「server」タグアーカイブ

【pc】古Sambaにアクセス出来ないエラー

sc20180611215559初代ラズパイを時報&Sambaサーバとして、利用し続けていましたが、いつからかネットワークから見えなくなってました。

アップデートもしてないし、それなりに古い状態です。

Version3.6.6でした。

※現在は、4.5.12のようです(;^ω^)

スマホからの受け渡し程度の利用やったので、そのまま放置してました。

(;´∀`)

ログを見ると以下のようにエラー丼ぶりです。

smbd/server.c:578(smbd_open_one_socket)
  smbd_open_once_socket: open_socket_in: アドレスファミリはプロトコルによってサ ポートされていません

printing/print_standard.c:68(std_pcap_cache_reload)
  Unable to open printcap file /etc/printcap for read!

ラズパイを初期化してやりたい衝動を堪えつつ、ファイルを救出しなければなりません。ネットから、諸先輩方の情報を頼りにすすめていきます。

こんな状態です。

他PC(Windows)から、まったく見えない

SSHでアクセスできる

smbclientで自分自身にアクセスできる(正常に動いてる)

日本Sambaユーザー会の詳しいトラブル解決方法です。

Sambaが動作しないときの診断方法

なにかが、おかしい。何が原因か特定できません・・。

(;´Д`)

プリンタは利用してないんですが、CUPS関連を取り除きます。

load printers = no

printing = bsd

printcap name = /dev/null

途方に暮れだした頃、ここの記事を見つけました。

Windows 10でNASが見えなくなりSambaを有効化して解決

sc20180611220919ほう・・なるほど。

(゚∀゚)!

Windows10のある時を堺に、ある更新が入ったようなのです。

SMBv1プロトコルが無効になったという事らしい。

※Creators Updateの頃らしい、セキュリティの関連

んでは、一時的に、SMBv1を有効にして、ファイルを救出しましょう。

sc20180611221153設定から「アプリと機能」「プログラムと機能」で、このウィンドウを出します。

※「アプリと機能」の右側か、下の方にあります

そして、ここから、「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

sc20180611221443ここのチェックが無いと思いますが、ここにチェックを付けます。

PCの再起動が必要です。

・・・すると。

あら不思議、ネットワーク上に見えるようになり、アクセスできるようになりました。

( ^ω^ )

セキュリティ的な施策なので、ファイル救出後は、チェックを元に戻して、後はサーバ側を更新しましょう。

この更新時は、企業システム管理者さん四苦八苦してたんじゃないだろうか。古いPCもあるだろうし。

(;^ω^)

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その57

sc20180605114433追記:エラーが続々・・

先日の日曜日にひっそりとサーバ公開の手はず、だったんですが。

本番Linuxサーバに全ファイルをコピーして、動作確認じゃッ!

という所で、謎のエラーが。。

(;´Д`)

途方に暮れながら、コンテンツの拡充を・・。

地図が無い状態でプレーヤー湧きなので、各地の看板に、地図を配置しようかと思い画像作成。

小さくて見えんだろうけども・・。

(;^ω^)

この右上の字、これペルシャ語?でタキスタンみたいです。多分

※Google翻訳で実在する地名ターキスタンで翻訳

sc20180605114935サーバにインしてくる海外のプレーヤー向けに、ちょっとばかり日本をアピールします。

オリンピックもそろそろですもんね。

(;´∀`)

若干、ふざけすぎな印象も否めませんけどもw

このカオスっぷりも、日本が好まれる理由でもあります。

20180606155238_1難易度は低めがええのか、悩みどころ。


20180606155434_1物価の調整をするべく、普通にトレードしながらプレー。

インフレが進んでる状況を演出したい。

ちなみに、普通のトレーダーで、車両を売れるのか試してみたんですが、駄目みたいでした。自転車を売れたらええかな・・と。

お金を取られただけ・・でした。

(;´Д`)

追記:エラーが続々・・

sc20180613142335ええ??

1.0.3の時は普通に動いてたじゃないかおぉ・・。

。゚(゚´Д`゚)゚。

Warning Message: Addon ‘exilez_mod’ requires addon ‘ryanzombies’

ryanzombies関連でミッションが開始されない。

Zombies_and_Demons MODは導入されてるっぽいんですが、ログを見ても、MODの存在が無いかのように振る舞ってる。

しばらーく、ログと格闘していると。

サーバ起動時のSignature testsの部分(KEYバイナリテスト)に、このMODが記載されてない事に気付く。

んで、久々にEXILEサーバ導入系のドキュメントを漁りつつ、確認していったら、これを見つけた。

sc20180613142833Addons > addons

Keys > keys

(;´Д`)あぅ・・・

Linux特有の大文字小文字やった。

これで、Signature testsが通った。

だけども・・、1.0.3ん時なんで動いたんかが気になって仕方ない。あれから、MOD更新も入ってないし。コピーしただけやし。

sc20180613143211やっと動いた・・と思いきや。

今度は、例のヤツがやって来た。

extDB3

(;´Д`)おまえかよ

以前、凄い苦労した覚えが・・。

手順はここ。1.0.4に更新されてる。

https://github.com/BrettNordin/Exile

ん?Linuxは32bitしかあらへん・・。

sc20180613175300あぁっ・・・・。

駄目だ解決でけへん・・。

泥沼に入ったぞ、これ。

(´;ω;`)

extDB3でも駄目だし、デフォのextDB2でも動かなくなってもうた。

検索しても、Windows版のものだけだし、ヒントさえも見つからない。

原因がまったくわからん。

一度整理しよう。

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その56

sc20180516142149追記:Exile1.0.4本格構築

追記:LOOTBOXバージョン1.3公開

追記:細かすぎる機能追加

追記:ブロードテキスト配信

なかなか時間が取れない・・。

(;´Д`)

