「amd」タグアーカイブ

【PC】RyzenのややこしいSATA&M.2まとめ

sc20180727143819追記:8/31 B450発売開始

私もAMDで一式組み上げる事になりましたので、事前にちゃんと調べておこうと記事にしました。

※まだCPUだけしか買ってない

Intelチップセットの方は解り易いんですが、AMDのA320/B350/X370(新A420/B450/X470)の場合、スペック表を見ても、一見ではなんだか理解が難しい。

なるだけ分かりやすく図解にしました(拡大できます)

CPU直結の分は?

sc20180727151549まず、CPU直結で利用可能な分です。全部で24レーン。

主に、図で言う所のグリーンとピンク部分に、ストレージが接続されます(HDDやSSD、M.2等)

オレンジの部分も可能ですが、Ryzenは通常ビデオ機能が無いので、割愛。

sc20180727152928高速なM.2ストレージを利用すると、CPU直結SATAポートは利用不可になってしまいます(排他)

但し・・・

PCI3.0”x2”モードで利用する分においては、SATAが利用可能なのです(速度半分ぇ・・)

チップセットの機能を使わずともCPU直結で、、x2限定ですが、M.2(x2)+SATA2台、計3台が利用できます(非常に勿体無いですが・・)

APU(G2200/G2400)なら、(ビデオカード不要なので)余ってるPCIe x8分をそのままNVMEで利用可能です(M.2を直結2台利用OK)

X370/X470なら、PCIe x8でビデオカード、残りをNVMEで利用できますね。

チップセットの分は?

sc20180727154653図解と呼べるに相応しいかは置いて・・、上記のCPU分に、チップセット分が追加されるイメージになります。

但し、これらは、CPUとPCIe x4分の帯域で利用されてるので、それ相応に遅くなります。

SSDなどの高速なデバイスはCPU側に、HDD等の遅いデバイスは、チップセット側に接続するのがベストです。

X370/X470なら、M.2(x4接続)+SATA4台が可能で、それ以下のチップセットなら、SATA2台と考えます。

M.2を利用しないなら、それが丸っとSATA2台分になります。

sc20180727155127

スペック上では、上記の考えで良いのですが・・。

マザーボードによって、制限が掛かってる場合があったり、SATAポートを独自に拡張していたりします(ASRock等)

マニュアルを読んで、どこのポートが、CPU直結なのか、チップセットのポートなのか調べる必要があります。

M.2周りはとくに、SATAやPCIスロットとの排他利用がされてる場合があるので、注意です。

※M.2分のPCIe3.0x4帯域をPCIスロットにふってる製品もあります

ASRockのマニュアルを読んだ限りでは、M.2の”x2”モードに関係無く、排他利用のようですし・・、一体どうなってるのか、実際に触ってみないと分かりません・・。

(;´Д`)

インテル側のマザーボードとは違い、この辺で、メーカー毎ブランド毎に、差別化が図れてます。”どれも同じ”ではありません(microATX・miniITXは物理的な制約も入ってくる)

マザーボードを選ぶのが楽しい半面、初心者の方には、難易度高めじゃないかと心配です。

せっかく買ったパーツが、排他利用で使えない場面とか想定できる。

(;^ω^)それ、故障じゃないよ・・と

いずれにせよ、売れてるから・・ではなくて、購入前に調べるのが吉ではないでしょうか。

sc20180727160032CPUソケット周辺のVRMの数だけ見て、購入する方もおいででしょうが。

相当なマニア人以外は、ただの電気の無駄になるので注意です。

それでいて、80PLUS Titanium搭載じゃぁ!・・では意味が御座いませんので。

では、良いマザボ選びを。。(めっきりメーカーが減っちゃって選択肢が限られてますけど)

将来のRyzenでも、これらAM4マザーボードは利用し続けられる(らしい)ので、多少ふんぱつしても、良いとは思えます(予想2020年位まで?DDR5メモリ移行時)

(;´∀`)1年毎にマザボを変えるインテル、鬼畜に見えます

近日中に、A420/B450やRyzen 2500Xとか出るらしいですよ・・(記事中では先んじてA420/B450を扱ってます)

