「linux」タグアーカイブ

【ま】サーバが稀に落ちるのでMySQL見直し

image

このサーバってのは、これ、ブログを置いてるサーバです。

さくらインターネットさんのVPSをお借りしてるんですが、これが、稀にサーバ丸ごと落ちてたりします。

正確には、IOPS制限を食らって、うちのサーバだけ停止させられてる。

おまえ、ディスク使いすぎやッm9( ゚д゚)

image

さくらVPSでは、管理パネルでグラフ化されたリソース稼働状況を見ることができます。

IOPS制限を食らってる時は、ほんとに、diskIOグラフがとんでもない事になってました(スクショ失念)

同時間帯のCPUやトラフィックは変化無かったので、何かしらでディスクアクセスしまくってる状況。

だが、しかし、このサーバ、ほぼWordPressしか動いてないんです。

なんとかしなきゃ・・とは思いつつ、数年の時が経ってしまった。

(;^ω^)・・・

先日、丁度、サーバにインしてる時に、IOPS制限待ったなし状態のサーバ激重に遭遇、これはラッキーと思い、原因を突き止めました。

キー入力すら数秒待たされる激重状態です。

あまりに激重なので、調査を中断・・。

(;´∀`)

ぐぐってみると、同じ様な境遇の方も多く、メモリが少なすぎるがための原因らしい(1GBプラン)確かに、その辺はデフォのまんまでずーと運用してた。ここらで見直そう(おせーよ)

ps aux

確かに、MySQLがガバっとメモリを消費してるのが分かる。

MySQL側、WordPressだけだし、接続数やキャッシュ周りを限りなく小さく。

/etc/my.cnf(MySQL)

まったくのデフォ状態だった設定ファイルに、一個づつ登録(設定値は割愛)メモリ全体の16%位(アイドル時)

Apache側、これもほぼデフォだった。無駄な部分を削除して、なるだけメモリを消費しないように。

/etc/apache2/apache2.conf

幸いアクセス数も伸びて来たので、若干、待受を大きくして、KeepAliveを少なめに。メモリ全体の10%位(アイドル時)

WordPress側では、無駄なウィジットとかを削除、モバイルファースト時代だもんねぇ・・。

image

vmstatで、しばらくサーバのリソースを流して、スワップが起きてないかを確認。

お・・そういえば、Arma3サーバもMySQLが動いてたな。あちらは、メモリが大量なので、ごりっと設定すればええ訳ですね。

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その64

【さ】Pythonのpipが入らない@古システム

image

追記:別の方法でやっとできた

追記:いや、解決してなかった

Pythonライブラリのインストールに欠かせないpipですが、古い環境だと、手動で入れなければならない。

※3.4から標準添付になってる

私が入れようと思ったサーバは、かなり古いDebianシステムで、無論pipなんて入ってないし、Python2だけ入ってた。

試行錯誤の末、なんだかんだで、気付いたら入ってた・・。

(;´Д`)

なので、参考程度に。

まずはPython3のインストール。以降、Python2も同居してる状態なので、コマンドの後ろに”3″が付いてるものを利用する。

apt-get install python3

pipが入ってなかったので、黙ってaptでゲット。

apt-get install python3-pip

・・が、古すぎるのか、うまく動作しない(pip3.2)

※ライブラリsearchはOK、インストールができない

get-pip.pyで手動で最新版pipを入れる事ができるそうなので、試してみる。

wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py

python3 get-pip.py

気持ち悪いので、aptの方は削除

apt-get remove python3-pip

でも、出来ない。

嫌気が差してきたので、Python3系の必要そうなパッケージを入れてみる。

apt-get install python3-setuptools

apt-get install python3-distutils

でも出来ない。

easy_installというPythinのツールが利用できるようになったので、これでインストールしてみる。

easy_install3 pip3

でも出来ない。

ふっと、pip3.7というコマンドが見つけたので試してみる。

pip3.7 install ライブラリ名

(゚∀゚)ノ 出来たッ!

・・・という顛末です。いつのタイミングでpip3.7が出来上がったのか知りません。この手順のどこかです。

んでわ、よき毒蛇ライフを。

追記:いや、解決してなかった

否、解決してなかった。

名前がpip3とかpip3.7なんて名前だったが、2.7を指してた。

apt-get install python3-pipで入るのは、pip-3.2ですが、古いバージョンで使えない。ただ、こちらは、Python3を指してた。

追記:別の方法でできた

あれから、別日に試行錯誤したんですが、どーしてもpip3が入ってくれません。

あげく、Python2を指してるはずのpipも壊れてしまいました(versionもlistもエラー表示)

pip3にはじめ、pip3.2、pip3.7、pip-3.2と訳の分からないpipを増産させてしまったようです。いずれも動かない。

get-pip.pyもバージョンによって、挙動がまるで違います。まぁ・・どれも駄目でしたが。

(;´Д`)

運用中”のサーバOSを最新までアップグレードしなきゃならんか?ともよぎりましたが・・。

pipじゃなくてもライブラリはインスコできるはず・・と。

easy_install3でやってみたら、出来ました。

唯一の問題は、ヘルプを見ても、ライブラリを削除する方法が分からない。

今どきのPython環境なら、こんな苦労はせずにイケるんでしょうけど、超古いサーバ環境(Debian)でのお話でした。

【game】Linux版SteamでWindowsゲームがサポート!?

sc20180822154711まだベータ版だし、ニッチ市場なので、両手を挙げて喜ぶにはまだ早そうですが・・

公式ニュース

SteamのLinuxクライアントにて、一部のWindowsタイトルの動作サポートがされるかも・・しれません。

Valkan APIで構築されたものに限定されるようです。

※DirectXに似たオープンな3D技術(競合)、Doom等で利用されてる

公式からのピーコですが、これだけのタイトルがベータ版で動作確認されてるようです。有名タイトルも多い。

気になるパフォーマンスでも、Windowsと同等レベルと断言してます。

中身は、Wineテクノロジを利用してるようですが、Wineよりも速いと言ってる辺り、カスタムしてるのかもしれない。

直接お金にならなそうな分野ですが(現状ではLinuxガチユーザーが進んでSteamゲームをやらない)、Steamさんも頑張っておいでです。

sc20180822155914LinuxベースのSteam OSを乗っけたPCは既に発売されてましたが・・。

案の定・・という結果。

Windowsライセンス料を払わずとも、PCゲーミングが楽しめる時代はやってくるのか。期待して待ちたい。