「DIY」タグアーカイブ

【DIY】電動工具はやっぱリチウムイオン電池がええ

P_20161205_162213DIYはあくまで趣味の一つなので、”安価な道具だけ”は一通り揃えておりますが・・。

(;^ω^)

その中でも一番使うのが、これです。

電動ドライバー・インパクトドライバーでしょう。

全部で3つほど持ってます。全部SHINKO製作所の、有線が2台、充電式が1台です(つまり、安物買いのなんとやら・・で3台なのですw)

充電式がこいつ、CIDS-120BWで、鉛電池タイプで6000円前後で買えるインパクトドライバーやつです。

一番稼働率が高く、かなり重宝してるお気に入りなのですが・・。

P_20161205_162134久々に使おうと思ったら、なんだかパワーが弱い。

電圧を見たら、なんと7Vまで落ちてた(通常時12V)

2ヶ月ほど前ですが満充電にしてたんですが、さすが鉛電池、自然放電が激しい・・。

鉛電池は、低電圧のまま放置すると、すぐ寿命が来てしまいます。あやうく、バッテリーがお亡くなり状態にさせてしまうところでした。

もう、既に製品寿命が著しく低下しちゃったでしょう・・。だって、鉛電池だし。

趣味で安価なやつを・・と、鉛電池タイプを買ってしまいがちですが、電動ドライバーだけは”無くては困る&よく使う工具”なので、リチウムイオンタイプのものを強くオススメです。

室内だけで使うなら、有線タイプが最強ですけどね。なにより安いし。

日本メーカー品でも、15000円辺りで手に入るようです。RYOBI、日立、MAKITA、BOSCH(ドイツ)辺りかな・・。パナソニックはなんでか高い。

なぜかメーカーが色を統一してる。RYOBI(赤)、日立(青)、MAKITA(緑)、BOSCH(緑赤黒)、パナソニック(灰白黒)、ブラック&デッカー(オレンジ)

最近は、こういう小さいタイプもありますが、ただのねじ回しなので、木工や穴あけには使えないので注意。ビットも専用品になってしまう。1個欲しいけんども。

【エコ】自家DIYソーラーシステムの構成2016年8月

sc20160813115214

3年目のDIY自家ソーラーシステム、連日の晴天続きでソーラー発電も張り切っております。

システムを改良しながら、少しづつ、ソーラー蓄電へ移行しております。

今日のような(連休中の)完全快晴時は、家のほとんどの家電をソーラー発電から供給している状況です。

※いま現在100V系は、デスクトップPC、モニタ、扇風機3台、ディープサイクル充電で利用

去年せっかく買ったディープサイクル(100Ah)を眠らせているのは勿体無かったので、これを12V系及び、USB関連の機器にて利用するようにしました。

24V降圧よりも、12V降圧の方が効率が高いためです。

ですが、ディープサイクル電池自体への充電は手動による運用で、若干メンドイ。近々、これを自動化する仕組みを導入する予定。

DIYソーラーシステム構築図

円高だ!!原油も安くなってるが、早く原発動かしてください。電気代が高いぞ。

ソーラーパネル

P_20160812_111928

追記:

お気に入りの正弦波600Wインバータ、DC-DCコンバータと、5V系の一部。


P_20160812_111916晴天時は、手前の電源タップに差し替えて利用してます。

手前のオーディオ系も蓄電で利用してます(12V系)

面倒ですが、AC電源はどうしようも無いので仕方ない。

以前にどこかのブログで見たけど、インバーターと商用100Vを強引にスイッチで切り替えてる人がいましたが、あれは非常に危険。

電圧がプラス・マイナスで切り替わってるんですよ、同期してれば別ですけど・・、最大で約60ms瞬断されるんです。

P_20160812_111847

ディープサイクルバッテリーにはこれが繋がってます。

USB(5V系)端子が、全部で13個もありますw最近のガジェット充電には困りません。

(;^ω^)


P_20160814_113842本日大活躍したのが、これw

タケルくん!!