A320チップセットマザーボード(最安約6000円)

B350チップセットマザーボード(最安約7000円)

X370チップセットマザーボード(最安約10000円)

X470チップセットマザーボード(最安約16000円)

追記:8/31 B450発売開始

かねてからの噂通り、B450が出回り始めたようです。

現段階では、オンラインショップ上にB450マザボは出てませんけども、BTOショップからは、B450搭載PCの発売が開始されてます。

しかし、X470から、随分と間が空きましたねぇ・・。エントリーのA420はいつ頃になるんでしょうか。

【pc】RyzenマザボB450は7/31発売だそうな・・

sc201807201837396月のイベントで一斉に製品公開された後は、いつ出るんかまったく情報がありませんでしたけども。

中国のサイトでリークがあったようで・・

(;^ω^)

7/31がAMDが設定した期日なんだそうな。

ホントかどうか分かりませんけども・・。しかし、待たせるなぁ・・、インテルと同様に、ハイエンド製品だけ先に出して、しばらく小銭を稼ぐ手段に出てるんでしょうねぇ・・(現在は、X470マザボだけ)

現行のB350との違いは、Ryzen2 X付きのOC対応の有無、AMD StoreMIソフトのおまけ、NVMeでのRAIDだけ(これ意味無しっぽい)となります。

※XFR2 Enhanced、Presicion Boost Over Drive

先日、安くてポチったRyzen5 1400だけがポツとそこに置かれてますけども・・。安くなった、B350辺りを購入しようかと踏んでます。

(;´∀`)

旧Ryzenもかなり安くなってきてるので、このタイミングは安く組めるチャンスでもあります(メモリが以前高いですが)

DDR4メモリは、微妙に値下がり気味ですが、未だ2倍値

中国への貿易制裁で、在庫余剰分から値下がらないかな・・と期待したんだけども・・ね。もうちょい先かな。

このASRock AB350M-HDVは、安価なB350なんですが、TDP65Wまでしか使えないので注意(X付きRyzenでなければOK)

一番元気なメーカーです。

安価でよさ気なのが、GIGABYTEのGA-AB350 Gaming3。個人的にも、過去GIGABYTEのマザボが多い。

これがどこまで下がるかに、掛かってますが。

ちなみに、GIGABYTEは国内代理店が一転二転したトラブルで、若干バクチ気味になりそうです(保証関係)

昔は「ASUSは鉄板」と良く言われてましたが、今はもう過去の話のようです。だって、ASUS作ってないでしょ(ほとんどの製品は外部)

sc20180720194448あと注意しなきゃいけないのが、CPUクーラーです。

一部の製品は、インテルだけ対応とかあるので・・

AM4対応と書かれたものを確認する必要があります。

(爪掛けタイプだと過去のAMDタイプが使えます)

鉄板は、サイズの虎徹でしょうか(爪掛けじゃなくて、しっかり取り付けします)3500円位

過去のサイズ製品を使いたい場合は、オプションが必要です(600円)阿修羅を所持してるんだけど、これが無いと使えない。

(;´Д`)

【pc】リークした新32コアのスリッパ2990X

sc20180620173747偶然みつけた海外の記事ですが、AMDから、とんでもないコア数のスリッパが出るそうです(リーク)

Ryzen Threadripper 2990X

32コア64スレッドッ

(;´Д`)・・

どこまで逝くんですか。。

記事はこちら

sc20180620174035無論、ベンチマーク結果も出てるようで、この暴れん坊っぷりw

※4Ghzオーバークロックしてるようですけども、定格外なのは確か

Core i7-4770Kが、赤ん坊に見えますよ・・

まぁ・・・一般市民には関係無い製品ですけどもねぇ。

これ以上の微細化は難しい、発熱を抑えられないとなると、後はパッケージを大きくしてコア数を増やしていく流れになるのでしょうか。

10年後位になると、フリスビーのように飛ばせるかも、しれない。

(;^ω^)

sc20180620182236あっ・・・w


ちなみに、現在のインテルさんのCore i9 7980XEで、18コア36スレッドが最大です(28コアの発表はされてる)