「nginx」タグアーカイブ

【VPS】OS刷新&Nginx化他もろもろ変えた

image

追記:ipv6化してみたが・・

追記:やっとhttps化する

当ブログで利用してるVPSサーバのOSの入れ替え及び、ソフトウェアの総取っ替え致しました。

以前に比べ、超速くなってるはずです。

(;^ω^)

このブログは、2011年から”ずぅーと”、さくらVPS(1GB)を借りた状態のまんまで運用してました。

よって、OSはDebian3という古いシロモノ、Webサーバも当時のデフォだったApache、設定はその都度更新はしてましたが、メモリの圧迫具合が酷く、気づくと落ちてるような酷い有様でした。

特にメモリ不足が深刻で、スワップが常時稼働してる感じだった。メモリ消費の原因は、Apache(複数プロセス)ですが、どう足掻いても無理だった。

(;´Д`)

いつか新しくしなきゃ・・」と、今になった訳です。

image

OSは、引き続きDebianを利用。現在はDebian9(Stretch)です。何だかんだ言って、古くてもサポートがあるのは安心(他ディストリだと、長くて5年しか使えない)

※Debianの省メモリ性能にも期待してる

※ちなみに、7/6にDebian10(Buster)が出ちゃう

バックアップを済ませ、VPS管理画面から思い切って、OSを再インストールする。

これが、今回最も緊張した。

深夜に作業するつもりだったけど、眠気に負けそうだったので、アクセスの少なそうな日曜日の午後からにしました。

image

んで、イマドキならNginxというWebサーバが猛威を奮ってて、省メモリ&高速化を図れる。Debianのは古すぎるので、公式から拾ってくる。

設定自体は、すごい簡単だった。設定厨には、物足りなすぎる。

MySQL(実際はMariaDB)とWordpress移行(巨大なファイル)を済ませて、なんとか表示までこぎつけた。

WordPressの移行は、設定というよりも、移行するファイルサイズが巨大過ぎた事が難儀でした(圧縮して丸めても、6GBですもん)

細かなチューニングは、これからですが、既に使用メモリ量に歴然とした結果が出ており驚愕してます。

スワップが発生するどころか、OSキャッシュの方が潤いまくってる状態です。

稼働させなきゃいけないスクリプトがいくつかあるので、それを入れ込んで、実質のメモリ量から、チューニングしていく事になるかと思います。

あとは、ついでなのでHTTPS化もやってみる予定。

image

ハックされても、何も盗まれるものはありませんが、踏み台にされて第三者に迷惑行為をされるとも限りませんので、出来るだけセキュリティを考えます。

以前は、VPN経由でのSambaで管理してましたが、これはもう止める。SSHがあれば何とかなると。パスワードや公開鍵も、新しく更新。

先日、さくらVPSのサーバハードウェア?が更新されたようで、このお陰もあるんですが、期待以上の効果が出たので良かった。

VPSで1GBメモリ運用してるなら、Nginxの一択ですよ。

追記:

image

やはり、導入しておいた方が何かと便利なので、OpenVpnを導入。使う時だけ、有効にしても良いし。

OpenVPNのインストールとセットアップからインターネット接続までのガイドブック

こちらの記事が解りやすかった。Debian9だと、若干内容が異なりましたけど。

無事、σ(゚∀゚ )俺認証による開通を確認しました。

これで、中国国内からも安全にネット接続できるというものです。そんな機会ないだろうけども。

今回OpenVpnは初めて利用しましたが、こんなにも速いのね・・。常用レベルじゃないの。

(;^ω^)今までのは何だったの

メモリも開いてるし、VPN経由のみでSambaでも管理できるようにしておきましょう。

クライアントは、Windows標準だと何だか不安定だし、vpnux Clientを選んでみました。設定分かりやすい。

image

Sambaを導入してみた。VPN経由からで無いと利用できないようにした。これで、ウェブ管理が楽になる。

気になるメモリですが、今の所1GBの3%程度。それなりに消費するようです。

欲しいサーバ系はすべて入れ込み、MySQLにキャッシュ気持ち多めに振った状態ですが、これでも十分にメモリが足りてるようです。

現在、使用メモリ243MB。。まだスワップは発生してない

(;´Д`)まだまだ逝ける

しばらくは、様子を見ながらでしょうけども。

追記:やっとhttps化する

image

長らくhttpのまんまだったのですが、ついでなのでhttps化まで作業しました。

思っていたよりも簡単だったのですが、超古いサイトもあるので、リンクの貼り直しまでやれそうも無いので一部だけと。

てっきりお金が掛かるものと思っていたのですが、Let’s Encryptという無料で利用可能な証明書発行機関があるじゃないの。

気づいたらサービス停止するんじゃ・・と不安は募りますが、ものは試しと利用させて頂きます。3ヶ月毎に更新が必要との事です。

https/443にはなったのですが、まだサイト中身にhttpリンクがあるようで、まだ綺麗な体では御座いません。これはメンドイ

(;´Д`)

追記:ipv6化してみたが・・

ついでもついでなので、ipv6化もしてみた。せっかくドメイン持ってるのに、勿体無いよねぇ。

でも・・、ipv6の回線が無いので、自分で確認できないのよん。

(´;ω;`)

いつか・・、忘れる前に確認しなきゃ・・。

【さ】Nginx&WinでPHPが動かない

image

いままでアパッチ族だったんで、Nginxにはあまり触れた事がなかった。

軽量・高速で、採用例もかなり増えてきたそうで、開発用に導入してみた。

記事にするまでもなく、とても簡単ですが、PHP稼働設定(FastCGI)で引っ掛かった所を。。

image

nginx.confに予め、PHP用の設定がコメント化してあるので、これを全て外す。

FastCGIの受け側を起動する。

start php-cgi.exe -b 127.0.0.1:9000

が、エラーが出てまう。アパッチ族としては、何も考えずPHPが動くものと思い込んでる訳で。

No input file specified.

ファイルが無いと言われてるようです。

原因が分かりました。さっき、nginx.confのコメントを外した部分のここの赤字の部分を、サーバルートパスにすると動作しました。

fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  D:/Server/nginx-1.14.0/html$fastcgi_script_name;

※Windowsの開発環境なのでこんなです。¥じゃなくて”/”なので注意

泥臭いが、これだけが書かれたテスト用PHPファイルを用意して、実行してみる。

<?php phpinfo();?>

image

PHP側の問題である場合もあるらしいので、切り分け作業優先で。