「.net」タグアーカイブ

【開発】初めてのUWPに便利な文書@無料

image

今どきのWindows開発はUWPなんだってよ。

・・と、私も同調してる輩のひとりで御座います。

(;^ω^)

いつまでもクラシカルでスキルが腐らないLinux界隈が愛おしく思えてしまいますが・・。

次バージョンの.NET Coreでは遂に、全プラットホームでGUIもサポートする予定なんだそうで、あながち、ここいら辺でマイクロソフトへのゴマすりが必要になってきたのかも・・しれません(LinuxのGUIアプリも開発できちゃうなんて)

んで、デスクトップアプリの開発として、UWP(Universal Windows Platform)が(賛否両論あれど)一押しされてる訳で、軽く触れてみたい方も多いハズ。

(;^ω^)

かずきのUWP入門という、388ページにも及ぶドキュメントが無料で公開されてます。

※会員登録するとPDF文書としてダウンロードできます(SlideShare)

しっかりとした内容で、入門書としては素晴らしいデキです。

どちらかというと、完全な初心者向けというよりは、若干でも知識を持ってないと読み進められないかと思います(用語解説などは無いので)

Windows10のEdgeでもPDFは開けますが、事前にAdobe Acrobat Reader DC(無料)をダウンロードしておいた方が良いでしょう(オプションのプログラムのチェックOFFを忘れずに!)

ちなみに、この文書は、Amazon kindle化されていて、販売もされてます。気に入ったら、買ってみても良いかと思います。

自分はWin32SDK時代から入ってるんですが、最近のは、てんでさっぱり。時代の流れを感じます。

(;´Д`)

かずきさんの書籍で、いま話題のXamarin関連のものもあります。クロスプラットフォームっすなぁ。

【net】ISPインターリンク使っての実レビュー

sc20180621102909追記:2018/8/8結果

追記:2018/7/19経路変更

10年近く使い続けたi-revo、激遅過ぎて辞め、ここ、インターリンクに移って、早、3ヶ月。

そろそろ、レビューしても良いでしょう。

固定IPが貰えるISPとしては、i-revoには敵いませんが、インターリンクも安い方です。

IPv4接続のZOOT NEXTプランってのが972円/月、固定IP付けると1296円です。

i-revoよりは、だいぶマシになりましたが、でも、やっぱ遅めです。時間帯によっては、Youtube動画とかAmazonビデオとか、配信低画質になってしまいます。

ウェブ閲覧も、画像の読み込みが見えるレベルにまで落ちます。

ま・・それ位は、良しとしてますが・・。

唯一許せん事がひとつだけあるんですよ。

sc20180621103623毎月に1度、必ず、利用できないレベルにまで激遅になるんです(最悪時は2日間位)

障害情報

には、ちゃんと記載されてます。

原因は必ずこれです。

海外向け一部経路の混雑のため

なんで対策しようとしないの?

作業中”と書いてあるが、実際は何も作業してないでしょ。わかるよ。

今時のネットワークサービスのほとんどは、海外サーバを利用します。実際、利用出来ないとイコールです。

印象的には、特にアメリカ向けの経路が、地獄の様な速度になるようです。

そう・・致命的なのですよ。

海外の良く見に行くウェブサイトが、30分経っても表示されないんですよ。30分ですよ(普段は一瞬で表示される)

改善される事を祈って使い続けてますが、そろそろ限界です。

追記:2018/7/19経路変更

sc20180712171831最近も連続の遅延が続き・・、さすがに我慢できず、サポート(と思われる)所に意見を書いてみた。

※写真:ほぼ連日の遅延

すぐメールで返信があって。

原因は・・

いつもの「WindowsアップロードやiOSアップデート配信が主な原因」だそうです。

そんなの言い訳になってないよ。どこのISPだって同様だろうよ。

(;´Д`)

多分、アップデート日は(上位が)法人向けの帯域を人為的に広げてるような印象です。

んで、7/19に経路変更をするんだそうな(やっとかよ)

国内のほとんどのISP(大手含み)は、”ほぼ”同じいくつかの経路で繋がってるので、この日を堺に低遅延になるかも・・しれないし、変わらないかもしれない。

※インターリンクは、確かNTTC/InfoSphereが上位だったような気がする

以上報告まで。

追記:2018/8/8結果

以前の様に、海外の一部サイトへの実質的”遮断”遅延は、無くなりました。Windowsアップデート時でも、同様です。

かなり・・改善しました。

ピーク時に、若干の遅延を感じるものの、許容範囲ですし、ゲーミングでも特に不便を感じなくなりました。

サポートへの連絡まで行い、解約一歩前まで考えたので、(引っ越しの)面倒がなくなった分助かりました。

結果まで。

【net】CloudFlareが初めたオープンDNS速いかも

sc20180406093100先日のニュースで見掛けたんですが、米CloudFlare社とAPNICがネームサービスを無償公開したようで。

他社よりも高速に、ネットが利用できるらしい。

高速と言っても、回線の方じゃなくて、”名前引き”のところです(ドメインからIPアドレス)

いままで高速といわれてたGoogleの有名な8.8.8.8を利用してましたが、いま変更して、確認してますが・・

確かに若干、速いかも・・?という印象です。

アフィとかの広告がたんまり貼ってあるウェブサイトだと、名前引きだけで相当のアクセスを行ってる訳で、このオーバーヘッドが無くなるだけでも結構なもんだと認識できます。

※(死語)ポータルサイト、ニュースメディア系は良く分かる

ある記事では、Googleが30ms、CloudFlareは半分程度になるそうです。

sc20180406093851ネットワーク(IPv4)プロパティのDNSで簡単に試せます。

※DHCP使ってるならルータ側

1.1.1.1と1.0.0.1だそうです。

(IPv6の方も用意されてる)

なんだか、これもDNSサービス側で、どんなサイトを見ているか?等を収集してる事への反発で初めたサービスなんだとか。

本当かどうかは未知ですが、CloudFlareでは一切のログ収集をしていないそうです(24時間までに削除)

でも、まぁ便利にはなるけども、ネット犯罪への温床にならなければ、と一抹の不安もあります。

(;^ω^)いっそ、国でやればいいのに