「windows」タグアーカイブ

【さ】Nginx&WinでPHPが動かない

image

いままでアパッチ族だったんで、Nginxにはあまり触れた事がなかった。

軽量・高速で、採用例もかなり増えてきたそうで、開発用に導入してみた。

記事にするまでもなく、とても簡単ですが、PHP稼働設定(FastCGI)で引っ掛かった所を。。

image

nginx.confに予め、PHP用の設定がコメント化してあるので、これを全て外す。

FastCGIの受け側を起動する。

start php-cgi.exe -b 127.0.0.1:9000

が、エラーが出てまう。アパッチ族としては、何も考えずPHPが動くものと思い込んでる訳で。

No input file specified.

ファイルが無いと言われてるようです。

原因が分かりました。さっき、nginx.confのコメントを外した部分のここの赤字の部分を、サーバルートパスにすると動作しました。

fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  D:/Server/nginx-1.14.0/html$fastcgi_script_name;

※Windowsの開発環境なのでこんなです。¥じゃなくて”/”なので注意

泥臭いが、これだけが書かれたテスト用PHPファイルを用意して、実行してみる。

<?php phpinfo();?>

image

PHP側の問題である場合もあるらしいので、切り分け作業優先で。

【pc】OpenLiveWriterの日本語化!

image

追記:ストアアプリ版でプラグイン適用できない

WindowsLiveWriterの配布が終了してしまい、今まで使えていたプラグインが使えなくなってしまいました。

(;´Д`)

無論、私が開発した、写楽コード左衛門ネタ帖之助、も同様です・・。私自身も常用してるので、すごい困ってます。

。゚(゚´Д`゚)゚。

※今、頑張ってソース解析してる所ですが、いつになるか分かりません

んで、OpenLiveWriterはオープン化!!なんですが、残念ながら英語版しか無いのが現状、オープン化といっても両手を挙げて喜べない現状です。

多分、いつかは”誰かが作ってくれる”と目論んでますが、一向にOpenLiveWriter界隈は閑散としているようです。

そんな時、オリジナルDLLをカスタムして、日本語化しちゃった人がおりました。

(;・∀・)

私の故郷 田代町(これから錦江町)

こちらのサイトで配布してます。DLLを入れ替えるので、若干ハードルは高めです。

感謝のつもりで、コメントしようと思ったんですが、エラーで機能してないようです・・。

(;´Д`)

追記:ストアアプリ版でプラグイン適用できない

拙作プラグインの移植の調査で分かったんですが、ストアアプリ版だと、アプリが入ってるディレクトリへのアクセスが一切拒否されてしまうので、上記日本語化DLLの適用もできないです。

※別にレジストリを編集する方法があります

分かり次第、更新します。

ストアアプリの場所は、以下になります(隠しホルダー)

Cドライブ¥Program Files¥WindowsApps

私のOpenLiveWriterはこんなホルダー名になってました(PCによって違う)

D5BA6BCD.OpenLiveWriter_0.6.2.0_x86__7g8mfyn71hpbp

んで、AppxManifest.xmlのApplications/Applicationに実体の場所が書かれてます(このホルダーからの相対)

VFS\Users\ContainerAdministrator\AppData\Local\OpenLiveWriter\app-0.6.2.0\OpenLiveWriter.exe

※バージョンによって変わる

image

後はこのホルダーをイジればいいんですが、セキュリティガチガチなWindows10では、一切触らせてもらえません。

セキュリティの設定でうまい事回避するしかないんですが、適当にイジるとマズイ系なので、ここから先は知識のある方しか触らない方が身のためです。

実際、適当にイジったら、色々おかしくなったので・・。

(;´∀`)ちょっとお勉強しよう

【pc】安価な399ドルSurface GOが出るぞッ!

sc20180710123057追記:期待を裏切る6万円

以前からリークは出ていたんですが、Windowsパソコンのスタンダード機と言っても過言じゃない

高値安定のSurfaceでしたが・・

※SurfacePro最上位は34万円

遂に、399ドルのSurfaceが出ました(米国MSRP:希望小売価格)

10インチ、Pentium4415Y(1.6Ghz/2C4T/TDP6W)、Office有り、USB-C3.1端子、MicroSD、4096段階圧ペン、11ac(多くのスペックはまだ未公開)

※キーボード、マウスは付属無し

今日から予約開始で8/2発送。日本は遅れてリリース(数週間後)されるようで、先に海外で発売されるようです。

今年後半に、LTEモデルも予定されてるようです。

sc20180710124325現行SurfaceProで一番安価なタイプは、Core m3/4GB/128GB SSDで、114千円です。

今為替が110円$なので、単純計算で、45000~50000円程度になるんじゃないかな。

それでも、同サイズのAndroidタブレットや、噂されてるiPad安価タブレット(3万?)と比較しても、若干高めな印象は否めませんけども・・。

(;´∀`)

一般のWindowsソフトが稼働できる点のみが利点、ここに価値を見いだせるならお得ですね(Windows Sモードがインストールされてるので、これを通常版に変更する必要有り)

追記:

一般販売は、64800円だそうです。

399ドルが、なぜか65000円になるんだそうです。おま国全開です。

(;・∀・)