いてくれるんじゃなかろうか。

※元PCは、i5 4670Kで、4.3Ghzで常用

(;´∀`)CPUクーラー新調せぇへんと

2400で動いてるメモリも、3000位にブン回したい。

現在のPCから、Windowsライセンスの移行が必要なので、念の為、(ネットワーク越しでのファイルコピーが不可)必要なファイルのバックアップを済ませなきゃならない。

※MSアカウント&デジタル署名があれば、(移行条件)容易だそうです

【PC】RyzenのややこしいSATA&M.2まとめ

sc20180727143819追記:8/31 B450発売開始

私もAMDで一式組み上げる事になりましたので、事前にちゃんと調べておこうと記事にしました。

※まだCPUだけしか買ってない

Intelチップセットの方は解り易いんですが、AMDのA320/B350/X370(新A420/B450/X470)の場合、スペック表を見ても、一見ではなんだか理解が難しい。

なるだけ分かりやすく図解にしました(拡大できます)

CPU直結の分は?

sc20180727151549まず、CPU直結で利用可能な分です。全部で24レーン。

主に、図で言う所のグリーンとピンク部分に、ストレージが接続されます(HDDやSSD、M.2等)

オレンジの部分も可能ですが、Ryzenは通常ビデオ機能が無いので、割愛。

sc20180727152928高速なM.2ストレージを利用すると、CPU直結SATAポートは利用不可になってしまいます(排他)

但し・・・

PCI3.0”x2”モードで利用する分においては、SATAが利用可能なのです(速度半分ぇ・・)

チップセットの機能を使わずともCPU直結で、、x2限定ですが、M.2(x2)+SATA2台、計3台が利用できます(非常に勿体無いですが・・)

APU(G2200/G2400)なら、(ビデオカード不要なので)余ってるPCIe x8分をそのままNVMEで利用可能です(M.2を直結2台利用OK)

X370/X470なら、PCIe x8でビデオカード、残りをNVMEで利用できますね。

チップセットの分は?

sc20180727154653図解と呼べるに相応しいかは置いて・・、上記のCPU分に、チップセット分が追加されるイメージになります。

但し、これらは、CPUとPCIe x4分の帯域で利用されてるので、それ相応に遅くなります。

SSDなどの高速なデバイスはCPU側に、HDD等の遅いデバイスは、チップセット側に接続するのがベストです。

X370/X470なら、M.2(x4接続)+SATA4台が可能で、それ以下のチップセットなら、SATA2台と考えます。

M.2を利用しないなら、それが丸っとSATA2台分になります。

sc20180727155127

スペック上では、上記の考えで良いのですが・・。

マザーボードによって、制限が掛かってる場合があったり、SATAポートを独自に拡張していたりします(ASRock等)

マニュアルを読んで、どこのポートが、CPU直結なのか、チップセットのポートなのか調べる必要があります。

M.2周りはとくに、SATAやPCIスロットとの排他利用がされてる場合があるので、注意です。

※M.2分のPCIe3.0x4帯域をPCIスロットにふってる製品もあります

ASRockのマニュアルを読んだ限りでは、M.2の”x2”モードに関係無く、排他利用のようですし・・、一体どうなってるのか、実際に触ってみないと分かりません・・。

(;´Д`)

インテル側のマザーボードとは違い、この辺で、メーカー毎ブランド毎に、差別化が図れてます。”どれも同じ”ではありません(microATX・miniITXは物理的な制約も入ってくる)

マザーボードを選ぶのが楽しい半面、初心者の方には、難易度高めじゃないかと心配です。

せっかく買ったパーツが、排他利用で使えない場面とか想定できる。

(;^ω^)それ、故障じゃないよ・・と

いずれにせよ、売れてるから・・ではなくて、購入前に調べるのが吉ではないでしょうか。

sc20180727160032CPUソケット周辺のVRMの数だけ見て、購入する方もおいででしょうが。

相当なマニア人以外は、ただの電気の無駄になるので注意です。

それでいて、80PLUS Titanium搭載じゃぁ!・・では意味が御座いませんので。

では、良いマザボ選びを。。(めっきりメーカーが減っちゃって選択肢が限られてますけど)

将来のRyzenでも、これらAM4マザーボードは利用し続けられる(らしい)ので、多少ふんぱつしても、良いとは思えます(予想2020年位まで?DDR5メモリ移行時)

(;´∀`)1年毎にマザボを変えるインテル、鬼畜に見えます

近日中に、A420/B450やRyzen 2500Xとか出るらしいですよ・・(記事中では先んじてA420/B450を扱ってます)

A320チップセットマザーボード(最安約6000円)

B350チップセットマザーボード(最安約7000円)

X370チップセットマザーボード(最安約10000円)

X470チップセットマザーボード(最安約16000円)

追記:8/31 B450発売開始

かねてからの噂通り、B450が出回り始めたようです。

現段階では、オンラインショップ上にB450マザボは出てませんけども、BTOショップからは、B450搭載PCの発売が開始されてます。

しかし、X470から、随分と間が空きましたねぇ・・。エントリーのA420はいつ頃になるんでしょうか。

【pc】Ryzen旧製品が超特価でポチったw

sc20180630174427追記:届いたっす

人気のAMD Ryzen CPUですが、Ryzen2000の登場で旧製品の値段が下がってきてます。

Ryzen 1400が7389円!?4コア8スレッド3.5Ghzですよ。

他にも、1700Xが23963円(8コア16スレッド)や1600X、1500Xなど(1600XだけCPUク―ラー無し注意)

※ちなみにAmazonでは、+5000円の値段です(どこのオンラインショップもそんな感じ)

旧製品と言っても、マザボは互換性有るし、性能差でも10%程度ですよ。

秋葉原まで行ければ、店頭ではこんな価格で売ってるそうなんですけども・・、なかなか行けませんよね。

(;´Д`)

sc20180630174910まだ自作するつもりは無いんですが・・・。

あまりの衝撃でポチッちゃいました。。。

(;´∀`)

着払いなので500円付いちゃったけども。明日届く

(゚∀゚)ノ イエェェェRyzen!!!

Core i7-7700に近いスペックが、8000円っすよ。

オンラインショップでは、パソコン工房だけっぽいです。在庫限りでしょう。急いだ方がいい。

パソコン工房 -パーツ・周辺機器-(ボーナスセール)

近々、A420/B450新マザーが出るので、これまた旧製品マザー狙えば安く作れますよ。ただし、メモリーが高いけども

追記:届いたっす

P_20180701_161025ででーん。久々のAMD製品です(AthlonXPぶりかな)

(;´∀`)

さて・・、マザボも、DDR4も、Windowsライセンスも無い訳で、一個づつ買い揃えていかないといけません。

CPU:とりあえずRyzen1400で、余裕を見て2600Xか2700を・・

メモリ:しばらく下がりそうに無いので、8GB1万円

マザボ:流用不可ですぐ古くなるので、B350で安価なモノを1万

ビデオ:流用、まだまだ頑張れるGF970

ストレージ:余り物、M.2-256GBが約1万

ケース・電源:余り物

OS:DSP版が高いので、しかたなくパッケージ版を買う(17000円位)

あと4万位必要か・・メモリとOSだけが壁やな

(;^ω^)ってか。猛暑だな