「dayz」タグアーカイブ

【game】遂にDayzが製品版になるぞ12/13

image

永遠のアーリーアクセスとまで揶揄された、人気サバイバルゲーム「DAYZ」が・・遂にッ遂にっ12月13日、製品版となるようです。

価格は、これまで(アーリー版なのに)4000円でしたが、6000-8000円まで跳ね上がるのかな(XBOX One版は現在40ドル・英語版のみ)

※39.99EUR≒5120円(現在1EUR123円)

購入するつもりなら、急いだ方がいいでしょう。

現在は、バージョン0.63なので、一気にすっ飛ぶ訳です。

開発資金が底をついたのか、継続が嫌になったのか・・定かではありませんが・・。

(;´∀`)本家のArma4に全精力傾けるとか?

image

様々なカルチャーやゲームタイトルに影響を与えたDAYZですが、一時のブームは去ってしまい、現在は、コアなユーザーだけが彷徨う独特な空気感が残ってます。

カジュアル志向になりつつあるサバイバルゲームとは、未だ一線を引き、リアルなサバイバル環境はそのままに、残り続けるんでしょう。

人気YoutuberホラフキンさんのDAYZ動画。

これでDAYZを知った方も多いはず(私もその一人、そしてArma3に辿り着いたw)

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その70

P_20181118_201246

まったりと、Omegaさんの配信を見ながらの作業です。

(;^ω^)ほとんどコメしてないけんども

P_20181118_200713_1_p

先日から、なーんだか挙動がおかしいと思いながらも、スルーしてたんですが、負荷を確認しようとした時に、メモリが4GBしか無いことに驚く。

( ゚Д゚)ハァ?

モニターやキーボードの類を接続してないし、手の届かない棚の上に置いてるんで(ホコリ避けのため)、めっちゃ苦労しつつ、久々に中身を確認。

起動時POSTでは8GB認識してるんだけども、BIOSでは4GB表示・・、なんだこれは・・?

メモリスロット違う所に挿したら、8GBになってくれた。

( ´Д`)=3 フゥ

よし、MODをRAMディスクに置くぞ。いくらか、パフォーマンスアップするはず。

現在、Arma3サーバメモリ使用率20.6%(1.6GB)、Ramdiskを2GBで確保。GPUなので500MB位食われる。OSキャッシュもろもろで1.5GB。

サーバしばらく放置(20分位)で、空きメモリが890MB。

こんなもんかな。。

(;´∀`)

image

Arma3のコアファイルも、Ramdiskに入れてしまいたいんですが、アップデート時に面倒くさそうになるので、やめておこう。

image

MAP上には看板が130+x枚ほど置かれてるんですが・・。

なぜでしょ、テクスチャーが50枚超えてしもうた。空いた時間を見つけては追加してた。しょうがないね。

image

パトロール系サーバMODのA3XAIの設定に勤しむ。

ほとんどが自動で動作してくれてるので、これば便利。完全にEXILE専用で、EXILEサーバ設定を読んでくれる(つまり、余計なアドオンとかカスタムしてると動作不安定になるでしょうね)

Blacklistなどは、ランドマーク指定になるので、細かな設定ができないけんども。

クライアント(ミッション)側にも設定しとくと、AIがラジオでしゃべってくる。

デフォルト設定から、僅かにチョイ盛りにしたんですが。

CPUコア使用率155%(TOP表記/MAX400)と、いくらか増えてしまった。まだまだ頑張れる。

20181119000308_1

まずは、バランス調整のため初期スポーンで入ってみる。

(;´Д`)・・

あぁ・・ランダムなので、どこに居るのか読めねぇ。DEBUGモードあったっけかな。

A3XAIのAIに殺られまくる。

過酷っぷりが、たまらないっすなぁ・・。

(;^ω^)

AIとゾンビは敵対してるので、ゾンビセンサーをいかに活用するかでしょうか。

image

Occupationアドオンと機能が被ってる部分があるので、こちらの該当機能をOFFにする(AI湧き)

当方開発したアドオンa3_exile_lootboxのAI湧きはそのまま(武装弱いので驚異じゃないし、目的持って動いてるので)

何度もA3XAIのAIにヤラれてるんで、もうちょいスキルを落とそうか・・。

(;´Д`)オイラが下手くそなだけ

20181119163119_1

ゾンビ4体に狙われてるAIさん。

ご愁傷様です。

20181119164358_1

初めてヘリパトロールに遭遇。

まさか、掃射されるとは思ってもみなかった。。

(´;ω;`) 俺、丸腰やで

町で遭遇したA3XAIのAIさんが、怒号を鳴らしながらゾンビ倒してた。

Lynxで倒してたよ。。

(;´Д`)

この辺も調整が必要ですね(これでもええかw)

この状況で、走りゾンビが来るだけでパニックになるので、これは止めておこう。

このサーバ、弾薬手に入らないんですよ。どうしろと?

