「自作pc」タグアーカイブ

【PC】BIOS&チップセットドライバ更新する2020年

image

PC自作に限らず、忘れがちなのがBIOS・UEFIやチップセットドライバーの更新です。

久々に丸っと更新してみようと。

安定してれば、やらなくても良いんだけどもね。メンドイし、何より、神様のイタズラにより、タイミングよく瞬電・停電するかもしれない。

今、常用してるのは、ASRock AB350ITXに、Ryzen5 1600Xを乗っけてる。

今のBIOSバージョンは、4.6やった。相当古い。

(;´∀`)

image

注意書きを見ると、「一度、5.3に上げてから・・」と書かれてる。

ふむ、従いましょう。

(;^ω^)

image

ASRockだと、USBメモリにファイルを入れて更新するだけ。

事前に、セキュリティ的な機能の一つの、fTPMスイッチを無効(Disable)にする必要がある。

幸い、神様のイタズラも無く、無事5.3に更新できた。この状態で、何も問題が無いか、立ち上げて確認。

BIOS/UEFIの設定値がすべてクリアされるので元に戻すのも忘れず。

続けて、5.7に更新する。最低、Zen2 CPUが認識される所までは持っていきたいですよね。

Supports AMD next generation Ryzen™ processors

AMD AGESA Combo-AM4 1.0.0.1

image

最新版は、6.0(AMD AGESA Combo-AM4 1.0.0.3 ABB)となってるが・・。

ASRock曰く、「Zen2以外のCPUにはオススメ出来へんぞ!」とか書かれております。

ググッてみると、AM4 1.0.0.3 ABBよりも新しい版が出ているようで、案の定、Zen2 CPUのバグ修正が頻繁に行われているようです。

実際に、Zen2 CPUを搭載する時に、またBIOS更新した方が良さそうです。

image

これまた久々に、AM4/B350チップセットのドライバを更新する。

再起動を要するものの、何も問題無く完了。

そういえば、電源プランに、「Ryzen Balanced」なんていう項目があったような気がしたんですが、いつの間にか無くなっていたようだ。

こんな記載があった。

AMD Ryzen™ Power Plans (required for UEFI CPPC2 in Windows® 10 May 2019 Update)

マザーがCPPC2に対応していて、Zen2 CPUの場合に、利用できる電源管理なんだそうです。

image

久々に、Ryzen Masterを立ち上げようとしたら、こんなエラーが。。

VirtualizationBasedSecurity(VBS)を無効にしろ、との事らしい。

なぜに、VisualBasicスクリプトッ!?

ヽ(;゚д゚)ノ

・・ではなく、Win10の機能の何か?らしい。仮想化系はさっぱりなので、今だに分からない(使うかもしれないので、仮想化系の機能はすべて導入してる)

どこかのWindows10更新の際に、変なもん入れられたに違いない。

BIOS/UEFIの中の、仮想化っぽい項目を無効にしても、駄目だったので、Win10側の問題のように見えます。

【PC】Ryzen5 3500Xが売ってる・・

image

ライバルのIntelの製品を優に超えてきた、RyzenのZen2製品ですが、最下位のRyzen5 3500Xが日本でも買えるようです。

ただ、正規では無いので、誰かがこそっと日本国内に持ってきたモノになります(中国などでの一部地域販売)

正規では、3600が最も下の製品になりますが、現在価格25000円前後と、エントリーとは言えない価格帯です(出るところは強気のAMD)

※Ryzen3600より下は、Zen+の旧世代品

初代Ryzenのように、ずっと下のラインナップまで揃えて欲しいんですが、強みの”7nm”投資分回収を先んじてる様子も伺えます。

んで、Ryzen5 3500Xですが。スペックはこんなもの。

Ryzen5 3600 Ryzen5 3500X
7nm 7nm
3.6-4.2Ghz 3.6-4.1Ghz
6/12 6/6
L3 32MB L3 32MB
65W 65W
WraithStealth WraithStealth

ほぼほぼ同じ、論理コアが無いという点。

物理コアが同一ですし、ベンチスコア的にも、かなり接戦してるようです。

価格も、今どきの単位(5000円)で3600から5千円引きの、20000円前後で入手できるようです。

image

現行のCore i3 9100Fとか、9000円台なんですよね(ビデオ無しだが)

この辺の価格帯、もちろんAMDだと、Athlon、Ryzen 3200Gに当たる訳ですが、なんか弱いんですよね。

想定を超えるAPUの売れ行きに、余裕をカマしてるのかもしれません。

(;^ω^)

【PC】底値更新のPCパーツ@メモリ&SSD

image

今年はメモリやSSDがとってもお安い。

( ´∀`)

去年は、倍くらいの価格だった(メモリは3~4倍w)んですよねぇ。

これ以上、値下がりするとも思えないので・・、パソコンの構成変更に抜群のタイミングとも言えます。

上写真の、(能無しオジサン)Kingston A400(480GB)SSDが、5340円(SATA3)無論、PS4でも使えるし、ポータブルSSDの自作なんてのもヨサゲです。

image

DDR4メモリも、かなーり下がってます。

CFDのW4U2666CX1-16Gが、なんと12804円ですよ。

16GB2枚で、計32GBです。

:(;゙゚’ω゚’):これ以上何を望むよ

※私は、一昨年、8GBを同じ値段で買ったんだが

(対して効果薄だが・・)より高速な3200Mhz版でも、14806円です。

image

先日出たばかりのNVidia 1650 Superも、安価なものは、ZOTAC ZTGTX1650Sで、22000円

スペックも、GeForce 1660とほぼ並ぶ性能(ちょい下)で、最新のDDR6で、フルHD環境なら60FPSを実現できるようになった。省エネなのも、ポイント。

ビデオカードに関しては、競合のAMD Radeon RX5500の発売日が12/12に控えてるので、そこまで待つのも良いですね(多分、同じ価格帯)

ビデオエンコードの事を考えると、NVidia一択なんですけどもね・・(配信・動画編集とか)

image

お決まりの安価なPCケースも健在。Thermaltake H17は、2917円(MicroATX・ミニタワー)

image

同じくThermaltake H26、アクリルの見せる人気ケースも、4162円

image

人気のコスパ最強のRyzen3 3200G12500円。3.6Ghzの4コア、Vega8のビデオ機能も有るので、(軽めのゲームタイトルなら)ビデオカード要らず。

image

ゲームをやらないなら、Athlon 200GEが超コスパの5895円。3.2Ghz、2/4コア、35W、Vegaビデオ搭載。ノートPC並の省エネを実現。

(この記事で紹介した価格は、2019/11/30時点のもの)