「server」タグアーカイブ

【亀】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その101

image

追記:Ryzen5 3600でのサーバ負荷

追記:Windowsでのファイルリンク作成

追記:Arma3が無料体験できるぞ(4日間)

追記:MODを吟味・・

思い出しながら、まったりと構築中。色々、忘れとる・・。

(;^ω^)

とりあえずは、メインPC上に構築用サーバを上げる、いつバックアップしたやつか、どうかは分からないが、古いサーバを見ながら慎重に、ファイルを配置。

以前は、無理やりにでも64ビット環境で構築してたが、32ビットの方が高速で動作するはずだし、メモリ消費も少ない、Arma3なら、こちらの方が良いような気がしてきた。

image

データベース周りを完了。

他に、何かすべきだったような気がするが・・、何だっけな。

SQL MODEの設定だ。

追記:MODを吟味・・

image

あまりMODは適用したくないのですが、有名どころなら、プレーヤーが所持してる可能性は大です。

CUP系辺りを、色々見てみる。

チェルナルスの村人なんてユニットとか使えそう・・。

(;^ω^)

image

CUP Weapons MODなんかも、どんな武器が収録されてるのか気になるところ。

image

チェルナルス共和国といえば、ロシアの武器が似合いそう。RHSAFRF MODが有名どころでしょうか。

cfgWeapons

既に有名どころはExile MODに内包されてしまってるので、あえて、このMODを採用するか微妙な所。

追記:Arma3が無料体験できるぞ(4日間)

image

本日から、4日間、無料でプレーできるようです。

まだ、プレーした事無い方は、ぜひとも経験していただきたい。

DayZやPUPG(の元)などの、人気ゲームの源流に位置するゲームソフトです。

同時に、セールも行われていて、本体だけなら、1080円でゲットできる。

DLCはあった方がいいが、無くてもプレーに支障は無いです(一部のアイテムや車両、公式マップの一部が使えない程度)

MODが、星の数ほどあるので、それだけでも十分堪能できる。

追記:Windowsでのファイルリンク作成

image

絶対忘れそうなので、備忘録。

Windowsで、Linuxのようなファイルリンク作成(lnコマンド)を行いたい場合です。

PowerShellではなく、cmdでコマンドプロンプトを開き(管理者権限)、以下のコマンドで作成できる(cmdにコマンド内蔵されてるため)

mklink /D mod “D:\SteamLibrary\steamapps\common\Arma 3\!Workshop”

※カレントディレクトリに、modというファイル名でリンク作成

サーバディレクトリに、わざわざ、MODをコピーするのは、面倒くさかったので、Steam内に直接リンクしたかった訳だ。

(;´∀`)自動で更新されるしね・・w

追記:Ryzen5 3600でのサーバ負荷

image

今どきのCPUでは、如何ほどのものか、まだまだエラー出まくりで、ロクに動いてない状態ですが調べてみた。

多スレッドで動作するように、設定済み・・だが。

使用率でいえば、7%程度だが、結構負荷的にもってかれてますね。

image

グラフで見ても、こんなですが、常時、4Ghz超えで動作してる。

image

でも、まぁ、TDP内で収まってる(約54W、PPTまで逝ってない)

(追記予定)