:(;゙゚’ω゚’):

(追記予定)

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その69

20181109153639_1

追記:A3XAIサーバアドオン初見

追記:画面効果エフェクトの方法入り口

追記:嗚呼、Battleyeキック

前記事で書いてたやつをテスト(ステータス表示を無効にする)

ほら、全部消えてるでしょ。凄い簡単です(エラー出てますけど・・w)

表示切り替えと思われるExileClient_gui_hud_toggle.sqfで、すべて無効状態になるようにしました。

ミッションのconfig.cppのCfgExileCustomCode{}にて、オーバーロードします。

ExileClient_gui_hud_toggle=”ExileClient_gui_hud_toggle.sqf”;

これを追記して、ミッション内に@Exileからコピーして、カスタムしたコードを入れておく。

※頭辺りにExileHudIsVisible=true;を書くだけ

したら、全部消えてしまった。。

(;^ω^)

これもアリかな?と思ってプレーしてみたんですが、マガジン残弾が分からなくても何とかなりますが。

ガソリン残量や射撃モード(semi/autoなど)、投擲の種類が分からないのはさすがに厳しいかな・・と。

(;´∀`)

もうちょいコードを追ってみよう。

image

ExileClient_gui_hud_toggleStatsBar.sqf

あ・・これですね。

TABキーが押される度に、この部分がコールされるっぽい。

HUDの初期化も兼ねてるようなので、こちらのHUDコードの部分をまるっと消せば良いと思う。

追記:嗚呼、Battleyeキック

image

久々にトレーダーに行ったら、全部微妙に位置がおかしい。

ExileClient_object_trader_create.sqf

を再度確認して、適切な引数を渡さないといけない。・・が、配置データが古いまんまなので。

内部では、ATL座標として配置してる(Z軸が地表からの相対)が、データはASL座標なんです(Z軸が水面からの相対)

トレーダーは何かのオブジェクトにアタッチしなくてはならなくて、第7引数(object)を指定しなくても、内部で空objectが生成されて、それにアタッチされる。

※1.0.3ではそんな事なかったので、こうなったのは何か理由があっての事なんでしょうね。

直すたんびに、Battleyeにキックされる始末で、デバッグが捗らない。

サーバ起動中の待機の間に、アイテムの値段とかを確認しながら。

これ飛行機の分類(Plane)なんですね。オスプレイみたいなやつ。価格設定ミスってた。

image

Exile_Plane_BlackfishInfantry、Exile_Plane_BlackfishVehicle

んで、左下ステータスの非表示は、ここまでは分かった。

disableSerialization;
_display = uiNamespace getVariable “RscExileHUD”;
_a = _display displayCtrl 1300;
_a ctrlShow false;

※変数はprivateを忘れずに

このコードを埋める場所さえ、探せれば良いぞ!という所まで来た。

やっぱ、ExileClient_gui_hud_toggleStatsBar.sqfっぽいと思うんだけど、ゲーム開始時やトレーダー出入り時には呼び出しが無いので違うよう(CAPSキーの時だけ)

トレーダーに出入りする度に、画面の初期化動作が入るので、その辺を調査する予定。

追記:画面効果エフェクトの方法入り口

image

Exileコードを眺めていたら見つけたので、記録。

トレーダーに入った際やデス時などに、画面効果が入りますが、その方法の”入り口”です(やり方は知りませんので、各自調査で)

公式サイトでの説明(Post process effects)

ppEffectAdjustで簡単に行えるようです。トレーダー中の際の背景がボヤケた感じはこれ(ボヤケた効果は、定義済みなので簡単に呼び出せるみたい)

ExileClientPostProcessingBackgroundBlur ppEffectAdjust [2];
ExileClientPostProcessingBackgroundBlur ppEffectEnable true;
ExileClientPostProcessingBackgroundBlur ppEffectCommit 1;

ExileClient_gui_postProcessing_initialize.sqfという場所で、初期化してる所で沢山定義?されてるようです。

何をやってるのかは未調査ですけども。

ExileClientPostProcessingColorCorrections = ppEffectCreate [“colorCorrections”, 1500];
ExileClientPostProcessingColorCorrections ppEffectAdjust [1, 1, 0, [0, 0, 0, 0], [0.39, 0.32, 0.25, 1], [0.5,0.5,0.5,0], [0,0,0,0,0,0,4]];
ExileClientPostProcessingColorCorrections ppEffectCommit 0;
ExileClientPostProcessingColorCorrections ppEffectEnable true;
ExileClientPostProcessingBackgroundBlur = ppEffectCreate [“dynamicBlur”, 401];
ExileClientPostProcessingBackgroundBlur ppEffectAdjust [1];
ExileClientPostProcessingBackgroundBlur ppEffectCommit 0;
ExileClientPostProcessingBackgroundBlur ppEffectEnable false;
ExileClientPostProcessingDelirium = ppEffectCreate [“wetDistortion”, 301];
ExileClientPostProcessingDelirium ppEffectAdjust [2, 0.1, 0.1, 0.2, 0.2, 2, 2, 0.01, 0.01, 0.01, 0.01, 0.01, 0.1, 2, 2];
ExileClientPostProcessingDelirium ppEffectCommit 0;
ExileClientPostProcessingDelirium ppEffectEnable false;
ExileClientPostProcessingSecurityCameraFilmGrain = ppEffectCreate [“FilmGrain”,2000];
ExileClientPostProcessingSecurityCameraFilmGrain ppEffectAdjust [0.4,3.5,5,0.6,0.6,true];
ExileClientPostProcessingSecurityCameraFilmGrain ppEffectCommit 0;
ExileClientPostProcessingSecurityCameraFilmGrain ppEffectEnable false;

あくまで入り口ですので。

追記:A3XAIサーバアドオン初見

image

AI湧きのサーバアドオンA3XAI、前々から気になっていたけども、触る機会が無かった(というか、そんな場合じゃなかった)

ミッション以外でも、緊張感を持っていただくのに良さそうです。

1.0.4でもちゃんと動作してくれれば良いけども・・。

お布団で設定ファイルを眺めながらの作業ですw

(;^ω^)

追記:

パトロール系が充実してるようです(まだ動作して確かめてない)

ほぼランダム動作で、自動で動作してくれるのは助かるが、スポーン地などの設定ができないみたい。

町湧きもあるようで、どんな動作するのか気になるところ(拙作アドオンでも同様の機能があるので・・)