24V電源で、ご飯が炊けます。5Aほどの大電流が必要なので、基本はバッテリーに近い所でしか利用できません。

30分ほどで炊けます。

本来は、トラックの運ちゃんが車内で利用するようなモンなのでしょうけどもね・・w

【lot】世界で大ヒットRaspberryPi日本の価格は適正なのか?

sc20160413174444

先日、ラズパイ3が突然発売されて、話題に事欠かない、超小型&低価格なワンボードPCのラズパイ

私も初代とラズパイ2の2台所有しており、自宅サーバとして24H稼働中です。

ラズパイ3は現在でも在庫切れ中で、500円で購入できるというラズパイゼロは、お目に掛かった事すらありません。

sc20160413174842

このRaspberry Pi Zeroは5ドル(約600円)という破格のお値段で、なんと私も所有してるラズパイ初代よりも、高性能という。

(;^ω^)

これで、ウェブも見れて、文書作成だって出来てしまう。

ほんとに馬鹿げた時代になりました・・。

ちなみに、このZero、日本Amazonで販売されてますが、「価格1万円」というあからさまにボッタクリ状態。

sc20160413175135

日本では小売として、KSYが公式な所となってますが、どうにも、ボッてねぇ?と勘ぐってしまいます。

私はここで2台とも購入しましたけどもね。

んでは、海外のショップと比較してみましょう。

  KSY(日) Element14(英) Think Allied(米) MODMYPI(英)
ラズパイ3 5670円 30.08GBP
≒4650円
35USD
≒3815円
29.99GBP
≒4650円

※小売価格、1ポンド=155円(2016/4/13現在)1米ドル=109円(2016/4/13現在)

ちなみに、米Amazonでは、42ドル(≒4578円)でした。

まぁ・・高いのは当然です。輸送費、為替諸費用など掛かりますもんね。

総じて、現段階では1000円+α程度乗ってると見ていいようです。為替の影響か、本家イギリスよりもアメリカで購入した方が安いようです。

ただ、いま現在、為替が凄い動いてるので、今よりも円高に触れればもっと安く手に入れる事ができます。現在108-109円

個人輸入だと、クレカ手数料や輸送費、各国の税金等だけで数千円飛んじゃうので、黙ってKSYで購入するのがベストなんですけどもね。

また、秋葉原などではお店が独自で輸入販売してる所があるので、近くの方は探してみるのもアリでしょう。羨ましい・・

sc20160413181211

色々探してみましたが、ラズパイZeroは、海外でも在庫ゼロ状態です。

500円だもんねぇ・・。ラズパイのスペックとはいえ、クラスタサーバ構築して計算させれば、スパコン並になるワケだしwそっか?

Raspberry Pi

sc20160413181942

現行パソコンの上位CPUのSkylake i7-6700Kは、現在4万円です。

ラズパイZeroが66個買えますよ。

6700Kは論理で8コア

ラズパイZeroは、4コア×66個で、264コアです。33倍!

さて・・・、どっちが速い!!m9( ゚д゚)ww

【発電】春が近づいてきたぞソーラー発電現在の状況報告2016/3

P1020060

3月、太陽の角度も最大50度付近まで上ってきました。

我が家のソーラー発電も3年目に突入です。

今年は暖冬で、降雪も少なく、発電できない日も無く、緊急対応はありませんでした(24時間負荷を接続してるため)

パネルは100W4枚(昼間用)、50W2枚(夕日用)で、バッテリー160Ahに蓄電してます。

P1020057冬の間もほぼ満充電まで発電してくれてました(深夜の充電メンテは何度かありましたけど)

今年は、ちゃんと箱に入れてバッテリーを寒気から守りました。

これのお陰かもしれません。補水もちゃんとしたし。メンテ保守は大事です。

去年は屋外にそのまま置いてましたし・・(;^ω^)

P1020059

お昼の最大値で、15-16Aです(24V)

かなりの発電です。15Aとか恐ろしい・・。火災には超注意です。

んで、せっかくの発電なので、捨てることなく利用しましょう。

ですが・・がんばって負荷を繋いでも、せいぜい10Aでしたw

1時間で4円程度の電気代にしかなりませんw

否、この分だけ、発電所の負荷を下げましたよと胸を張りましょう。

P1020056

インバーターで100Vに昇圧した電気は、この電源タップから利用します。

オーバースペックですが、COTEKの600W正弦波タイプを使ってます。

スマホ&タブ&モバイルバッテリ全台充電、ノートPC充電、電気ストーブ(150W)、電気毛布(50W2枚)、電気アンカ(25W)とか。

P1020053屋内の配電部、配線だらけで収拾がつかない感じですが、自分的にはちゃんと整理してます。

同じシガーソケットでも、12Vと24Vがあるので、間違って挿すとヤバイので、それだけは超重要事項。

最も利用してる電圧は、5Vなので、この先にUSBソケットが大量にあります。

手前の黒い箱は、電菱の24Vバッテリー充電器で、夜間などにバッテリー電圧が低くなったときに、(負荷側からバッテリーに)緊急で充電するために利用します(将来はこれを自動にしたい)

