「iot」タグアーカイブ

【IOT】ラズパイ3A+の消費電力ッ!

image

先日発表されたRaspberryPi3 ModelA+まだ、日本では発売されておりませんが(糞技適の性)、海外のサイトで最も気になる消費電力の記事があったのでご紹介。

How Much Power does Raspberry Pi 3A+ plus Use?

総じて、3~4割低減といった感じのようです。

CPU周辺スペックはラズパイ3B+と同等で、Giga-LAN無し・USBハブ無し、メモリ512MBの違いで、どこらへんまで低減するのか気になってましたが、まぁまぁ想定通りな結果です。

アイドル時240mA、ロード時470mA、フルHD動画280-350mAとなってます。

負荷時でも500mA(2.5W)超えない辺りが、どんなモバイルバッテリーや5Vアダプタでも動作してくれそうな感じです。

参考:ラズパイZero-W、アイドル時120mA、ロード時160mA

ModelB+までの機能は不要で、オーディジャックが欲しいとかなら、このModelA+が選択肢に入ります(このすぐ下にZero/Wがあるので)

image

このグラフだけ見ると、ラズパイ2や初代ラズパイ3電力成績がなかなか良さげに見えます(最大ロード時でも350mA超えない)

※Wifiの電力分がここに現れてるんでしょうか

image

現行ModelA+はKSYにて、2970円の価格なので、これと同じ価格か、若干乗っけた辺りで販売されるんでしょうね。

外国為替がしばらく円高気味なので、その辺を考慮してくれればいいんですけどねぇ。。

【IOT】ラズパイ3Type A+登場ぉぉ

image

初代Raspberry Pi Model A+から、だーいぶ間が空きましたが、(いつもの)突然の新型リリース発表です。

価格は、現行Model A+と同じだそうで、ざっとリニューアルされるイメージでしょうか。

CPUチップ周辺は、現行ラズパイ3とまったく同じ、RAMだけ半減の512MB。無線LAN(11acデュアルバンド)搭載

Raspberry Pi Zero Wと被り気味な気がしなくもないですが、高スペックが欲しい、オーディオジャック、一般サイズのHDMIとUSBに利点を感じるなら、TypeA+になります。

512MBのRAMである以上、GUI/X環境を楽しむのは難しい。

専用サーバ用途なら、ピッタリかな・・と。

有線LAN無し、USBハブパワーの分だけ、電流はかなり低めで動作してくれると思う(レビュー待ち)

既に世界では発売されてるのですが、日本ではもう数ヶ月待つことになります(技適の仕事が超遅い)

【ら】ラズパイで各種ストレージ速度比較

image

こちらの海外サイトで、ラズパイで利用できるストレージ毎にベンチを計測したようです(Raspberry Pi 3 B+)

Raspberry Pi 3B+ MicroSD / SSD Speed Benchmarks

SDカードスロットか、USB2.0しか無いわけですが、想像通り、USB経由のSSDが最も高速のようです。

とはいえ、USB2.0の足カセか、35MB/sとなってしまうようです。

(;^ω^)一昔前のNASですか?

USBフラッシュは、最も遅く5MB/s、次に、MicroSDで、10-20MB/S。

SanDiskの高速製品でも、16MS/s程度のよう。

最近、SSDの価格下落ぶりから、あえてUSBフラッシュやSDメモリを選ぶ必要性はなくなりましたね。

SSD 32GBなら2000円程度で買えちゃう・・。