【pc】TR2 450W Bronze電源換装@ワットチェッカー

P_20180926_140645

さて・・、先日ポチった電源PSUが届きました。

ThermalTakeのTR2 450W Bronzeという、安価モデルです(日本製コンデンサ、3年保証、80Plus Bronze認証、12V34A)

P_20180926_193505

今までの電源はこれ、サイズ帝力プラスNaked(80Plus Platinum 500W、12V41A)なんです。

ここでは、BronzeとPlatinum、どんだけ違うの?という事です。

電源の効率って、そう単純じゃなくて、普段使ってる電力に合わせた容量じゃないと、意味が無い。これを実証したいのです。

なので、あえて450Wに落としてBronzeにしたのです。前回記事にて、現状の電源効率と消費電力を計測しました。

【PC】自作PC2018の消費電力と力率@ワットチェッカー

P_20180926_140824

内容物はこんなです。とってもシンプル。

P_20180926_141038

各国語版の説明書があって、日本語の部分はここ。まぁ・・見るまでもありませんけども。

P_20180926_141424

出力ケーブルは至って普通。SATAは2系統あります(計4つ)

(ここで重大な過ちに気付いてない。後ほど)

P_20180926_141548

排気側の方、ファンの1/3程も占める透明なプラ板が見えます。何か理由があるんかな?

よし、電源を換装するか。

P_20180926_191935

ここで重大な事に気付く・・・。

ヽ(;゚д゚)ノ !

あ、ビデオカードの補助電源が足りなえッッッ!!確認すんの忘れてた。ま・・まずい、どうするよ(Geforce GTX970、6ピン2個)

P_20180926_192009

捨てなくて良かった・・。ビデオカードの箱に変換用ケーブルが付属してた。

ε-(´∀`*)ホッ

P_20180926_192432

クラシカルなPC電源ケーブルに接続します。とっても、見苦しい(2個使って12V6.25Aを確保する訳です)

P_20180926_201807_1_p

んでは、前回記事と同様、適当計測をやってみましょう。

計測結果

前回記事から前電源(帝力の500W/80Plus Platinum)

アイドル:59W 97%

Youtube視聴:62W 97% ※720p

Youtube視聴:70W(フルスクリーン時)

StarCraft2:85W(ゲーム:中設定)

StarCraft2:120W(最高設定時)

Arma3:172W 99%(ゲーム:最高設定)

んで、今回のTR2は(TR2 450W/80Plus Bronze)

アイドル:64W 97%

Youtube視聴:67W 97%

Youtube視聴:65W 97%(フルスクリーン時)

StarCraft2:95W 97%(ゲーム:中設定)

StarCraft2:126W 98%(最高設定)

Arma3:142W 99%(最高設定)

※気温:20.7℃、102.3V、49.9Hz

※%表記は力率の数値

(;^ω^)うむむ・・なんだか、総じて消費電力アップですね。効率は、いずれも変わらない感じ。やっぱある程度の負荷が必要のよう。適当計測なので鵜呑みにしないでね。

アイドルは計測しやすいけど、ゲームだと画面状況によって増減が凄いので、正直当てにならない(ベンチマークモードとかで測れば良いんだけどもね)

アイドルでは5W程アップ、以前の計測環境と違うのは、CPUクーラー位でしょうか。気温が低いのが影響してるかも、しれないし、

また、帝力Nakedは、廃棄ファンが一切動かないので、これの分が2W程度を含めると・・(250W超えないと動かない)

わずか3W位しか違わない(常用時)

この3Wのために、GoldやPlatinum/Titaniumを買うか買わないかです。500W帯のBronze電源って、5000円で買えちゃうんです(私は4480円で買った)

※3W≒USB機器が1個分(5V500mA)

自作PCerのご参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。