「自作pc」タグアーカイブ

【自作】AMD Zen2/Ryzen 3000まとめてみた(゚∀゚)

image

2019年7/7に発売予定の期待のZen2ことRyzen3000シリーズをまとめてみました。前回とは違い、APUも含め全製品同時のようです。価格は米ドル、キャッシュは合計値。

Ryzen9シリーズは、今回始めてのラインナップとなります。また、PCI Express4世代対応。

マザーボードは、初代300や400シリーズでも利用できます(AM4製品A320/B350/X370/B450/X470。但し、更新が必要

一部を除き、全ての製品に、CPUクーラーが付属されています。

※余談:Radeon RX5700も同日に発売です

Ryzen 3000シリーズ(7nm)

製品 Cores Clock Cache TDP 価格
R9 3950X 16/32 3.5-4.7Ghz 72MB 105W 749
R9 3900X 12/24 3.8-4.6Ghz 70MB

105W

499
R7 3800X 8/16 3.9-4.5Ghz 36MB 105W 399
R7 3700X 8/16 3.6-4.4Ghz 36MB 65W 329
R5 3600X 6/12 3.8-4.4Ghz 35MB 95W 249
R5 3600 6/12 3.6-4.2Ghz 35MB 65W 199

6/13現在の為替は、108円/米ドルですが、3950Xに関しては、10万円前後な雰囲気です。AMD毎度の事ながら、急遽値下げされる可能性もありそうです。

物理16コアまでやれるぞと見せつつ、まだ(価格的に)余力を残したようなラインナップです。

定格で4.7Ghzまで回る3950X、各メディアでのレビュー記事が待ち遠しい。どこまで、OCできるか・・も。

Ryzen 3000シリーズAPU(12nm)

製品 Cores/
GPU
Clock/
GPU
Cache TDP 価格
R5 3400G 4/8
Vega11
3.7-4.2Ghz
1.4Ghz
6.3MB 65W 149
R3 3200G 4/4
Vega8
3.6-4.0Ghz
1.25Ghz
6.3MB

65W

99

いずれも、DDR4 2933Mhz対応(チャネル・メモリランク依存)。APU含め、ソルダリング仕様のようです(以前のAPUはグリス仕様)

3200Gは、コスパキングの称号を与えられるんでしょうか。期待です。

参考:Ryzen2000シリーズ(12nm)

以下、店頭で小売されているもの。価格は発表時のもの。現行の製品で、大きく値を下げてます。ここを狙うのも良しですね。

APUやAthlonの省エネ具合も見逃せない。

製品 Cores/
GPU
Clock/
GPU
Cache TDP 価格
R7 2700X 8/16 3.7-4.35Ghz 20.7MB 105W 329
R7 2700 8/16 3.2-4.1Ghz 20.7MB 95W 299
R5 2600X 6/12 3.6-4.2Ghz 19.5MB 95W 229
R5 2600 6/12 3.4-3.9Ghz 19.5MB 65W 199
R5 2400G
(14nm)
4/8
Vega11
3.6-3.9Ghz
1.25Ghz
19.5MB 65W 169
R3 2200G
(14nm)
4/4
Vega8

3.5-3.79Ghz
1.1Ghz

19.5MB 65W 99
Athlon 200GE
(14nm)
2/4
Vega3

3.2Ghz
1.0Ghz

6.3MB 35W 55

参考:Ryzen1000シリーズ(14nm)

以下、店頭で小売されているもの。価格は発表時のもの。やはり、こうして見ると、製品が多過ぎるように見えますが、インテル側はさらに数倍です。

中古・新古、又はフリマ・オークションで目にかける程度となりましたが、多コアでコスパが良ければこれもアリですよね。

製品 Cores Clock Cache TDP 価格
R7 1800X 8/16 3.6-4.0Ghz 20.7MB 95W 499
R7 1700X 8/16 3.4-3.8Ghz 20.7MB 95W 399
R7 1700 8/16 3.0-3.7Ghz 20.7MB 65W 329
R5 1600X 6/12 3.6-4.0Ghz 19.5MB 95W

