「linux」タグアーカイブ

【game】LinuxでWin版ゲームが出来る?Lutris

image

LinuxでPCゲームを楽しもうという涙ぐましい努力が、今なお続けられていますが。

Linuxで、Windowsゲームタイトルのセットアップを手助けしてくれるソフトウェアLutrisというのがあるらしい(もちろん、この場合はWineの設定)

Lutris

公式サイトでは、動作確認しているゲームタイトルを調べる事ができる。

image

これには人手が必要なので、マニアックなタイトルや新作は残念ながら掲載されにくい。

image

Skyrimなどは、「Platinum・・」と書かれてる様に、完全に動作する事が確認されてます。

UbunutuやDebian、Fedoraなど主要なディストリは全てで動作するようで、インストールの仕方はここ

BTOや自作PCを買って、PCゲーミングをされる方もいるかと思いますが、Windows10の購入費用(15000円?)が、丸っと浮かす事ができる訳です。

1ランク上のビデオカードにだって出来る・・かも、しれない。

(;^ω^)

【Linux】Ubuntu18.04LTSサポート期間が10年に延長!凄い

image

先日のドイツ・ベルリンで行われたOpenStack Summitにて、Ubutnu18.04LTSのサポートが5年から10年に延長された事が報告されました。

長期間利用する業務用サーバなどで、なかなかUbuntuを採用されない理由の一つとして、5年という短さではないかと思います。

作り上げたシステムを、5年毎に入れ替えるのは、結構なリスクと費用が掛かります。

これにより、2028年までUbuntu18.04LTSが安心して利用できますし、他ディストリビューション(Debian/CentOSなど)と比較して十分に検討に値する形になりました。

【IOT】ラズパイ3Type A+登場ぉぉ

image

初代Raspberry Pi Model A+から、だーいぶ間が空きましたが、(いつもの)突然の新型リリース発表です。

価格は、現行Model A+と同じだそうで、ざっとリニューアルされるイメージでしょうか。

CPUチップ周辺は、現行ラズパイ3とまったく同じ、RAMだけ半減の512MB。無線LAN(11acデュアルバンド)搭載

Raspberry Pi Zero Wと被り気味な気がしなくもないですが、高スペックが欲しい、オーディオジャック、一般サイズのHDMIとUSBに利点を感じるなら、TypeA+になります。

512MBのRAMである以上、GUI/X環境を楽しむのは難しい。

専用サーバ用途なら、ピッタリかな・・と。

有線LAN無し、USBハブパワーの分だけ、電流はかなり低めで動作してくれると思う(レビュー待ち)

既に世界では発売されてるのですが、日本ではもう数ヶ月待つことになります(技適の仕事が超遅い)