たまーにAIがおかしくなるんですよね。

装備が変だったり、動作がおかしくなったり・・。

こういうの今解決しておかないと、後々ではお手上げになるはずです。可能な限り、バグは取っておきたい。

ただ、これがArma3特有のモノなのか、サーバの負荷が問題なのか、原因は今の所まったく分からない。

AIスポーン場所がオカシイ

アドオンでは、建物内に湧いたりもするんですが、この際、”2Fの屋外”とかに湧いたりする場面を何度か見たことがある。オブジェクトにめり込む時もありますね。

この場合、落下ダメージを受けるか、落下してそのまま成仏するか。

sc20180516142637ユニット生成はDMSアドオンにお任せしてるのですが、コードを見てみると、ここ。

createUnitの第5引数の部分です。

”FORM”だと、グループ編成向けに湧いちゃうようなのです。多分、これで位置ずれが発生してるような気がする。

う・・ん、DMSをカスタムするか、ユニット生成も自分で書くか・・悩みどころだ。

(;´Д`)

20180516192336_1ついさっき取れたスクショ。

なんで、そんな格好で、空中に浮かんでるんですか。

SF映画みたい。

管理用コマンドで、この場所に飛んだので、AIはフリーズ状態なのは分かるのですが、AI生成時に何かが、あったから、この姿勢なんでしょう。

うむむ、要調査です。

追記:ブロードテキスト配信

sc20180516162316以前、記事で書いた、サーバから全プレーヤーに対する一斉メッセージ送信のコードです。

動作確認が取れました。

サーバからのお知らせなどに使えるんじゃないでしょうか。

// Broodcast messages
missionNamespace setVariable [“LB_BCMS_CNT”,0];
[LB_BcmessageTime,{
    _cnt = missionNamespace getVariable “LB_BCMS_CNT”;
    _text = LB_Bcmessage select _cnt;
    _text remoteExecCall [“systemChat”,-2];
    _cnt = _cnt + 1;
    if(_cnt >= count LB_Bcmessage)then{_cnt = 0};
    missionNamespace setVariable [“LB_BCMS_CNT”,_cnt];
},[LB_Bcmessage],true]call ExileServer_system_thread_addTask;

これで、定期的にプレーヤーにメッセージを送信できます。

LB_BcmessageTimeに、表示タイミングの秒数で、LB_Bcmessageに、メッセージ本文を配列で入れておくと、各行毎に送信します。

例によって、このコードは、拙作のアドオンに導入します(次期バージョン)

(;´∀`)

追記:細かすぎる機能追加

20180517154527_1ミッションファイルをイジイジしながら、各サーバで実現してる諸々を、少しばかり機能として追加しました。

まずは、これ。

ウォータークーラーのオブジェクトを、任意で置けます。

ランダム湧きにも出来るので、プレーヤーにより過酷な旅をご提供できます。

20180517162454_1これも、細かすぎるッ!

マップ上に任意のテキストを入れられます。

もちろん、日本語もOKです。ただ、サイズは変更できません(必要ならMarkerCfgをイジる)

アイコンを消しただけという、簡単実装。

(゚∀゚)ノ

また、スクショは撮ってませんが、キャンプファイヤーも街中にランダム湧きとして組み入れました(デフォでは、キャンプファイヤとドラム缶のやつ)

追記:LOOTBOXバージョン1.3公開

sc20180517185335新しいバージョンとして、1.3を公開しました。

LOOTBOX

一通りデバッグが完了しました。

疲れました。

(;´Д`)

作れど、アイデアが湧いてくるんですが、この辺で区切りを付けます。

例)トレーダーを閉じ込めた自販機 とかw

多分、しばらくバージョンアップはありません。多分

メインのコードが1000行に届きそうです。全部でpboファイルが130KBにもなってしまった。

最初は、軽い気持ちで、小さなアドオンを作るつもりだったんですが、足していくうちに、想定外の大きさになってしまった。

やっと、本格的にサーバ構築に取り掛かれますが、このバージョンで問題が無いようだったら、公式EXILEフォーラムにて公開予定です。

追記:Exile1.0.4本格構築

20180522154554_1既に途中まではやってたんですが、1.0.4での変更作業がとにかく、作業&確認が面倒くて、ほとんど手付かずでした。

やっと、全項目の確認が完了しました。

MOD沢山入れてるサーバとか、地獄でしょうよ。

UAVとかStaticMGとか、まだデフォのままですが、1.0.4で微妙に変わってる点があるので、これらもどんなモノか確認した方がええでしょう(UAV使えたら、それはそれで便利ですよね)

(;^ω^)恐ろしや

20180522153926_1はぁ・・、夜間作業にはコンビニが頼りになりますよね。

ここ、タキスタンにも、ありますよ。

(;´∀`)初公開かな

ここだけ、フォールアウトっぽい雰囲気なんですw

拙作のアドオンの動作も、ちゃんと動作してくれてます。

。゚(゚´Д`゚)゚。

雰囲気を壊すことなく、バッチリ動作しててえがった。