「dayz」タグアーカイブ

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その99

Arma3プレーヤー様にご案内

元コンガリベーコンの鯖缶さんが、まったくのゼロから開発した新しいシステムを、近くクローズドテストを実施するようです。

テスト開始時に再度ご案内致しますので、ぜひともご参加ください!鯖味噌Discordまで

image

10/17。Discordのある部屋。開発は順調なようですが、もうちょい先のようです。

20191010203258_1

追記:チェルノでRavageの続き

以前から気になっていた、Ravage Modのゾンビを確認してみました。

Ravage MODを入れて起動するだけで、サバイバル系ミッションプレーが楽しめるようで、これでプレーしてみる。

20191010203337_1

護送中に事故にあったらしく、自分だけが生存者らしい。

20191010203551_1

何も持ってないので、物色してたらAIと遭遇、敵対してるだろう・・。こっそりと逃げる。

20191010204236_1

なんとも特徴的なゾンビと遭遇。よく分からず、死んでもうた・・。走っちゃぁやだー。

(;´Д`)

20191010210209_1

Ravageの仕組みを見るためにEdenを起動。

20191010215435_1

Ravageのゾンビは、音や目視での識別がある(度合いが設定できる)ランダム移動もある。DayZに似ているかもしれません。

追跡を失うのも確認しました。

ゾンビは3種類かな。中腰で走ってくるのは珍しい。

20191010215655_1

Ambient_zombieを置くだけで、スポナーとして機能するので、Exileとは関係無く、普通のミッションにゾンビを置くのに凄い楽です。

これなら、Exileでも導入が容易です。

image

Edenのエクスポートで、コードはどんなもんか調べます。

createUnit [“Ravage_zombies“,[23235.3,19984.1,0],[],0,”CAN_COLLIDE”];

これだけです。

(;^ω^)

後は、オブジェクト変数に、プロパティ値を入れていくだけです。

_this setVariable [‘type_m’,”Walkers”,true];;
_this setVariable [‘fastNum_m’,0.01,true];;
_this setVariable [‘numberMax_m’,5,true];;

このままだと、ゾンビからの鹵獲とか、トラップなんかをやりやい場合は、イベントハンドラでカスタムが必要です。

image

Ravageの公式Wikiがありますが、ほとんど情報がありませんでした。

(;´Д`)

追記:チェルノでRavageの続き

20191013234733_1

チェルノでの湧きと、細かな調整を実施。

よりゾンビっぽくしたいので・・。

(;^ω^)

20191013234721_1

Ravage単体で、AIの死体がゾンビ化して起き上がらせる事も出来る。

AI倒して鹵獲しようと、近づいたら、攻撃されちゃうんですよ。

(;´Д`)

むろん、ゾンビ化するまでの時間を設定できますけども。

AIグループもランダムで沸かせられるので、とても便利なMODですよ。これ

※アイテムの中身までは設定できませんが

(追記予定)

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その98

P_20190929_205331

追記:Scavengeフレームワークのバグ修正

追記:Scavengeフレームワークを試す!

追記:デフォのミッションに手を加え始める

新しいサーバ環境で、構築を初めております。

※鯖味噌サーバは現在休止中で御座います

これまで動いていた、AMD A6-3650は良く頑張ってくれました。良いCPUです(定格2.5Ghz4コアを、3.2Ghz稼働)

想像してたよりも、しっかり稼働してた。ただ、消費電力が物凄かった・・w

(;´∀`)オーバークロックしてたし

P_20190929_210959

新サーバのCPUの、Ryzen5 1400で御座います。

※定格3.2Ghz4コア8スレッド(3.9Ghz位まで回る?)

