「自作pc」タグアーカイブ

【ぴ】A6-3650に頑張って頂く@OC

P_20181020_132916

AMD A6-3650(4コア定格2.6Ghz)にもっと頑張って頂くために、OCをしてみた。

980円で買ったジャンクCPUです(記事

(;´∀`)

クーラーがリテールまんまなので、電圧はそのまま、周波数だけ3.4Ghzに上げます。

海外のサイトでは、4.0Ghz超えも可能なようですが。このCPUはRyzenとは違い天井知らずのようです。

メモリも、DDR3の1333Mhzから1666MhzへOC

P_20181020_132543

まったく不安定になる事もなく利用できるようです。素晴らしい。

消費電力は、BIOS 54W、アイドル 33W!?(温度+4度)

(;^ω^)OCしてもしなくても、ほぼ変わらない

全コア30%連続負荷時で、65W(温度+14度)

HDMIを接続してるだけで、数ワット消費してしまうので、サーバ用途なら-2W程度。

【じ】ジャンク500円のグラボを買ってみた

前回記事で、ジャンクグラボ(250GTS)を挿してあったんですが、黙って消費電力+15Wは持っていってしまうようなので、外しました。

サーバ用途なので・・。

(;^ω^)

【ひ】冷えすぎるRyzen5 1400@使用レポ

image

2ヶ月程経過した新メインPCのRyzen5 1400。

前PCがCore i5-K Haswellだったので、ほぼ同じ感触、遅くも速くも感じません。

まだ、たまーにCPUの温度を確認したりしてます。

しかしながら目を疑うような数字です。

室温18.4度で、Ryzen Master表記では21度(+3度)、マザボのF-Stream表記では25度(+7度)

※アイドル時、CPUクーラーは阿修羅、正圧ケース、定格(3.2Ghz)、電源プランは省電力、メモリだけOC状態

(;´∀`)どっちが正解なのよ?

image

Ryzen Masterの+3度って、あまりに嘘臭いのでマザボの方を見てる。

image

しかし、今わかった事だけど、RyzenMasterの1コア占有率がパない。上写真右下、終了したら0%に・・。

んで、RyzenMasterで、GameModeにして簡易OCしてみます(3.5Ghz、無負荷時でも3Ghz)

※電源プランは、Ryzenバランス

image

これで、やっと、26.25度。室温+7度位。マザボ側でも27度。

image

上記、30%負荷ぐらいでは、27度。

全コア負荷連続50%時で、30度を確認(ブラウザで無理くり負荷をあげた1分位だけど)

残念ながら、Ryzenでは今冬の温風ヒーターにはなりえないようです。

(;^ω^)

現行Ryzenの”X”付きモデルは、高TDPであまり人気が無いようですが、これならアップグレードで”X”付きはアリかもしれない(マザボがB350だけどもw)

ちなみに、電源プランを省電力にすると、Ryzenは本気の冷えっぷりを見せてくれますが、この状態でゲーミングは無理でしたが、常用レベルはまったく不満無し。

OCしなくても、”Ryzenバランス”に設定しておけば、ゲーミング時でもパワーを出してくれる。

3万円のCore i5-Kから、1万円のRyzen5 1400に引っ越しましたが、まったく不満無し。

そろそろ中古で出回りそうなR5 1400でした。

現行Ryzenの値下げ*が実施されるかもしれないし、Zen2の発表もそろそろではないでしょうか。

※上位機種を中心で最大5000円位かも、しれない

【じ】ジャンク500円のグラボを買ってみた

P_20181018_174522

道すがらハードオフに寄ってみたら、こんなモノを見つけました。500円ビデオカード。PCIexボードなので、使おうと思えば現役で使える。

買っちゃいました。

(;^ω^)・・・

んで・・もう一枚w

P_20181018_174545

こっちは、1000円ですけども。。

ジャンクでしかも、型番(チップ)が分からない。1000円の方は、裏面のN250GTSの表記から、なーんとなく分かるが、500円の方は検討もつかない。

P_20181018_174950

P_20181018_183619

500円の裏面はこれ。玄人さんなら判断できちゃうか。

P_20181018_183530

P_20181018_183555_1_p

ヒントはH467QS512P位だろうか(玄人さんなら分かるだろう)

私も、この467が引っ掛かった。467ってRadeonっぽいぞ・・と。

P_20181018_174732

テストするPCはこちら、A6-3650のLinuxサーバ機。怖くてメインPCには接続できない。

P_20181018_180930

故障してるか?の確認のため、ビデオをPCI優先にする。

P_20181018_182048

まずは、1000円の方。いっちょ前に外部電源が必要。

モニターを接続して、おもむろに電源を投入しBIOS画面に入ってみる。うむ、映像は出てる。

(゚∀゚)ノ

しかし・・、あの中古特有(古い部屋っぽい感じ)の匂いが凄い。しばらく回してないと消えないだろうな・・。これがジャンクになった所以かもしれない。ヒートシンクも相当汚れてる。

P_20181018_182512

次は、500円の方。こちらは補助電源不要。

モニターを接続して、電源投入、よしっBIOS画面が出てるよ。

(゚∀゚)ノ

どちらも、ファンの異常動作や異音も無いようです。実際は、しばらく稼働させてみないと分かりませんけども。

よしっ、次は本命の型番(チップ)を調べてみよう。

P_20181018_192614

1000円の方は、案の定NVidia GeForce GTS250やった。

※2009年頃のミドルクラス、スペックはGF9800GTX/Radeon HD6570辺りと同等

P_20181018_192112

500円の方は、AMD Radeon HD4670やった。

※2008年頃のミドルクラス、発売当時は12000円、スペックGF9600GT位

ちなみに、CPUのA6-3650の内蔵ビデオは、Radeon HD6530Dなのよね・・・。

GTS250と同じ位か?

(;´∀`)

image

この三つ巴が戦いをしたとすると、こうなるらしい。

PassMark

HD4670が462、GTS250が878、HD6530Dが532と・・。

4670たんが要らない子になってしまうッ。

今一番安いグラボのGF GT710(4000円位)で、677

私がメインPCで使ってるGF970で、8596(桁がちゃう)

※自暴自棄注意:GF RTX2080Ti(20万円)は16730

なんのためにビデオカードを購入したかというと、Arma3サーバのPhysX(物理演算)用にどーかなぁ・・と思って手に取ったんですよね。

だからロースペックでもOK、むしろファンレスのやつが良かった。使えるかどうかは、まだ調べてませんけども。。

2枚買ったのは、壊れてた場合の保証にだったんですが、片方はRadeon(=PhysX使えない)だったという。

使ってないCore2DuoのPCがあるので、それに使う・・か・・(無理矢理感)

いやいや、RyzenってGPU内蔵してないから、いざっという時に役立つではないですか。。

(;´Д`)す・・すちーむの軽ゲー位はできるかもな

わずか500円ですが、もし壊れてたら、グラボとか、捨てるに捨てられないですよね。ヒートシンクの部品取りとか?

このジャンクのヒヤヒヤ感がたまりませんですw