「windows」タグアーカイブ

【pc】Windows Updateで青画面連発@2019/1

P_20190113_025304_1_p

就寝前、何気なく「更新して再起動」をクリックしたさ・・。

一向に終わらなくて、しまいにゃブルースクリーンを連発しまくり、再起動を繰り返す。。

(;´Д`)なんなのよ

んで、結局、元に戻すんだとさ・・(参考:写真)

image

怖くて、再試行できへんがな。。

最近のWindows Updateの不具合が酷すぎる・・、前回は突如「ライセンスが無いぞ!」と脅された始末(次の日、治る)

みんなはどーなんだろ?とググッてみると、出る出る・・、今回は大きなアップデートだったらしい。

ちなみに、所有してるノートPC(Win10Pro)やタブレット(Win10Home)では問題が無く完了してる。

自作PCだけが問題やった(Ryzen、Win10Pro)

アップデートする際は、気をつけてください。バックアップとかで対策を。

【う】33年前の初代Windows@動画

image

1985年に発売されたWindows1.0(初代)の動画。

産声を上げたのは、もう33年前にも遡るんですね。

(;´∀`)

私が覚えてるのは、Windows3.1辺りからですけども

動画の途中、ブーンブーン言ってるのは、フロッピーディスクの音です。民生品でストレージと言えば、フロッピーしかなかった時代です。

見慣れた?グラフィックインターフェースが出るのは、8分後です(8分位までは、フロッピーを生成(ビルド)してます)

image

内蔵グラフィックソフトの「Paint」も初代から入っていたようです。

モノクロですが、機能的には、ほとんど一緒に見えたり・・w

(;^ω^)

image

動画の最後に、PC内部を見せてくれてます。

ケーブル類や電源(PSU)が新しい所を見ると、修理した上での動作なのが分かります(IBM PC互換機)

【う】Windows WSLのパフォーマンス比較@実Linux機

image

Linuxのバイナリレベルで互換を持たせたという画期的なWindows WSL(無料)ですが、はたして、どれほどのパフォーマンスが得られるのか気になる所です。

こちらの海外サイト記事。

A Look At The Windows 10 October 2018 Update Performance With WSL

さまざまなベンチが取られてます。

VMWAREなどの仮想OSとは違い、実行バイナリがそのまま実行されてる訳で、パフォーマンスは、実機とほぼ同等のようです。

ですが・・。

image

このグラフ(SQLite:ローカルDB)を見ると分かるように、圧倒的なまでに鈍足です。

その差、約30倍の開きが・・。

(;´Д`)

細かいファイルの書き出しが多い、コンパイルベンチも同様で、95対2096の差が出てしまってます。

記事でも触れてますが、I/Oアクセスなどがネックになってしまっているようです(ファイルを介在しないようなプロセスなら実用に耐えうる)

WSLはあくまで、Windowsのサブシステム的(実験的?)なシロモノなので、しょうが無いよね・・と思いがちですが、一部、業務用途やサーバ運用で熱望されてる機能です。

※双方の膨大な資産や技術が1PCに集約できる

問題は分かってるので、これからの更新で徐々に改善されていくでしょうし、もしかすると、RAMディスクとか設定なんかで改善したり・・?