「ndivia」タグアーカイブ

【pc】GeForce650 Ti BOOST/2GBが届いたぉ

NCM_0048

追記あり:

本日届きました。

GF-GTX650TiBoost-E2GHD

”ほぼ・・GF660”の、GF650 Ti BOOSTです。Radeon 7790と最後まで悩みましたが、同じ価格なら、高性能の方がいいや・・と、こいつです。

玄人志向のこのロゴって、今でも同じなんだ・・

早速、開封。

NCM_0049

NCM_0050

 

 

 

 

 

中身はこんな。6pin補助ケーブルとCDのみ。マニュアルは、玄人志向共通のものらしい。本体には、フィルムが貼られています。

う・・・む、厨二病全開なデザインですなぁ・・(;・∀・)内蔵するんで、どーでもええけど・・。

NCM_0051

裏面はこんなです。

一応、撮っておきました。

 

 

 

NCM_0052

NCM_0053

 

 

 

 

 

さてと、HP Pavilion Eliteを御開帳。こちらがGF550 Tiです。ホコリがほとんど付着してない事に気づく。ゲーム用途なので、利用時間が大してないのが原因かもです。

NCM_0054

NCM_0055

 

 

 

 

 

んで、新カードを入れた所で、発覚・・(´;ω;`)

この横の鉄フレームが、補助電源端子と干渉するでやんのww(詳しくは、ビデオカードを押さえる部品)干渉する部分は、3箇所移動できるようなんですが、いずれも干渉・・・。

ネジ止めが出来ないものの、一応固定は出来たので、なんとかこれで運用。

メーカー製PCは、カード長さだけじゃなくて、この辺とかも気をつけないとダメっすな

キャプチャ

キャプチャ1

 

ベンチ結果、Windows7のインデックスですが、7.4から7.9(最大:計測不可)へ。Win8なら正確な数字が出るのでしょう。

CPU(i7-2600)とメモリ(DDR3 12GB)が足を引っ張ってしまってる数字になってしまった。

sc20130908192740

ドラクエ10ベンチも試してみました。

9200程度、快適に遊べるそうです。やんないけど。

フルHD、最高画質で調査

よっぽどの事が無い限り、普通に遊べるでしょう。

んで、こちらのGF-GTX650TiBoost-E2GHDは、1ファンのみなので、長時間ゲーム運用での発熱の具合です。

必要なら、ケースファンを増設しないといけないかもしれない。

GeForce650のようで、GeForce660な、このGF660 Ti BOOST。どうでしょう。

追記:

sc20130909215524重いと言われる、バイオハザード6ベンチを実行してみた。スコアは、6200辺り(フルHD、全て”高”)、FPSは、ギリギリ30fpsをキープしてるかなぁ・・という感じでした。

目立ったコマ落ちは無かったので、ギリギリとはいえ、フルHD+高画質でプレーできるようですね。

ベンチ実行の最高温度は、61度(室温24度)のようです。なんとかなるかな。

追記:

sc20130909215705

毎晩お世話になってるStarCraft2(RTS)もやってみました。

GF550Tiでも普通にFPS60出てるので、変化は感じないんですけども。

せっかくなので、フルHD、最高画質設定(アンチエイリアス有)にしても、FPS60にビッタリ張り付いてました。

まぁ・・エフェクト関係ONにすると見辛くなるので、あえてOFFにしてるんですけどね。

消費電力ですが、GF550Tiとほぼ同じでした。ゲーム中は150W近辺をウロウロです。スペックが上がっても、同じ消費電力って事ですね。

気のせいかもしれませんが、アイドル時は、気持ち(10W)程度下がったように思えます。

【pc】ビデオカードの目からウロコの省エネ対策

sc20121225171005ふっと気づいた事なので、ちゃんと検証してませんけども。。(;・∀・)

PCを新調したので、CPUやチップセット周辺、ビデオカード周りの空冷や電源対策をしながら利用している中での発見でした。

PCスペックは、i5-2400、H67、Radeon HD6850、SSD(詳しくは前エントリー)で、一世代前のパーツが主だってます。

この中でも、ビデオカードのRadeon6850が最も電気食いで、熱も相当なもんです。

ですが、6xxxシリーズからは低負荷時は、クロックを下げてくれるので、(それでも)常用ではまぁ、内蔵ビデオ構成の+20W程度を見越してればいいようです。

んで、モニターとはDVIとHDMI接続(DisplayPortなんてのもありますが)がありますが、これ、なにげに消費電力がそれぞれ違うんですよ。

sc20121225170131

これは、ビデオカードのモニターとして利用してるOC GURUというソフト。

GPUクロックやメモリクロックの推移が分かるんですが、DVIで接続してる状態のアイドルが、300Mhz/300Mhzです。

温度も33度辺りです(現在室温は11度)

驚きだったのが、これがHDMI接続の時です。

GPUクロックこそ同値だったんですが、メモリクロックが1000Mhzが低値で、温度も49度近辺でした。

しかも、HDMI接続してたモニターは、電源OFFだったんです。なにをせずとも、負荷が掛かっているようでした。

HDMIサウンド出力のためのもんなんでしょうか?

んで、モニター1台構成にて、DVIとHDMIで試してみたんですが、やはり同じです。HDMI接続だと、相当に負荷が掛かってるようでした。

どうしても、モニター内蔵のスピーカーを利用したい人は、ともかく、それじゃ無い人は、DVI接続に切り替えた方が良いようです。

消費電力計器が無いので、実質の消費電力は測れませんが、温度の違い(約15度)を見るだけでも相当なもんです。

ここでの検証はRadeonですが、GeForceではまた違った結果になるかもしれませんので、一概に言えませんけどもね(;・∀・)