「linux」タグアーカイブ

【iot】やっと日本でもラズパイ3B+取扱開始

sc20180615140237やっと、ラズパイ3B+の公式代理店のKSYで、発売が開始されました。

税込4860円のようです。

円安とも円高とも言えない微妙な為替状況ですが、思いの外安めでしたね。

ただし、まだ予約販売の扱いです(6/29発送)

CPUは200Mhz向上、GigabitLAN対応、Wifiで5Ghz帯・11ac(433Mbps)対応と今時にスペックアップしてます。

基本的な構造に変更はありませんが・・。

CPUパッケージのサイズに変更があるので、ケースによっては干渉するようです(また、CPU上の小さな穴を塞いでは駄目なようです)

発熱もラズパイ3以上にありそうですので、ファンでの空冷が必要な印象です。

sc20180615155021ラズパイで使える周辺機器も、以前よりはだいぶ豊富になりました。

ラズパイ本体サイズと同じ、3.5インチHDMIモニターとか。

中華製ですが2980円で、売れまくってる。

(;´∀`)

解像度は480*320なので、期待しちゃいけませんが。多分、初期時代のスマホ用のモノなんでしょうね。

sc20180615155319ラズパイで、電子工作をスタディーする際に、ほとんどがセットになったこれも、売れてるようです。

2499円(6/15現在)

AD変換も付いてるのがキモです。

デジタルI/Oしかないラズパイでも、各種センサーで楽しめます。

まぁ・・中華品質なので、ここまで安価です。普通、近場に電子パーツ屋さんとか無いもんね。あっても、入りにくいw

自分もこれのArduino版のモノ買いましたね・・。

(;^ω^)

sc20180615155713純正カメラだと、4000円近いんですが、中華品質になると・・

1380円(6/15現在)

写せればええねん、なら、これの一択です。

※純正のV2カメラだと、SONY裏面反射CMOS800万画素です

USBカメラでも利用できますが、カメラモジュール型だと、電源に気を回さなくてもOKです。

※USBカメラだと、5V500mA近く必要

sc20180615160106一部のマニアは、ラズパイを高級オーディオ機として利用してるようなんです。

まぁ・・楽しみ方は自由です。

(;´Д`)

オカルトや・・

sc20180615160339ラズパイに限ったパーツではありませんが、こういったモノを使って、100V電源のコントロールとか。

リレーですね。

これは、600円(6/15現在)

IOT生活を垣間見る事ができます。

どんだけ信用して良いか分かりませんが、AC250V10Aも流せます。

sc20180615161228これもラズパイ関連の商品なんですよね。

これ、海外版のスーパーファミコンに似せたケース(SNES)

ご察しの通り、小さなサイズでパワフルなので、ゲーム機エミュレータとしても、人気なのです。

※さすがにNintendo64は厳しいようです

RetroPieという専用OSも有るくらいですもん。

この辺のやつは、ご利用には注意くださいね(著作権)

【pc】古Sambaにアクセス出来ないエラー

sc20180611215559初代ラズパイを時報&Sambaサーバとして、利用し続けていましたが、いつからかネットワークから見えなくなってました。

アップデートもしてないし、それなりに古い状態です。

Version3.6.6でした。

※現在は、4.5.12のようです(;^ω^)

スマホからの受け渡し程度の利用やったので、そのまま放置してました。

(;´∀`)

ログを見ると以下のようにエラー丼ぶりです。

smbd/server.c:578(smbd_open_one_socket)
  smbd_open_once_socket: open_socket_in: アドレスファミリはプロトコルによってサ ポートされていません

printing/print_standard.c:68(std_pcap_cache_reload)
  Unable to open printcap file /etc/printcap for read!

ラズパイを初期化してやりたい衝動を堪えつつ、ファイルを救出しなければなりません。ネットから、諸先輩方の情報を頼りにすすめていきます。

こんな状態です。

他PC(Windows)から、まったく見えない

SSHでアクセスできる

smbclientで自分自身にアクセスできる(正常に動いてる)

日本Sambaユーザー会の詳しいトラブル解決方法です。

Sambaが動作しないときの診断方法

なにかが、おかしい。何が原因か特定できません・・。

(;´Д`)

プリンタは利用してないんですが、CUPS関連を取り除きます。

load printers = no

printing = bsd

printcap name = /dev/null

途方に暮れだした頃、ここの記事を見つけました。

Windows 10でNASが見えなくなりSambaを有効化して解決

sc20180611220919ほう・・なるほど。

(゚∀゚)!