Passmarkでは、A6-3650の倍の性能があるようで、頼もしい。ケースや電源、SSDなどは流用できますが、メモリだけは現行DDR4になる。

ちょうど、8GBが余ってました。

もちろん、オーバークロックするつもりなので、デカイCPUクーラーを乗せます。

P_20190929_214457

ふぅ~結構時間が掛かってしまった。こういうタイミングで、ケースやファン掃除を始めちゃうからね・・

(;^ω^)

このRyzenはビデオ機能が無いので、別途余っていたビデオカード、Radeon HD5450(ファンレス)を利用します。

こういう低スペックなビデオカードがあると、何かと便利です。ただ、ファンレス型は、精神的に悪いぐらい熱くなりますが。

P_20190929_231302

さっそく、Ubuntu Linux19.04LTSをインストールします。性能がアップしたので、GUI環境も入れちゃう。

これで、実機サーバPCは準備できました。

後は、新しい鯖味噌サーバミッションを構築して、移行すれば、公開可能です。

過去記事と重複した内容になるかもしれませんが、サーバ構築の記録を記事として公開していきます。

20190930005245_1

まず、これをやらないと始まりません。

アイテム湧き場所の設定です。

これが地味作業過ぎて・・・嫌なのです・・。

(;´Д`)

しかも、3D酔いするので、長続きしない。

20190930005644_1

こんなのを、数百箇所も繰り返すのです。

(;^ω^)

image

Exilemod Loot Position CreatorというMODを利用します。32bit版なので、Arma3を32bitで起動しないとダメです。

マップ上の建物オブジェクトを決めたら、1キーを押して始まります(オブジェクト名が表示される)

そしたら、黄色い丸を沸かしたい場所を選んで、2キーを押します。これを数カ所繰り返して、最後に4キーで登録終了です。

※3キーで、自動登録できるらしいが、私は信用してない

マップ上の建物全部を、作業できるはずも無いので、止めたくなったら、5キーを押すと、クリップボード上に設定用のコードが出力されます。

※続きをする場合は、手作業で編集して、これらを合わせる

完全に完成したら、@ExileServer/configで、読み込む様にすれば良いわけです。又は、直に書いちゃうとか。

テクニック

黄色い丸が、アイテム湧きのポジションそのものになるのですが、丸の中心部が実際の位置です。

なので、ポジションを設定する場合は、半丸から若干上を狙った方がよいです。じゃないと、埋もれます。

あと注意するのが、地面が建物オブジェクトで無い場合(特に地面が隆起されるパターン、特に小屋など)は、アイテムが、確実に地面に埋もれます。

なので、確実に、建物オブジェクトの面の上に置いたほうが確実です。

あと、Arma3の仕様上、頭の高さ辺りはアイテムを取る事ができません。せいぜい、腰位の高さまでにした方が良いです。

20190930011115_1

まぁ・・これみて、なんのマップか、分かる人には分かっちゃうんでしょうね。

しかし・・まぁ・・作り込まれたマップです。

開発者さんの情報では、近日に更新が入るそうですけども。

追記:デフォのミッションに手を加え始める

image

Arma3の音楽を聞きながら作業をします。これが有るのと無いのとでは結構モチベが変わりますw

(;^ω^)

ミッションファイルを弄りますので、内部MAP名を調べなきゃいけません。適当にEDENでファイル保存します。

chernarusredux ※MAPがバレる

が内部MAP名というのが分かります。

※Arma3はミッションファイル名で、MAPを切り替えてる

image

適当なバニラミッションPBOを解凍して、デフォのトレーダーやらオブジェクト生成を削ります。

initPlayerLocal.sqf・initServer.sqf

image

これらをごそっと削る。

(;´∀`)だいぶ軽くなるやろう・・て

ミッションの設定もついでに行っておく。

description.ext

んで、今回はScavenge Frameworkというアドオンを試してみようと思ってる。

config.cpp

Exile特有の(膨大な)設定は、今じゃないし、今回はデフォでいいかもしれない。

アイテムが実際に湧くのではなく、タンスなどを直接漁るタイプのやつ、オブジェクト自体が生成される訳ではないので、サーバ負荷的に良いかも・・しれない。

image

ひとまず、サーバが動かなくなるのが怖いので、これで動作するか確認する。

まだ、アドオンが無い状態なので、負荷が凄い低い(マップ上にはAIが一人もいない状態)