【亀】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その100

image

去年末に、データを丸ごと入れてたSSDが逝ってしまい、モチベをごそっと持ってかれたんですが・・。

なんと、元旦に、自衛隊MODのgac JSDFがバージョンアップしていたのです。

以前サーバでは、89式を使いたいがために、優先的にこのMODを利用していましたが・・。

なんと、64式にとどまらず、38式まで追加されました(38式Wikipedia

明治時代から昭和初期まで使われた、国産ボルトアクションですよ。

(;´Д`)ロマン・・

20200105230711_1

せっかくなので、拝見させて頂きましょう。

20200105230838_1

未だ現役で使われてるらしい64式、古い小銃ですが、長距離射撃も出来る。口径もデカイ、マシンガン的なやんちゃな感じでしょうか。

20200105230900_1

38式・・。1発毎にリロードが必要ですよ。ロマンですw

20200105231001_1

38式で覗いてみると、こんなです。

20200105231036_1

まるで、ハンティングでもしてるかのような雰囲気。

弾は、6.5mm38式Arisaka(5rnd)のようです。実戦では、かなり厳しそうですが、要はロマンです。これで、戦ってたんですよ。英霊様。

(`・ω・´)ゞ

20200105231132_1

64式。結構、暴れん坊です。まだ、現役で使われてるそうなのですが、撃ってると部品が取れるとか・・聞いた事がある。

20200105231144_1

弾は、7.62mm64式(20rnd)のようです。こういう、サイトは個人的に使いにくい。

20200105231352_1

リコイル(反動)が物凄くて、使いこなすのは結構慣れが必要っぽい。

20200105231923_1

KLX(カワサキ製バイク)を乗り回す・・。

20200105231521_1

【GAME】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その99

Arma3プレーヤー様にご案内

元コンガリベーコンの鯖缶さんが、まったくのゼロから開発した新しいシステムを、近くクローズドテストを実施するようです。

テスト開始時に再度ご案内致しますので、ぜひともご参加ください!鯖味噌Discordまで

image

10/17。Discordのある部屋。開発は順調なようですが、もうちょい先のようです。

20191010203258_1

追記:p3dオブジェクト名を調べる方法

追記:Cher.Reduxマップ更新

追記:チェルノでRavageの続き

以前から気になっていた、Ravage Modのゾンビを確認してみました。

Ravage MODを入れて起動するだけで、サバイバル系ミッションプレーが楽しめるようで、これでプレーしてみる。

20191010203337_1

護送中に事故にあったらしく、自分だけが生存者らしい。

20191010203551_1

何も持ってないので、物色してたらAIと遭遇、敵対してるだろう・・。こっそりと逃げる。

20191010204236_1

なんとも特徴的なゾンビと遭遇。よく分からず、死んでもうた・・。走っちゃぁやだー。

(;´Д`)

20191010210209_1

Ravageの仕組みを見るためにEdenを起動。

20191010215435_1

Ravageのゾンビは、音や目視での識別がある(度合いが設定できる)ランダム移動もある。DayZに似ているかもしれません。

追跡を失うのも確認しました。

ゾンビは3種類かな。中腰で走ってくるのは珍しい。

20191010215655_1

Ambient_zombieを置くだけで、スポナーとして機能するので、Exileとは関係無く、普通のミッションにゾンビを置くのに凄い楽です。

これなら、Exileでも導入が容易です。

image

Edenのエクスポートで、コードはどんなもんか調べます。

createUnit [“Ravage_zombies“,[23235.3,19984.1,0],[],0,”CAN_COLLIDE”];

これだけです。

(;^ω^)

後は、オブジェクト変数に、プロパティ値を入れていくだけです。

_this setVariable [‘type_m’,”Walkers”,true];;
_this setVariable [‘fastNum_m’,0.01,true];;
_this setVariable [‘numberMax_m’,5,true];;

このままだと、ゾンビからの鹵獲とか、トラップなんかをやりやい場合は、イベントハンドラでカスタムが必要です。

image

Ravageの公式Wikiがありますが、ほとんど情報がありませんでした。

(;´Д`)

追記:チェルノでRavageの続き

20191013234733_1

チェルノでの湧きと、細かな調整を実施。

よりゾンビっぽくしたいので・・。

(;^ω^)

20191013234721_1

Ravage単体で、AIの死体がゾンビ化して起き上がらせる事も出来る。

AI倒して鹵獲しようと、近づいたら、攻撃されちゃうんですよ。

(;´Д`)

むろん、ゾンビ化するまでの時間を設定できますけども。

AIグループもランダムで沸かせられるので、とても便利なMODですよ。これ

※アイテムの中身までは設定できませんが

追記:Cher.Reduxマップ更新

20191022200752_1

先日、ChernarusReduxマップが更新されました。

雰囲気が出ております。

image

Arma3のマップって、建物が微妙にズレていたり、地形にめり込んでいたりしますよね。

Reduxでも、もちろん存在してますが、今、これを一つづつ潰していってる作業をしてるんですよ。凄い作業量です。

Trello/CHR Bug Tracker

もし、そんな物件を見つけたら、ぜひとも、ここに登録してみてください。スクショと座標(MAP上スクショでも可)があれば伝わります。

追記:p3dオブジェクト名を調べる方法

20191022213146_1

マップのオブジェクトで、p3d名を知りたくなる時がある。

Edenを起動して、カーソルでポイントしたオブジェクトのp3d名を、延々とクリップボードに書き出してくれるスクリプトがこれ。

スタートして、ESC押して、スクリプトを流せば良い。

onEachFrame { hintSilent str [getModelInfo cursorObject, typeof cursorObject]; copytoclipboard str [getModelInfo cursorObject, typeof cursorObject]; };

ポイントしたら、タスクを切り替えて、Ctrl+Vで貼り付けられる。

むろん、Arma3・Edenを起動してる間は、クリップボードが使えなくなるので注意。一度、Edenを終了すればOK。

(追記予定)