P1020055

これらは、24時間常に通電してるやつ。

木にサンドイッチされてるのはラズパイ2で(先日ラズパイ3が発表されましたね)、サーバ兼監視カメラとかに利用。

このUSB給電のギガビットハブは超おすすめです(コレガ社製)

P1020051

他には12Vで、ポータブルDVD(ワンセグ)や、オーディオ・アンプなどで利用。


P1020052

最近のお気に入りは、Creative T12 というBluetoothスピーカー、これも12Vで通電させてます。

小さいくせに、音に厚みがあり、低音もしっかり出ます。

Bluetoothで配線の必要も無いので便利。

今年は、もっと大きなバッテリーを手に入れて、夜間でも大きな電気を使えるようにしたいぞ。

【発電】冬に向けてソーラー自家発電のメンテ実施

P1010997去年からやろうとしてた事だったのですが、バッテリーの越冬対策です。

箱には入れてるものの、ほぼ屋外に設置していたので、気温がマイナスの環境での運用には、バッテリーの寿命を縮める他ありません。

人間と同じく25度が適温(最高効率)との事ですが、出来るだけ対策をしておこうと思った訳です。

んで、余っていた、灯油缶を入れる大きなケース(名称わからん)に格納します。完全では無いが、ほぼ密封されるので、急激な温度変化には耐えられるはずです。

※完全密封だと、水素ガスが充満するので危険(爆発します)

P1010995

せっかくなので、ちゃんとメンテナンスします。

まだ1年半しか経過してませんが、水位の確認。

まったく問題ありません。ガス漏れも無いようだし(栓に白カス無し)、ほぼ新品状態。

さすが、日本製というべきか。

※GSユアサ製 40B19(28Ah)を6個使用(24V運用)

P1010994電圧も、個々12.7V辺りで安定しています。

去年の冬を超えたし、ヘタってるはずと思っていただけに、安心しました。

まだまだ使えます。

5年は持ってくれないと、赤字ですから・・。

P1010996

あとは配置して配線するだけなので、ネジの緩めがないか、チェックします。

ターミナルのサビもこの時点で取っておきます。サビなんて、ありませんけども。


P1010998

設置場所を大きく変更したため、時間が掛かるので、簡単に充電しながら作業。

3Aの安い充電器ですけども。


P1010999

ざっと接続だけすまして、まず、日が差している内にソーラー充電の確認を行います。

電圧・電流共に異常無し。

発電中の接続は、いつでも恐怖です。バチッ!と火花が出ますし。

今回は、曇った瞬間に接続したので大丈夫でしたけど。

今回は負荷経路を変更するので、まだ接続してません。宙に浮いたVVFケーブル(2.0mm)がそれ。

P1020001

ケーブルの引き込み用に、ケースを簡単に加工します。

ケース剛性の事を考えてませんけども。


P1020005

気持ち、ショート対策の板を置いて・・w、これにて完成です。

後はフタを閉じれば、外界と(ほぼ)遮断できます。

この灯油缶ケースは、とても大きくて頑丈なので、バッテリーケースとしてオススメです。

M31MFとかの大型バッテリーでも、4個は格納できます。

しかも、安いんですよ。2000円以下で買えるはずです。

P1020004

以前は、負荷をバッテリー直結にしてましたが、今回からはチャージコントローラーの負荷端子に接続しました。

やはり、放電も管理したいのと、最悪の自体に備えての事(完全放電でバッテリーは死ぬ)

毎日のように、蓄電状況を見ては、負荷の機器の接続を調整してますが、最近の低い気温と連続した曇り日で、発電が芳しくありません・・。

スマホ、タブレット2枚、RaspberryPi2、LANハブ2台、USBスピーカーだけは常時通電(5V降圧利用)してますが、これでほぼ500~600mAの24時間常時ロード値(24V)のようです(約12W)

