「DIY」タグアーカイブ

【発電】2019年初頭のソーラーDIY発電報告

P_20190109_150450

5年目に入った自作オフグリッドのソーラー発電のご報告です。

幸い、今季は暖冬で、これまで、発電できず電圧低下で、バッテリー充電ッ!なんて事が、1度あっただけです(12月半ば辺り)

P_20190109_150629

残念ながら、その時に、一大事が起こっておりました・・。

室内に置いてた、このディープサイクルバッテリー(100Ah・M31互換韓国製)が、お無くなりになってしまっていました。

気付いたら、いくら充電しても電圧が7V以上に上がりません。自動車用の充電器で何度もリフレッシュを掛けても駄目でした。

ディープサイクルバッテリーといえど、仕組みは鉛バッテリーです。一度、放電の底を経験してしまうと、アウトなようです。高い勉強代でした。

万一のため、放電を管理するコントローラーを経由するべきでした。

P_20190109_150600

メインの24Vバッテリーと、コントローラーです。たまーに、異常が無いかチェックしてます(火災だけは避けたい)

※屋外に設置してますが、適度に断熱してます

こちらは、普通の自動車用バッテリー(B19・日本製)を6つ組み合わせたものです。

もう5年目ですが、至って、元気です。ヘタりの様子もありません。やはり、夜間は小さい負荷(低電流)で利用するのが鉄則です。という事は、12Vよりも24Vの方が利点高い事になります。

※電流に比例して抵抗が高くなり効率低下(内部抵抗)

これまでの経験から、やはり、夏場よりも冬場の発電量が凄いんです。雪が降っていても、です。

空気が澄んでる(低湿度)から?積雪による、光の乱反射(環境光)?が原因なのか、まだ分かってませんが。

夏場の曇り空だと、ほぼ発電がゼロですが、冬場の曇り空の場合、普通に発電してくれてます(雨雲がダメなのかも)

意外な事に、晴天時においては、夏場よりも多く発電してます(パネルの角度は変わらず)

(;´∀`)なんでや・・

なので、お湯を湧かしつつ(24V5A)、ノートPC3台、スマホとかUSB充電してても、電圧が収まらず・・、電気毛布を最大(100V50W)にして無理やり負荷を作ってる始末です。

※同時に、乾電池や他モバイルバッテリー(5V20A数台)とかも充電

100W4枚+50W2枚に、計180Ah蓄電の質素な構成ですが、こんな状況で御座います。

※これとは別系統で、夜間用照明の発電もしてます(50W)

でも、そろそろ、バッテリー容量増やしたいなぁ・・。次は、もう、ディープサイクルは買わない。

m9っ`Д´) !!

【DIY】芋継ぎに一手間掛けるアイデア@ホゾ?

P_20180527_145748DIY始めたばかりや、とにかく時間が無かったりすると、やってしまう、これ。

芋継ぎ

(;^ω^)

簡単だもんねぇ・・。

否定はしませんが、ここで私からちょっとしたアイデアを・・と思いまして、実際に何度も実践してる、ひと手間をご紹介です。

・・という程のことでもないですけども。

P_20180527_144348これです。

自分では、「2mmホゾ」と名付けてます。

(;´∀`)

若干でも引っ掛かってくれれば、横ずれが発生しにくく、そして何よりも・・

加工が超簡単ッ!!

ノミで、2ミリ程度表面を削ぐだけです。

P_20180527_144415ほんと、これだけ削ります。

接合分だけなので、2x4材なら、38mmx89mm分だけです。

繊維に沿って軽く削ぐだけなので、慣れれば一箇所1分と掛かりません。
P_20180527_145906最後は、鉄ヤスリなどで、なるだけ平らにキレイに整えます。

多少凸凹の方が、接着剤が乗って良い。
P_20180527_144712以下は、ノミを持って無い方に向けて。

クランプで材料を固定。

ケガキ(線引)の部分に、予め、ノミで切り込みを入れてから。

ノミを寝かせながら、少しづつ削っていきます(繊維の方向)

ヤスリ掛けするので、雑でも構いません。

合わせる材料を載せて、キレイに接合するか確認しながらだと、安心です(材料は想像以上に曲がってます)

sc20180527182543後は、接合状態で固定して、接着剤付けて、穴あけして、コーススレッドで固定すればOKです(曲がっていて、少し浮いてしまう場合は、半ネジタイプのもので締め付ける)

人が乗っかるような、椅子やベッド、台などは、出来るだけ頑丈に作らないといけないので、より本格的なホゾ加工をしないといけませんが、私のDIYでは、この(なんちゃって)ホゾ加工で不具合は出たことないです。

時間が無いとき、芋継ぎの次ステップとして、どうでしょ、おすすめです。

(;^ω^)接合は奥が深いッ!!

昔の人は、釘無しで家を建ててた訳ですもん。

【音楽】謎の中華製オーディオアンプが密かに人気

sc20180524170039わずか、2000円程度で買えてしまう、オーディオアンプが実在するのです。

HDオーディオってなんじゃぼけー!って人向けです。

既に色々なところでレビューされてるので、ご存知の方もいるかと思いますが。

多機能中華アンプ 2487円(現在)ELEGIANT HY-V10

Bluetoothも内蔵で、スマホ等のアンプとしても利用できる(FMラジオは残念ながら日本では利用できない周波数帯)

USBやSDカード内の音楽を聞くこともOK、リモコンも付属、イコライザーも付いてる。

DC12V(5.5/2.1DCプラグ)で動作するので、そのままカーバッテリー直結でもOKらしい。というか、車載も想定してるんでしょう(夏場の熱に耐えられるかは未知数ですけど)

sc20180524173025車で使うなら、こういったものでOK。690円

100Vコンセントで使うなら、家の中にある、5.5/2.1サイズのACDCアダプタが利用できる(安価な製品でよくあるサイズ)

※ちゃんと、出力電圧が12Vかどうか確認すべき

sc20180524173533んで、最後に必要なのが、スピーカー

これも、アンプ内蔵じゃない、普通のやつ。

ハードオフとかで、500~1000円程度で売ってるやつで良いんです。

安いのは当然として、素直で綺麗な音が出るんだそうです。

人気の理由がもうひとつ、もう、こんな価格なので、改造しちゃってる方も多い。

sc20180524174118遡る事、これらの火付け役と言っても過言じゃない、これがありました(今でも売ってます)

Lepai LP-2020A+

偽物まで出回るほどの人気でした。

(;^ω^)

ちなみに、こういった中華製オーディオをメインに取り扱ってるショップがあります。

North Flat Japan(大阪市)

sc20180524174559わざわざ特注して販売してる位です。

これなんか真空管ですよ。

NFJオリジナルモデル TUBE-01J

4970円(5/24現在)

そもそも、どこまで、お金を掛けるか・・微妙なところですけども。

(;´∀`)

sc20180524175244自分も同じ様な構成で利用してます(2013年に買ったんだ俺w)

もう絶版ですが、BuffaloのBSSP10というやつ。

カーバッテリーに直接繋いで使ってます。

当たり前ですが、ノイズがまったく乗らないので、綺麗に鳴ります。まぁ・・自分は素人耳ですけど。

スピーカーが余ってる方、どうです?テレビとか、PCアンプでもグレードアップできます。