「WordPress」タグアーカイブ

【BLOG】WordPressプラグイン”NewpostCatch”の不具合直し

sc20170103044116当ブログでも利用してる、WordPressののNewpostCatchという、サムネイル付きの最新記事表示のプラグイン。

他にもっと便利なものがあるかもしれないけども・・。

(;^ω^)

使ってます。

んで、こちらのプラグインは、記事内の画像を自動的に持ってきてくれるのですが・・。

記事内に、他サイトやアフィリエイトなどの画像タグなんかも、その対象にしてしまいます。

sc20170103044629つまり、画像が出ないリスト(エラー)になってしまいます。

ってか・・、私も知っててずっと放置してしまってたんですけども・・。

(;^ω^)


んで、同じように困ってる方がいるかと思い、この不具合を治す方法です。

ダッシュボードから「プラグイン」「NewpostCatch」「編集」とクリックして、右側のファイルの「newpost-catch/class.php」を選びます。

sc20170103044947写真のこの部分に移動してください。

およそ、先頭から50行くらいでしょうか。

“//thumbnail”などで検索して探してください。

この部分では、記事内の画像(imgタグ)の一覧を取得してるところになります。

つまりは、自ブログの画像以外を排除するようにすれば良い訳です。

この以下の部分を書き換えます(正規表現で書かれた部分)

preg_match_all( ‘/<img.+src=[\'”]([^\'”]+)[\'”].*>/i’, get_the_content(), $matches );

以下のようにします(青字で書かれた部分が追記した部分)

preg_match_all( ‘/<img.+src=[\'”](http\:\/\/blog\.ahh\.jp\/[^\'”]+)[\'”].*>/i’, get_the_content(), $matches );

正規表現内なので、機能文字の頭すべてに”\”が付いてますが、単純に自ブログのアドレスを書いただけです。

記事でアップロードした画像は全てに、このアドレスが付いてるはずなので、これで判断してますが、ブログによっては、複数サイトやNAS等で運営してる場合などは、違う書き方になるでしょう(ココから先は正規表現の書き方次第)

【blog】スパム防止のAkismetを無料で利用

sc20120701205330

WordPress標準のスパム防止サービスのAkismetのキーを無料でも入手できるようでした。

有料ならいらねぇ・・(´・ω・`)

とか思ってたら、Freeプランもあった。

いつもの、リンクを探せという簡単なワナだったようです。とても簡単に入手できます。

お金持ちの方は、普通にお金を払いましょう。Enterpriseなら、月50$(5000円位)のようです。

sc20120701205519

こちらの、PersonalのSignUPをクリックし、スライドバーを左まで移動させます。これで無料となります。

sc20120701205740


あとは記入したメール宛てに認証キーが送信されます。

Asismet
http://akismet.com/wordpress/

【web】特売サイト「アリマス」の更新作業中

sc20120629160713

拙作の特売サイト「アリマス」を大きく更新してます。

元々、CMSなどのミドルシステムを一切利用してなくて、全部PHPによる泥臭い生成でした。

記事も掲載しないなぁ・・という願望があったんですが、自前でCMSっぽいものを起こすのはあまりにリスキーなので、WordPress上に移植する事にしました。

簡単に移行できるはず・・と思いきや、そうも問屋が降ろさないようで(;´Д`)

設計無しでスタートしたゴリゴリのPHPプログラムの色々なところを変更しないといけない・・。そこをなんとか、少ない工数で移行計画を立てて、やっと移行作業が開始。

最初からCMS前提で作ってれば・・とか、後悔はしない事にする。やっぱ、SEO的な対策でもあります。

sc20120629161443WordPressは、/wp-content/themas内にあるテーマが利用されますが、別にテンプレートを利用しなくても良くて、PHP内で、

<?php require(‘./wp-load.php’);?>

これを呼び出して置くだけで、記事の内容やらを取得する事ができます。あとはこんな感じでいつもの関数で(σ・∀・)σゲッツ!!できるわけです。

<?php
$posts = get_posts("numberposts=5&category=&orderby=post_date&offset=0");
foreach ($posts as $post) {
setup_postdata($post);
print "<a href="";
the_permalink(); ←記事リンクアドレス
print "">";
the_title(” , ” , true); ←タイトル
print "</a>";
the_category( ‘, ‘ ); ←カテゴリ(リンク有り)
the_content(); ←記事内容
}
?>

試しながら書いてる途中なんで、てきとーコードです。各要素を、お好きなスタイル適用させればいいですね。

WordPress私的マニュアル(公式もありますが、こちらもオススメです)
http://elearn.jp/wpman/function

但し、ここで問題があって、単一記事(single.php)や連続記事&カテゴリへのリンクの場合、こればかりはWordPressサイドのページを利用する事になるので、テーマ無しではダメなんです。これらのページを利用しないのであれば、不要ですけど。

こういったページを利用すると、WordPressをインストールしたディレクトリに依存してしまうので、ここで相対パスのsrcやhref、JavascriptやPHPコード内パスがずれてしまいます。

<?php bloginfo(‘template_directory’); ?> ←引数で色々取得できる

もち、こういったもので、パスを動的に取得できますが、全てに埋め込む作業が必要になっちゃいます。めんどい(´・ω・`)

スマホページの方も考えないといけないんだけど・・・。これは後回しだな(;´Д`)

とりあえず、不要なところは後で、少しづつ直していって、構築する方法ですすめる。公開は、今週中にできそうです。

特売収集サイト「アリマス」
http://tokubai.ahh.jp/