「parts」タグアーカイブ

【PC】Zen2 Ryzen7 3700Xがマジ確認されたぞ

image

海外ですが、韓国の代理店?にてRyzen7 3700XRyzen5 3600Xが確認されたそうです。

海外サイト

もうそろそろ、こんなリークが世界各国から押し寄せられるんではないでしょうか。

現在のリークしたスペック情報はこんなです。本当だったら、凄いんじゃなかろうか・・(価格は現在為替ドル円をそのまま円にしました。ここにASK税が・・)

Ryzen5 3600X

8コア16スレッド・4Ghz・TDP95W・229ドル≒25877円

Ryzen7 3700X

12コア24スレッド・4.2-5.0Ghz・TDP105W・329ドル≒37177円

新Ryzen9が登場予定で、こkれが16コア32スレッドになってしまいます(しかも5.1Ghzまで回る)恐ろしい時代になりました(Ryzen9 3800X・TDP135W・499ドル)

(;^ω^)

3600Xでも十分高スペですよね・・。Intelよりも先に微細化(7nm)が進んでるので、TDPも低めです。

このリーク情報が本当なら・・ね。

多コアが目的でThreadRipper買った人、2度目の涙、必死です(1度目は価格改定)

image

さて・・私もRyzenユーザーの一人ですが、Zen2のCPUが、はたして現行AM4マザーボードと互換性を保ってくれてるのか否か・・。

内部構成が大きく変わってしまってるようなので、心配ではあるんですが、リサスーCEO様を信用して待つしか御座いません。

【pc】SSDが凄い安いッ2980円!空きSATAある?

image

インテルのCPUが手に入らない状況が続く中、SSDの下落が止まらないようです。11/17現在

現在クーポン適用で、5660円が4528円の特価中(Kingston社製240GB 2.5インチSATA3内蔵SSD)

RAID用に2つ購入しても、1万円以下というレベル。

(;・∀・)

SA400S37/240G 4528円

image

120GB帯の最安値だと、このシリコンパワーの製品が、なんと、2980円。下手なUSBメモリより安価じゃなかろうか。

ヽ(;゚д゚)ノ !!ついにここまで

SP120GBSS3S55S25AC 2980円

image

480GBラインでの最安値だと、SanDiskのこれが8412円(Read535MB/s)安心のブランド。

SDSSDA-480G-J26 8412円

DDR4メモリも少しづつではあるが、下落してきてますが、まだまだ高額パーツで有り続けてます。

そう、メモリが安かった、あの時に買い溜めしておけば・・、と誰しもが思ったはず。

SSDも例外じゃないんではないかと思うんですよねぇ。

(;^ω^)

ただ、為替が安定してないので(円高基調ではあるが)、今が本当の買い時かどうかは判断が難しいですね。

image

丁度、ビデオカードを新調しようと画策してるんですが、とっても高いです・・。

たっぷり予算がある方は迷わず、Geforce RTX2080や2070を手に取ればええんですが。やっぱ、2~4万円前後で抑えたい。

ROG-STRIX-RX570-O4G-GAMING 19499円

んで、色んなベンチやレビューを見てくうちに、何かが見えてきたんですよ。

Radeon RX570です。RX580でもなく、570です。

GF1060を若干超える性能で、価格帯は2~3万円帯

先日発売されたRadeon RX590は約4万円、RX580は3~4万円。

※RX590/580はGF1070に届かない

このRX570が非常にコスパがええんです。(低スペだが)4Kでもプレーができる(>GF1060は出来ない)

※GF1050TIは、さらに半分以下のスコア

マイニング需要も落ち着いて、やっと正規のお値段になり、AMD Radeonの人気の無さという負のスパイラルに入ってるからこその、ニッチポイント・・かもしれない。

(;´∀`)・・・

ただ・・ただ・・残念な事に、いま私が常用してるGeforce 970と性能がほぼ同じなので、購入する意味が無いんですよ・・。

(;´Д`)あぅ

【pc】GeForce650 Ti BOOST/2GBが届いたぉ

NCM_0048

追記あり:

本日届きました。

GF-GTX650TiBoost-E2GHD

”ほぼ・・GF660”の、GF650 Ti BOOSTです。Radeon 7790と最後まで悩みましたが、同じ価格なら、高性能の方がいいや・・と、こいつです。

玄人志向のこのロゴって、今でも同じなんだ・・

早速、開封。

NCM_0049

NCM_0050

 

 

 

 

 

中身はこんな。6pin補助ケーブルとCDのみ。マニュアルは、玄人志向共通のものらしい。本体には、フィルムが貼られています。

う・・・む、厨二病全開なデザインですなぁ・・(;・∀・)内蔵するんで、どーでもええけど・・。

NCM_0051

裏面はこんなです。

一応、撮っておきました。

 

 

 

NCM_0052

NCM_0053

 

 

 

 

 

さてと、HP Pavilion Eliteを御開帳。こちらがGF550 Tiです。ホコリがほとんど付着してない事に気づく。ゲーム用途なので、利用時間が大してないのが原因かもです。

NCM_0054

NCM_0055

 

 

 

 

 

んで、新カードを入れた所で、発覚・・(´;ω;`)

この横の鉄フレームが、補助電源端子と干渉するでやんのww(詳しくは、ビデオカードを押さえる部品)干渉する部分は、3箇所移動できるようなんですが、いずれも干渉・・・。

ネジ止めが出来ないものの、一応固定は出来たので、なんとかこれで運用。

メーカー製PCは、カード長さだけじゃなくて、この辺とかも気をつけないとダメっすな

キャプチャ

キャプチャ1

 

ベンチ結果、Windows7のインデックスですが、7.4から7.9(最大:計測不可)へ。Win8なら正確な数字が出るのでしょう。

CPU(i7-2600)とメモリ(DDR3 12GB)が足を引っ張ってしまってる数字になってしまった。

sc20130908192740

ドラクエ10ベンチも試してみました。

9200程度、快適に遊べるそうです。やんないけど。

フルHD、最高画質で調査

よっぽどの事が無い限り、普通に遊べるでしょう。

んで、こちらのGF-GTX650TiBoost-E2GHDは、1ファンのみなので、長時間ゲーム運用での発熱の具合です。

必要なら、ケースファンを増設しないといけないかもしれない。

GeForce650のようで、GeForce660な、このGF660 Ti BOOST。どうでしょう。

追記:

sc20130909215524重いと言われる、バイオハザード6ベンチを実行してみた。スコアは、6200辺り(フルHD、全て”高”)、FPSは、ギリギリ30fpsをキープしてるかなぁ・・という感じでした。

目立ったコマ落ちは無かったので、ギリギリとはいえ、フルHD+高画質でプレーできるようですね。

ベンチ実行の最高温度は、61度(室温24度)のようです。なんとかなるかな。

追記:

sc20130909215705

毎晩お世話になってるStarCraft2(RTS)もやってみました。

GF550Tiでも普通にFPS60出てるので、変化は感じないんですけども。

せっかくなので、フルHD、最高画質設定(アンチエイリアス有)にしても、FPS60にビッタリ張り付いてました。

まぁ・・エフェクト関係ONにすると見辛くなるので、あえてOFFにしてるんですけどね。

消費電力ですが、GF550Tiとほぼ同じでした。ゲーム中は150W近辺をウロウロです。スペックが上がっても、同じ消費電力って事ですね。

気のせいかもしれませんが、アイドル時は、気持ち(10W)程度下がったように思えます。