これだと曇り日が続いても運用可能な数字のようです。

バッテリー:28Ah x 6 = 容量:168Ah

ソーラーパネル:100W x 4(南方向)、50W x 2(夕日:西南方向)

負荷(最低構成):24V to 5V(USB)による複数台接続

負荷(最大構成):600W AC100Vインバータ、24V10A負荷、24V-12V(10A)負荷、24V-5V(USB)による複数台接続

参考にどうぞ。

【発電】もう一つのソーラー発電活用@グリッドタイインバーター

sc20151010213911

割と最近出てきた製品なのですが、グリッドタイインバーターというもの。

ソーラーパネルを(バッテリーを介さず)直接繋いで、それを直接、商用電源に流してしまう。

・・というもの。

負荷を繋ぐ・・では無く、壁の100V電源ソケットに繋いじゃいます(交流のタイミングや周波数は、自動で合わせます)

本気の発電所っぽくなるワケです。最近、海外でこういうの流行ってるようです。

つまりは、いま稼働してる家電製品や経路を弄る事なく、そのままソーラー発電エネルギーを、100Vに乗っける仕組みです。

太陽が出ている(発電してる)間は、家中に電気が行き渡るワケです。

sc20151010214553

え?そんな事して大丈夫なの?

・・と思いますよね。

日本では法整備が遅れてて、グレーな感じなんだとか・・。

(;^ω^)

もちろん、グレーとはいえ、これで家中の家電製品が壊れたり、電気が逆に流れてしまう事にもなりかねません(家から電柱へ)

なので、販売店(むろん製品は海外製しかない)も、実験用として売ってます。

国会で法整備されたとしても、多分、使用禁止の流れになるでしょうね。

また、グリッドタイインバーターは、500Wクラスで2万円程度(中国製)で、元を取るだけでも、10年以上は掛かります(発電系はいずれもそうですが)

災害時のためッ!と言っても、太陽が出ている間しか効力が無いため、ほとんど無意味です。

興味のある方は、自己責任にて。

グリッドタイインバーター

【DIY】アルミ棒でハンガー掛けを作ってみる

P1010790

ブログで記事にする程でもないんですけどもね。

色々な金具を購入ww

アルミの棒が、結構安いんです。むろん、汎用品では無くて専用品です。これで、ハンガー掛けを作ろうかと。

自分が購入したのは、12.7mm径の91cmのもので、350円位。

12.7mmだと結構丈夫、その下に9mmもありましたが、さすがにタワミます。

P1010792

軸受けも、径に合わせます。これで200円位。

軸受け部分が、ちょっとだけ大きく作られてて、13mmになります。

両端で完全にフタをする形状のモノや、このように貫通してるものがあります。

高さも、2種類あるようです。手に入れたのは、一番高いモノで、5cm位。

重量制限は、1個5Kgのようです。コートとか重いものを想定してる場合は、複数個を使うワケでしょうね。

付属のネジがかなり短いので、不安なら長めのスリムコーススレッドを使えば安心でしょう。

P1010793

ネジが小さく、電動工具は使えないので、ドライバーで止めました。

簡単ですな(;^ω^)

棒と軸受けで0.3mmの隙間があるので、動きます。

貫通タイプを利用する場合は、なにか対策が必要ですね。セロテープとかでも十分ストッパーになるでしょうw

アルミパイプ

【発電】独立ソーラー発電の運用1年目の夏@感想

P1010229

本当に実用に耐えるのか・・とりあえずやってしまおう、で始めたオフグリッド独立ソーラー発電も、1年目となりました。

※売電目的でない勝手発電

正しくは、あと1ヶ月ですが。

梅雨もほぼ終わり、1年で最高の発電日和が続いてます(最も日が長い)

結果を先に申し上げますと、「実用には耐えません」ですね。

電気に疎い人なら、絶対にオススメしません。理由は、「パネル能力が小さい&各部の電気ロスが大きい」の2点。

条件付きで、電気の知識があれば・・、うまく利用できる。

普段の100V家電で実際に利用する所まで、優に40%は電気を捨ててしまってます。大きなバッテリーに蓄えても、同様で、自己放電や電気損失が相当な大きさになります。現在の科学では、バッテリーの能力にも限界があります。

