「microsoft」タグアーカイブ

【こ】VisualStudio Codeを日本語にする

image

テキストエディタ界隈では、なかなかにVScodeのシェアが広がってきているようで、インスコしてみる(マイクロソフトのオープンソースの、かなり高機能なテキストエディタ)

https://code.visualstudio.com/

・・が、英語インターフェースなのである。

英語のまんまでも利用できますが、ソフトって、最初のとっつきが大事じゃないですか・・。

(;´∀`)

んで、日本語化の手順を(2018/10現在)

image

起動したら、画面左の四角風アイコンをクリックします(拡張機能)

そしたら、検索で”japan”と入力します。すると・・

Japanese Language Pack for VisualStudio Code”というのが出てくると思います。

これをインストールします(右下のインストールボタン)

※まりがとう・・日本人の誰かが作った成果物です

そしたら、上部のメニューから以下を選択します。

View>Command Palette>Configure Display Language

image

すると、何かのファイルが開かれます(locale.json)

“en”となってるところを、”ja”に書き換えて、上書き保存(File>Save)します。

これで終了です。後は、一度、VScodeを終了して、起動し直してみてください。

これでとっつき易くなったはずw

【pc】オフィス互換のLibreOfficeについて歓喜

sc20130531133557

もう5年位前に、マイクロソフト製Office2003から、オフィススイーツを、「OpenOffice.org」に移行しました。

無くてはならない常用ソフトウェアとなっています。

いまMS謹製のものは、「Office13」だそうです。

そういえば、導入当初は、使い勝手が結構違っていて、慣れるのに多少苦労したけども、ファイルの受け渡しで問題が起こった事は、一度もありませんでした。

まぁ・・、主にWordやExcel、PowerPointの文書ファイルだけですので、マクロでガチガチに書かれたものだと、いまでもダメなんでしょうけど。

sc20130531134230

今では、政治的な関係で、「LibreOffice」(主流の方)と名称が変わりましたが、いまでも脈々とバージョン更新がされています。

これが、完全に無料ソフトウェアで、タダで手に入ってしまうのですから、素晴らしい(;´Д`)

MSのOffice13は、OEM版でさえ15000円しますし、パッケージ版なら3万円です。

これが企業での導入となると、軽く数千万もの導入費用となるワケですよ。

これが、タダとなるんですよ。なぜに、導入しないのだ(゚д゚)ノ

まぁ・・正しくは、導入時の人件費とか、教育費のみ、ですかね。

sc20130531134812

JA福岡とか会津若松市など、既にLibreOffice導入してます。

やってるところはやってる。

出入りしてるIT業者さんの言いなりになってませんか?

タダですよ、タダ。

面倒な事は、情報部門に任せて、導入に踏み切ったらどうでしょうね。

LibreOffice
http://ja.libreoffice.org/

このソフトウェアを開発してる人たちは、見返りを求めてません。それが、オープンソース。使ってくれるだけで、いいんですよ。ただ、寄付は募ってますけどね(;´Д`)

【pc】いつの間にか.Netのロゴが変わってたのね

 20110807023716

気づいたらロゴが変わってた。

ぐぐってみたら、2008年じゃないですか。

 

20110807023600

Expression Encorder正規版持ってるんですが、インストールが面倒なので、無料版をダウンロードしてたら気づいた。

とは、いいつつ、前のロゴってどんなだっけ?