Windows10のある時を堺に、ある更新が入ったようなのです。

SMBv1プロトコルが無効になったという事らしい。

※Creators Updateの頃らしい、セキュリティの関連

んでは、一時的に、SMBv1を有効にして、ファイルを救出しましょう。

sc20180611221153設定から「アプリと機能」「プログラムと機能」で、このウィンドウを出します。

※「アプリと機能」の右側か、下の方にあります

そして、ここから、「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

sc20180611221443ここのチェックが無いと思いますが、ここにチェックを付けます。

PCの再起動が必要です。

・・・すると。

あら不思議、ネットワーク上に見えるようになり、アクセスできるようになりました。

( ^ω^ )

セキュリティ的な施策なので、ファイル救出後は、チェックを元に戻して、後はサーバ側を更新しましょう。

この更新時は、企業システム管理者さん四苦八苦してたんじゃないだろうか。古いPCもあるだろうし。

(;^ω^)

【pc】放置してたラズパイ2をイジる

P_20180610_195554追記:モバイルバッテリーで24H後

何かに使えるかもと、結局しまいっぱなしだったラズパイ2

もうすぐラズパイ3+が市場に本格的に流れる時期ですけども。

(;´∀`)

まだ、何かに使えるかも・・と、再セットアップしました。

ちなみに初代ラズパイは、時報&ファイル置き場(Samba)として、365日24時間稼働してくれてる。

※ソーラー発電で駆動してるので、電気代はゼロなのだ

P_20180610_1954382018/4が最新のバージョンのようです。

公式から落とすと、凄い時間が掛かるので、ここで紹介してるように、いつものJaist.ac.jp北陸先端技術大様からダウンロード(1.4GB)

ありがたや~

ラズパイ初期の頃は、ごちゃごちゃしてたんですが、だいぶスッキリしてます。

必要なモノは後から入れろというコンセプトになったようです。

P_20180610_195506んで、なぜ使わなくなったか、というと動作が不安定からなのです。

(;´∀`)

公式でも言う通り、電流が2Aは流せる電源が必要なのです。

だがしかし、私は、ソーラーで蓄電したものから供給したいのです。

アイドル状態では、約5V 270mAで、1.5W程度で動作してます。凄い時代です。これで、ちゃんとパソコンしてるんですもん。

今は、Ankerのモバイルバッテリー(20000mAh)で駆動させてますが、やはりこれでも、まれに電流不足に陥ります(特にブート時)

※不足時に画面右上に、稲妻マークが表示される

シャットダウン後は、60mAです。これ、なんとかならんかねぇ。

sc20180610201019ラズパイ3は、ラズパイ2の約1.5倍位速くて・・・

ラズパイ3+は、さらに200Mhzクロックアップされてるんです。

気になります。

・・が、さすがに1.5Wでは動かないだろうなぁ。

ちなみに、ラズパイ3+では、ブートをUSBからも行えるようです。つまり、USB-SSDストレージベースにできちゃう訳です。

ラズパイZeroだと、100mAhで動作するそうなので、消費電力0.5Wという驚異の数字です。速度は、初代ラズパイ程度なので、GUIというよりもコンソールベースになるんじゃないだろうか。

※ラズパイZero Wでも、3Vで条件付きで駆動するみたい(なんてこった)

※ラズパイZeroは、代理店のKSYが最も安いです。常に在庫ゼロですけど・・

追記:モバイルバッテリーで24H後

Ankerのモバイルバッテリーで、24時間経過後、如何ほどまでに減っているかのご報告です。

約50%

実際は電流計を間に挟んでるので、これの分を差し引く必要があるでしょうけども。

HDMI出力無し、低負荷状態、USBには何も挿して無い、有線LANの状態です。

充電時も出力可能なモバイルバッテリーがあれば、完全電気代ゼロで運用も可能です。

手持ちに8000mAhのモノ(PQI製)ならあるんだけど、容量に不安。

(;´Д`)