(;´∀`)

早速、動かない・・・w

あ・・MODキーの入れ忘れやった(とにかく、これは忘れる)

image

そして、キックされる。

かつて地獄を味わった私は、こんなで慌てない。

おもむろに、Battleyeログを開く。

#20 “ight”) then {
player removeWeapon “CHR_FlashLight”;
player addWeapon “CHR_FlashLight_Night”;
};
} else {
if (((primaryWeaponItem”

うむ、まだスクリプトの類を入れてないし、今導入したMODが引っ掛かったよう。

どのファイルのスクリプトだろう、FlashLightが何やら置換されてる様子。

image

漢は黙って、Battleyeの22番フィルターのaddWeaponに、黙って追記する。

20191005191950_1

めでたく、おニューMAPにインできた。

しかし、Battleyeにキックされまくる・・・。ほぼバニラなのに・・。

フィルター掛けば、その場でキックされなくなるので、効果はあるんだが・・、調べた方がよさそう。

追記:Scavengeフレームワークを試す!

20191005235045_1

車両や建物内のロッカーや机を物色する事ができるScavengeフレームワークというものを試す。

軽い気持ちやったんだが、これが地獄の門の入り口だった事は、知るよしもなかった。

導入は、それほどでも無かった。基本は、スクリプトが稼働するように設定するだけ。

問題は違う所にあった、Battleyeのこやつ。

よく見るBattleyeキックの交わし方は熟知してたんだが・・、ここで新しい技を出してくるとは思わなんだ。

Value Restrictionなる、setvariable系のフィルター、こんなん初めてだわ。

image

名前空間に、値を入れておくsetVariableの部分、ここが引っ掛かってしまってるよう。

setVariable.txt

ここに、該当する変数名を追記するだけで良いようだ。

次のキックは、remoteexec。こんなのも初めてやし・・ググっても情報無いし・・

。゚(゚´Д`゚)゚。

remoteexec.txt

!=”exileexpansionserver_system_scavenge_spawnloot.*”

違うPC(主にサーバークライアント間)でのコールなどを行うやつ。Exileなら、頻繁に動いてます。

お隣の記述を見ながら、多分こんな感じだろうと書いたらビンゴッ!!

フィルター文字列は正規表現が書けるので・・”.*”は、0文字以上の何でもヒットという意味になる。

20191006012808_1

なんとか動作。スカベンジして成功すると、アイテムが湧きます。

追記:Scavengeフレームワークのバグ修正

実を言うと、動作不良っぽかった。

上写真を見ると分かるのですが、インベントリが開いてるにも関わらず、アイテムが足元(Ground)に湧いてるのです。

(;^ω^)

なーんとなく場所が分かるので、自前でバグ修正します。

ExileExpansionClient_system_scavenge_createLoot.sqf

の84行に、「uisleep 2;」を追加で治りました。

LootWeaponHolderクラスのオブジェクトが生成される前に、イベントリが開いたからの問題のようです。

なので、(とりあえず)2秒だけ待って開くようにしました。

正常に動作してるようなので、環境によって同様な不具合が出るのかもしれません。

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その97

image

追記:サーバ不調、修理済み

追記:メインPC再構築完了

追記:問題は起きず、一応プレーできる

つい先程、Arma3のアプデ(1.94)が予定通り配信されています。

先にExile MODなど、影響がある本体側の更新があり、どんなもんか気になっています。今日から、動作確認を含めて、情報を収集しなければなりません。

※動かないのは確定だそうな

今現在、国内のExileサーバは、見ての通り、接続不可のようです。

サーバ稼働時にエラーになってるんでしょうか。

Exile MOD公式の開発は終了してしまったので、ユーザー有志での対応が待たれる(もう有る?)所です。可能ならば、私も開発に参加するつもりです。英語できないけど。

