【PC】Ryzen Masterが起動しない@原因

image

いつぞやRyzen Masterを起動しようと思ったら、エラーが吐かれるようになった。

Virtualization Based Security(VBS)を無効にしてよッ!

ヽ(`Д´)ノ!!

との事。

長い事PC使ってましたが、初めて聞くワードで、何がなんやら・・。

(;^ω^)

調べてみると、以前、上位のWindows版に搭載していたセキュリティ関連の機能で、パソコンに電源を入れた瞬間からセキュリティで守られる、それはそれは立派なシロモノなんだそう。

総称して、「Device Guard」と言われてる。

いつか・・AMDさんが対策してくれるのでは・・、と、実際にこれを無効して試して無いのですが、道案内だけで。。

(;´∀`)

なにやら、仮想化ソフトで有名なVMWareでも、同じ様な症状が出ているようです。

image

Windowsロゴをクリックして、「グループポリシー」を入力すると、「グループポリシーの編集」が候補にあがります。

これを立ち上げます。

image

「コンピューターの構成」「管理用テンプレート」「システム」と辿ると、「Device Guard」が見つかります。

ここの「仮想化ベースのセキュリティを有効にする」をダブルクリックして、起動します。

image

んで、この画面から、無効に出来るようです・・・・が、そう、簡単には出来ないようです。

OSの根深~い機能の一つですからね・・。ましてや、セキュリティ関連ですもの。

(;^ω^)

んで、詳細な手順は、こちらのブログでご紹介されております。

吉田STYLE-MINDSHARE-

最後に、スクリプトを流す必要があるので、躊躇してしまいます。

お悩みの方はお試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。