※24VDCから100VACで20%損失、機器内部でDC変換、さら20%損失

P1010287

ならば・・パネルやバッテリーを大容量にすればいいやん。

・・も、アリっちゃー有りですが、バッテリー寿命(5年程度)を考慮すると、コスト的に見合いません。

電力会社の電気代の方が安いとか、本末転倒です。

早く、原発を再稼働して、もっと電気代を下げてくれれば、こんな事せずに済むわけです。

P1010375

だが、しかし、電気ロスを下げれば、なんとかなるかも。

工夫を試したあたりで、状況が一変しました。

交流100Vを使わなければいいじゃないか!。とw

直流<>直流での変換では、ほとんどのロスが発生しません。

情報家電なんかのほとんどは、ACアダプタで直流変換してる訳で、ならば、ソーラー蓄電から、直接目的の電圧に変換すれば良い訳です。

P1010385

丁度製品化してる、24Vから5Vに変換して、家中のUSB機器系を、ソーラー蓄電から利用。

タブレットなんか、20W消費するシロモノですが、まったくもって心配無用です。

バッテリーの電圧変化も微々たるものです。

写真の他、Ankerも所有してます。こちらだと、2A出力もOKです。

Anker 40W 5ポート USBカーチャージャー

パソコンもタブレット系やATOM系だと、USB駆動が可能(5V2A)なものがあるので、完全にソーラーでまかなえます。

無線LANルータやLANハブとかもイケる。

P1010554

んで、次は12Vへの変換です。

これで、シガーソケット接続系の製品が利用できます。

冷蔵庫とか熱を扱うものは、さすがに消費がデカイので、ポータブルDVDプレーヤー(ワンセグ付)を常時繋いで、テレビ鑑賞やビデオ入力でモニターとして利用してます。

これも、一日中電源ONにしてても、まだ電圧を25.0Vをキープしてくれてます(深夜3時)

この運用で、真冬でも、ほぼ満充電(24.4V以上)を維持し続けてくれました。むろん、日照がゼロでも、日没までにはほぼ満充電になってくれます。

雪雲よりも、雨雲の方が効率が悪いというのには驚いた。

12Vが利用できれば、一部の液晶テレビやモニターが動くものがあります。もちろん、小さめなサイズ(16インチ等)ですが、パソコン環境が完全にソーラーでイケる(シガーソケット利用のものや、ACアダプタで電源供給するタイプがほぼ12V駆動、4A程度)

12VからDC19-20Vに変換すれば、ノートPCなども楽に動かせる。

P1010446

よって、100Vで利用したい場合は、バッテリー充電が終わり、太陽が出ている場合に限り、に利用する事にしています。

私の場合、パネルは100W4基で、24V10A辺りが発電能力ですので、約200Wまでとしてます。

電動自転車バッテリー充電(100W)、電動工具の充電(50W)や、乾電池の充電(10W)なんかに当ててます。

6時間フルに使ったとして、200×6=1.2kWh x 25円なので、約25円の節約ですw

1年間晴天(異常気象)なら9125円で、10年もあれば、大抵のシステムで元を取れますw

自分でDIYでソーラー発電をすれば、わずか数万円で構築できますが、それなりの電気知識を要します。下手すると火災の引き金になってしまう事もあるので、めっちゃくちゃ注意です。

※私の場合は、実質5~6万で出来ました。工具とか除いてね

オフグリッド発電は、日曜大工的な意味合いが強く、暇で多趣味な方、向けなんでしょうか・・

(;^ω^)

