「free」タグアーカイブ

【game】RTSゲーのスタクラ1無料配布だーよ

sc20170420000044リアルタイムストラテジーのジャンルを、大きく前進させた(というか、他を駆逐した)あの、スタクラ初代が無料でゲットできます。

Bllizardショップでも、無料となってますね。

※StarCraft Anthology

つい先程、ダウンロードが終わりました。サイズは1GB超え。光で、1時間程掛かりました(速度5~10Mbps位だった)

BROOD WARは、大型DLCなのですが、こちらも無料で、自動的に適用されてるようです。

sc20170420000650しかし、懐かしい・・。

(;^ω^)

中央の女性・・、元々は人間だったんですよ。現行スタクラ2でも現役バリバリです。

この画面の後は、あのイントロビデオが流れます。

当時そのままなので、画質はPS1並のあの感じ。

sc20170420001011何もかも全てが懐かしい・・。

(;^ω^)

マルチプレーヤー」で、バトルネット(又はLAN接続)に接続できます。

ただ、初めての起動時は、OSのファイヤーウォールで弾かれてエラーになるので、一度終了して再度起動すると、OSの設定ウィンドウが出るのでOK/許可を押します(Firewall Whitelistに登録するぅ?とゲーム内で聞かれます)

※公式では、初回管理者モードで起動するように案内されてます

sc20170420001615すると、世界に5つあるサーバを選んで、ユーザー登録を行います。

日本なら、なぜかUSサーバの方が速い。韓国サーバもありますが、案の定、反日という差別だらけの環境なので要注意。

まず、ほとんどのワードは使われてるので、数字や記号を入れるしかありません。

昔使ってたアカウントはなんだっけな・・。多分、まだ使えるはず。

(;^ω^)・・だが、忘れた。

私が記憶してるスタクラ1は、チートや嫌がらせ行為に溢れてました。こういうのは無くなったのかな(どこでもNUKEとか、どこでも見れるとか)

StarCraft2の操作に慣れてしまうと、グルーピング制限や行動予約が出来ないとか、同じRTSとはいえ、ストレスが溜まりそう・・です。

未だにプレーし続けてる廃人(仙人)プレーヤーも居るそうですw

https://starcraft.com/ja-jp/ (ページは、今年夏発売予定のスタクラ・リマスターの説明になってます)

Battlenetにアカウントが無くてもダウンロードが出来るようです(セットアップ用プログラムは3Mです)

sc20170420003604スタクラ1を(RTS含め)初めてプレーする方なら。

一度、チュートリアルにもなるキャンペーン(1人モード)をプレーしておくと、良いでしょう。

種族毎に、どんなユニットがあって、どんな攻撃手段・能力があるのか、大体掴めます。

・・と同時に、(操作速度向上のために)キーバインドや、内政(資源回収と生産調整)の具合も念頭に入れてれば、OKでしょう。

これを踏み台にして、ぜひともスタクラ2人口が増えればええと思ってるんですけども・・(;^ω^)

【game】OriginでMassEffect2が無料でもらえる

sc20170107052915コンシューマ機にも発売された、宇宙をテーマにしたMassEffectシリーズの”2”がなんと無料で配布されてます!

しかもDLC込み。

去年にも同様のニュースが”一瞬だけ”流れたんですが、無料配布されず(リーク情報だったらしい)、これが今現在行われてるといった状況らしい。

容量は、全コンテンツ込みで12GBというサイズです(めっちゃデカイ)

若干古いタイトルなのですが、普通に公式で購入すると1600円位のものです。せっかくなら、MassEffect1とかも無料にして欲しかった・・とか。

(;^ω^)

Originクライアントからダウンロードできます。

sc201701070537413月発売の新作MassEffect Andromedaの宣伝も兼ねてるのでしょう。

この世界観が気に入ったら考慮に入れてみたいですね。SF系のタイトルって意外に少ないし。


【地図】完全無料のオープンストリートマップ

sc20140723165603

地図といえば、Googleマップが代表的なサービスとなりますが、「オープンストリートマップ」なる、完全無料の地図サービスがあります。

http://www.openstreetmap.org/

一部の安価なカーナビ等でも採用され始めてます。

その名の通り、ユーザーが地図を更新しているという点、もちろん地域ごとに格差はありますが、更新により、Googleマップよりも最新という場合もあります。

海外発のプロジェクトですが、ざっと見たところ、日本全国(小さな道も含めて)全て網羅しているようです。

私の住んでいる地域(地方)に関しては、若干精度が悪いようですけど。道もちょっと少ない。

sc20140723170310

これは、山形市駅前です。

主要な道路は全て網羅しているようですが、ちょっと大雑把です。

一方通行の記載も一部のようです。

また、GoogleマップやYahoo地図には、詳細地図も含まれていますが、オープンストリートマップには詳細地図はありません。

まぁ・・こればかりは無理でしょうけどね(;´Д`)ゼンリンだけが所有するデータなので。

しかしまぁ・・、これだけのデータがあれば、目的地に移動するという点においては必要十分なシロモノです。

sc20140723170815

参加してみたいぞ!!

と思った方は、ぜひともこちらのページを読んでみてください。

分かり易いです。

http://sourceforge.jp/magazine/09/01/30/0132254

そんなに難しくないようです。

地図業者さんが、冷や汗流しているのが見えます。これも時代でしょうかw

sc20140723171157

また、Googleマップの収入源のひとつ「API」です。

サイト上で、Google地図を利用してる場合があるでしょう。あれです。

オープンストリートマップは、これに該当するAPIも、無料で提供してる訳です。

http://openstreetmap.piyolab.net/