20190726031137_1

あと、新しい公式マップが追加されました。

Livoniaです。

これは、Tanoaなどと違い、Contact DLCを購入しないと利用できないようです。よって、サーバとして、Livoniaを採用するのは難しいです。

※今週末、メインPCのOS総入れ替えをする予定(Nvmeストレージ換装)なので、追記は若干遅れます。

追記:問題は起きず、一応プレーできる

20190726190924_1

ログ見ても特にエラーは出てなかった。

自作アドオンも動作してるようです。

えがった・・(;´Д`)

20190726193825_1

一番怖かったのが、Clientで置いてるオブジェクトの類(トレーダーシティ)

これも、大丈夫のようだ。

20190726193915_1

トレーダーさんも健在だ。

ε-(´∀`*)ほっ

P_20190726_195726

安心して、メインPCのOSインスコ作業に入れますw

超高速なNVME(TLC&キャッシュ込の高いやつ)っすよ。旦那

追記:メインPC再構築完了

P_20190727_012741

メインストレージをヨサゲ(Nvme XPG GAMMIX S11/Read 3.5Gbps!)なものに変えるので再構築です。

やっぱ、OSのインストールはとにかくメンドイ・・。

(;´Д`)

P_20190726_225426

ITXなので、背面装着なのです。つまり・・丸っとマザボを取り出さないといけない訳です。

P_20190727_011251

まず、GPTとMBRとか、すっかり頭から消えてしまっていて、インストールにつまずく。

バックアップし忘れで、また、前の状態に戻す・・とかをやりながら、やっとこさ、OS構築と、アプリの再インストール(現在)です。

P_20190727_183907

作業は深夜が良いですね。だって、ネットが速いじゃないですか。

(;´∀`)

Windowsの最新版1903もやっと適用できた(前環境は駄目やった)

P_20190727_145319

新しいパーツとして、こんなものを用意。BEEPスピーカーですよ。300円程度で買えるのでおすすめです。

電源入れたらピッって鳴るし、起動時問題が発生したら、原因がわかるのですよ。昔は、ケースに標準で付属してたんですけどねぇ・・。

一通り、ソフトは入れ込んだんですが、Arma3関連はこれからです。一番でかいダウンロード(MOD込みで50GB位?!)ですから、一番最後にとってありますw

(;´Д`)

※修正:Arma3本体30GB、MODだけで65.4GBやった。100GBやん・・・w

そうだ、新Nvmeの使用感ですが・・・、体感で分からないですw

前は、PCIe x2のNvme(256GB)だった性もありますが、ここら辺まで来ると、まったく分からないですねw

P_20190726_170621

んで、今回に合わせて、内蔵してた2.5インチのSSD3台を、お役御免となりました。

512GB Nvme+4TB HDD」という、とてもシンプル構成になりました。

SSD3台分ですが、どれだけ省エネ化したか気になるところです・・・・・・・・が。

ほぼほぼ、変わらずでした・

:(;゙゚’ω゚’): まじか

追記:サーバ不調、修理済み

P_20190728_181734

ずっと、午後6時になったら、勝手に起動してたのに、今日はなんだか静かだなぁ・・と思ったら、何かがおかしい。

Pingも通らないので、OSの起動すら行ってないようだ。

完全にサーバなので、モニターやらキーボードの類は一切繋いでなく、棚の上に置きっぱ・・。

久々に、モニターに繋いで確認する。

何やら、「オーバークロックしてんじゃねぇよ馬鹿」というエラーで起動してなかった。

(;^ω^)うむむ・・、昨日まで動いてたやん

しかしながら、懲りずに、3.2Ghzに若干落としてOCして設定。ケースの排熱ファンも繋いであげた。しかし、うるさくなってもうた。。。

P_20190728_181742

虫とか侵入したのかも・・と中身を見ても、比較的にキレイな状態やった。

メインPCのCPU換装で、Ryzen1400(4C8T、3.2Ghz)が余ったので、これに変えるつもりです。スペックも十分上がるでしょう。

(追記予定)