ソーラー発電

【DIY】トビラに蝶番を取り付けてみる@小屋作り

P1010675

5月のGWにツーバイフォー小屋作りを初めて、かれこれ1.5ヶ月となってしまった。

時間が取れなすぎる。。

前日に、トビラのフレーム部分が完了したので、これを小屋に取り付けます。

蝶番という金具を利用します。

トビラは、周囲に3mm程度の隙間を開けて作りましたが、ちょっとでも加工をミスると、引っかかっちゃいます。

P1010678サイズを適当に買ってきてしまったのですが、まぁまぁ2x4(38mm)にピッタリでした。

1個で30Kgに耐えるんだそうで、オーバースペックなんですけど。

あとこの蝶番は、間にプラスティック?部品が入っていて、絶妙な摩擦を生んでくれてます。ゆっくりトビラが動くようになる。

P1010676

蝶番を取り付ける場所のケガキをします。

トビラの開閉だなんて・・、精密な加工が要求されます。

蝶番の厚さが3mmもあるので、4mm程度の深さで掘ります。


P1010679

ノミで時間を掛けて掘りました。

綺麗に掘るのがとても厳しい。トリマーとか使えるんだろうか。


P1010680

精度が気になりましたが、思い切って取り付けました。

だって、もう暗くなってきたし。


P1010681

トビラ側も思い切って、取り付け。

柱自体も、「水平では無い・・」のは分かってるので、正直、かなり不安。

(;^ω^)

案の定、ちゃんと閉まりませんでした・・(;´∀`)

・・が、目論見どおり、トビラの上部(元から若干キツかった)が、キツい程度なので、金ヤスリで0.5mm程度削ればOKでしょう。

あとは、ドアノブ(鍵付き)を取り付けて、完了です。

ドアノブにも、加工が必要なんですけども・・。

【DIY】トビラつくりでホゾ加工@小屋製作

P1010667

本当の最終章ともいうべき「扉」にとりかかってます。

蝶番で開閉しますし、可能な限り隙間無くするつもりなので、自分のスキルを超えた加工技術が要求される・・

と見込んで、これまで所有してなかった色々なモノを購入しました。

スコヤ、丸ノコ定規、2x4定規、ついでにメジャーを新調(;^ω^)

【DIY】ニス塗りをしてみた@小屋作り

詳しくは、前記事にて紹介してます。他にも色々買ったけんども。

時間が割けないので、出来るだけシンプルで丈夫なものを目指します。そう、芋継ぎばかりでは腕が上がりません。

ホゾ組みに挑戦です。角ノミは持ってないので、それもシンプルなやつですけども。

P1010668

まずは、2x4のカットです。

丸ノコ定規のお陰で、本当に本当に・・垂直で切断できます・・。

超ぅ~気持ちいい!!

ですが、タジマのこの製品、おいらの持っている日立丸ノコに当ってしまいスライドできません。

丸ノコを若干浮か(調整)して、事無きをえました(一番深い調整だと当たる)

2x4材の、両端木口のギザギザを無くすため、2mmほどカット。うほーツルツルです。

P1010669

さて、罫書(ケガキ)です。

2x4定規がすんげー便利、ただのプラスティック製品に、600円出したかいもありますw

エンピツで印を付けてますが、これで1mm位のズレが出ちゃうので、自分は、線引した後、不要な(カット)方向部分に、「バツ印」や矢印などを付けて、印の付いた方を加工してます。

1mm部分は、ノミや金ヤスリなどで手作業で調整してます。

P1010670

丸ノコでザクッとカットしまして。

余った部分は(ノコが丸いので)、ジグソーでカットしました。

んで、中心辺りに、10mmドリルで貫通させます。

貫通側で木割れが発生するので、余裕を持って穴を開ける(5mmくらい)

P1010671

んで、この穴に、ジグソーを差し込んでぇ・・。

カットぉ!!

ジグソーの精度は期待を裏切ってくれるので、余裕を持ってカットします。


P1010672

こんな感じで、適当にカットします。

残った部分、5mm位は、ノミや金ヤスリで手作業で調整していきます。

両端には既に、ノコで切れ目が入ってるので、加工が楽です。

水平に加工できるように、余った2x4材の端材があると便利です。

人間の目には、水平・垂直に見えても、現実はそうじゃないのです。

P1010673

もう真っ暗ですが・・(;^ω^)

綺麗に加工できました。

あと、0.1mmッ!!の時の金ヤスリ先輩の威力はパないです。

こんなホゾ穴を、4箇所作りましたが、ほんの1~2時間で出来たので、良いんじゃないでしょうか。

8割が、ノミや金ヤスリで水平に垂直に加工する工程です。

ボール盤じゃ大げさ、トリマーでは近所迷惑、という方に。

AmazonのDIY・工具カテゴリ

今回加工したのは、扉のフレームに当たる部分で、これを、「6mmタボ+90mmコーススレッド+接着剤」で接合します。