「windows」タグアーカイブ

【PC】Windowsのコンソールを8ビットPC風味に

sc20170512050704Windowsでコマンドプロンプト操作はめっきり減ってしまいましたが、それでも、たまーに使います。

「ls」に慣れきってて、「dir」と打ったつもりが「die」になってしまう辺りが、とても可愛らしいですね。

( ´∀`)・・・

今・・気付いたんですが、こんなのありましたっけ?

sc20170512051155プロパティの「フォント」で、「ラスターフォント」を選ぶんです。

TrueTypeじゃないので、昔ながらの完全固定サイズフォントなのですが・・。

ほら、見て下さい。往年の8ビット、16ビットパソコンの画面みたいになります。

(;^ω^)

sc201705120514363x5ピクセルに設定すると、これですよ。

これ、まさにMSX-DOSの画面みたいw

(;´Д`)

6x13辺りが普段使いには、コンパクトで良いかもですよ(24インチモニター、フルHDの場合)

【pc】USBコントローラーのリソースが足りません

sc20161030173346先ほど、昔使っていたUSBヘッドセットをPCに挿したら・・

USBコントローラーのリソースが足りません

とのエラーが出まくりました。

USBデバイスを沢山利用しすぎてるんだろう・・とは察しが付くが、実際利用してるのは、HDD1台、マウス、キーボード、ジョイパッド、Bluetooth位しかありません。

長い事PCを利用してきましたが、このエラーは初めて見ました。別に原因がありそうです。

んで、Google先生で調べてみたところ・・。

昔のパソコンよりも、最近のパソコンで出やすい、との事です。

つまりは、USB3.0(青いポート)の同時接続制限が少ないという事だそうです。

よって、上記のエラーが出た場合は、速度が必要無いデバイスは出来るだけ以前のUSB2.0(白いポート)を利用すると回避できます。

※キーボードやマウスなど

sc20161030173424そういえば、USB3.0ハブを購入して、それに全部のUSBデバイスを挿してました。これでエラー出るようになったみたい。

しかし、帯域使うのHDD位しかないんですけどもね・・。

Surfaceや薄型Windowsノートだと、USB3.0が1ポートなんてのもあるし、こういったエラーにお目にかかる事って結構多そうです。

もっと最新のUSB3.1チップだと、制限が緩和されてたりするんかな。

【pc】SDD/HDDをフォーマット(パーテーション削除)できない時@Win10

P1020050他のWindowsパソコンで利用していたストレージ(HDD/SSD)を他のパソコンで再利用しようと・・する場面でトラブってしまったので、ここにメモします。

自作PCには慣れてるんですが、なんだか昔の感じではダメになってるようで・・(;^ω^)

他のPCで利用していたモノ(Windowsがそのまま入っている)を接続して、フォーマットどころか、ディスクの管理も出来なくなります

Windowsのディスク管理ツールが、誤って削除しないようにしてるんです。大きなお世話なのですが(昔はそんな事無かった)

じゃ、どうするか?

「Windowsが入ってる」と思わせなきゃ良い訳で、一度Linuxなどをぶち込めば事は済みますが、ここでは、正規の手順で行きます。とはいえ、同じ事なんですけど。

まず、Windows通常システム外の環境で立ち上げます。

P1020046Windowsディスクでインストーラーの最初の画面を出します。インストーラーが起動しないならBIOS/UEFIでブート順序を忘れずに。

※メーカー製PCだと、無理かな・・Linux雑誌のDVD起動上からディスク管理すれば・・

この画面になったら、慌てず、SHIFT+F10を押します。

P1020047

コンソールが開きます。

この環境で、ディスク管理を行うとエラーが出ずに、パーテーション削除などを行えます。

もちろん、下手に操作すると、関係無いディスクまで、削除してしまうので、慎重に慎重を重ねて作業する必要があります。

「diskpart」(Enter)と入力すると、ディスク管理ツールが起動します。

P1020048

「help」と入力すればコマンド一覧が出ますが、詳細はGoogleなどで検索して調べてください。

あくまでパーテーション削除だけを実施すれば良いので(後でWindows画面から管理を続けられるため)下手な事はしない。

list disk」でディスクを表示させ、「select disk (番号)」でディスク選択。

list partition」でパーテーション表示、「select partition (番号)」でパーテーションを選びます。*印が付くので確認。

「partition」を「volume」と書いても良いし、他の書き方もあります(詳細はGoogle検索で)

P1020049間違いが無ければ、「delete partition」で消えます。

Windows画面上から操作するとエラーになって一切操作不可能でしたが、この方法で削除できます。


sc20160214224028

後は普通に起動して、ディスク管理画面を開きます。

これで普通にボリューム作成やパーテーション管理ができるようになります。

必要に応じて、ドライブレター(C:とかD:とか)を変更して完了となります。

今回の作業は、PCゲームなど大きく消費するデータを移動するために、余ったSSD(256GB)をデスクトップPCに追加した際の作業でした。

sc20160214235803このSSDは、もともとThinkpad X230(ノートPC)に入っていたもので、Windows8やらシステム用パーテーションがそのまま入ってました。

使わず保管・・では勿体ないんで。

んで、所有してるSteamソフトを、D:ドライブに移しました。

Steamだと簡単に移動できるようです。steam/steamapp/commonにソフトが入ってて、後はacfファイルを移動させるだけでした。

わずか10本程度ですが、既に半分以上も消費してます(;^ω^)ドライブゲーム系の容量がハンパ無い。

これで仕方なく削除したタイトルも、再度ダウンロードしなきゃ。

BF4とかNeed4Speedとか他にオリジンのタイトルもあるけど、これは移動できんのだろうか。

上のGドライブは、ファイル履歴&バックアップ用の1TB HDDで、RAID0構成の危険なメインストレージを見守ってくれてます。

sc20160216235910今年の夏~秋頃には、Skylakeの次期Intel CPUや、待望のAMD Zen CPUとPC自作派には熱い年です。頼むぜZen期待してる!

※新しいintel CPU(デスクトップ版Kabylake)は、2017年らしい

それまで、このPCを維持しなければなりません。