【ガジェ】もう一つの携帯ゲーム気@中華エミュ

プライベートlinux,エミュ,ゲーム機,携帯

image

店先で、中華製の怪しい携帯ゲーム機を、目にしては・・、怪しいとスルーする所ですが。

知らぬ間に・・、まともに進化している状況になってます。

(;^ω^)

今、旬なのが、このRG350GKD350H辺りのようで、数年前のスマホレベルのCPU・GPUを搭載して、N64、プレステ程度位までは十分にプレーできるレベルに達してます。

成形技術や設計も熟してるようで、レビューでも、プレーの操作感に言及してるコメントは無く、一定水準の品質は維持してます。

RG350、350H共に、1万円程度。いずれも3.5インチIPS液晶(320*240)、SDカードスロット装備、バッテリー約2500mAh。若干相違があります。違う部分だけ記載。

RG350

image

1Ghz2コアCPU、RAM512MB、アナログコントローラー2つ、L2/R2ボタン装備、ステレオスピーカー、外部HDMI出力、USB端子

GKD350H

image

1.5Ghz2コアCPU、RAM128MB、アナログコントローラー1つ

GKD350HはCPUスペックだけは優位なのですがRAMの少なさが気になる、RG350も利点が多く魅力ではあります。

ラズパイの初代みたいなスペックですw

(;´∀`)

image

中身は、Linux OSのカスタム版のDinguxというモノで、メニューを見ても分かるように、エミュレーターは、Linuxソフトとして登録されていて、それを起動する形になる。

キーボードが無くても操作できるようカスタムされてるんでしょうね。

ファイルコピーや、コンソール、ウェブブラウザもある。

やろうと思えば・・、プログラミングだって・・w

(;^ω^)

想像に安く、これらをさらにカスタムする人達もいる訳で、さらにディープな世界が広がってる訳です。。

:(;゙゚’ω゚’):

小さくて、携帯しやすいLinuxガジェットとして見ても、なかなか気になる製品でもあります。