249

R5 1600 6/12 3.2-3.6Ghz 19.5MB 65W

219

R5 1500X 4/8 3.5-3.7Ghz 18.3MB 65W

189

R5 1400 4/8 3.2-3.4Ghz 10.3MB 65W

169

R3 1300X 4/4 3.5-3.7Ghz 10.3MB 65W

129

R3 1200 4/4 3.6-4.2Ghz 10.3MB 65W

109

AMD CPUラインナップ

【PC】特撮系OCメモリをゲッツ@Team VULCAN

P_20190408_152221

追記:やっぱ超快適RAMディスク

見た目があれなんで、特撮系と勝手に呼んでた。

(;^ω^)

DDR4のオーバークロックメモリっすよ。3000Mhzですよ旦那。

PC組み立てた頃は、メモリが高騰してたので、今まで8GBで頑張ってた訳です。やっと、これで16GBと、普通に使えるマシンになります。

P_20190408_152342_1_p

なぜかITXマザーを買ってしまうと、パーツ交換の度に後悔するんですよ。。

狭い・・

(;´Д`)

P_20190408_152744_1_p

付属品として、シールが付いてきた。要らない

P_20190408_152900

写真写りが悪いのがこの製品。現物は結構イケてますよ。

P_20190408_152946_1_p

横から見るとこんな感じです。横に数ミリ出てますが、縦方向での干渉はまず無いです。

P_20190408_153344

今までご苦労であった。当時、同じ値段の8GB・・・

ITXマザーなので、2枚しか挿せない。これ、余ってしまった。。

P_20190408_154146

デフォルトだと、2666Mhzとなってます。XMPを読み込ませて、OCさせちゃいます。

P_20190408_154126

ポチッとな。

P_20190408_154217

ココらへんはチキって、2933Mhzを選んでしまいそうですが、せめて3Ghz超えをしてみたい。

念の為、3066Mhzを選んでおく。

P_20190408_154533

いい加減に、適用翻訳やめなよ、ASRock(その他大勢外国製)

P_20190408_154712

おお、なんという広大なメモリ空間。Micro/ATXマザーやったら、24GBだったのにね・・。

速度もしっかり3Ghz超え!これでしばらく使用して問題が無かったら、もうちょい上を目指したい。。

(;^ω^)

細かなデータが頻繁に行き交うゲーミングならでは、効果絶大でしょう(でも数%)

追記:やっぱ超快適RAMディスク

image

8GB環境では、利用できなかったソフトの一つ。RAMディスク

久々に利用しようとしたら、BuffaloのRAMディスクはWin10版配布をしていないらしく、露頭に迷っていたら、オープンソースでImDiskというものがあるらしい。

日本語版が無いが、RAMディスクを利用した事があるなら問題ないでしょう(細かく設定できるので、そういう意味で多少難易度が高い)

とりあえず、TEMP系の書き出し先と、Chromeブラウザのキャッシュとして利用。

めっちゃ高速ッ!

(゚∀゚)ノ

今の所、2GBを割り当ててるが・・、RAMディスクを利用してる事を頭の片隅に置いておく必要がある。

なぜって、2GBを超えるダウンロードが不可能って事です。Windows大型アップデートの時とかね。

容量を変更するか、その都度RAMディスクを止めるとかしないといけない。

【pc】Athlon200GEがOC可能に@i3同等

image

何やら、AMDの6千円で買えるRyzenのAthlon 200GEで、オーバークロックができるらしい。

公式には、「OC出来ない」はずなんだけども、一部のマザボBIOS更新によって出来るようになったとか(AGESA1.0.0.6)

tom’s HARDWARE

こちらでは、なんと、4Ghz超えで、Core i3-7100とほぼ同等の所まで性能が上がってます(i3-7100:2C4T 3.9Ghz)

Ryzen恐ろしい・・。

(;・∀・)

6千円前半で買える、しかも、(非力ではあるが)VEGA GPUまで搭載してる訳ですよ。

公式では非対応な訳で、グレーなんですが、より安価にゲーミングPCを組みたいなら・・アリかもしれない。