【き】一周まわってメンブレンTKLはどう?@きー沼

プライベートキーボード,レビュー,安い,無線

image

現在の常用キーボードはHHKB(JP・静電容量式)で、一切不満はありませんが・・。

未だ慣れぬ、ファンクションやins/del周辺のキー、違和感が拭えない漢字キー(左下)が、たまーーーーーに、ストレスとなってます。

ミニサイズが、それを払拭してくれている訳ですが、ガチで文章を書かなきゃいけない時とか、その都度、RealForce(フルキー)を出してきては作業しておりました。

(;´Д`)

これは面倒過ぎるとして、しばらくテンキーレスならどうよ?(非ヘンタイ配列)と探してました。

image

んで、試しに購入してみたのが、これ。

ELECOMのTK-FDM105という製品(同社には、似たようなラインナップが多いので注意)

価格は、1400円台という、超底辺を這いずり回ってるような価格帯。無論、メンブレンだ。

※有線タイプなら1000円以下だw

Bluetoothじゃなくて、無線形式なので、面倒な設定も不要だし、BIOS画面なんかでも問題無く利用できる。

電池が4年持つとか書かれてる(付属電池は三菱製)

(;^ω^)

自分は近場の量販店から購入したので、1800円だった。入手性は明らかに高い、どこでも手に入れられるし、現物を展示してる場合が多い。

image

ヘンタイ仕様は無く、至って普通のサイズ、HHKBと比べると、横方向にカーソル周りの3キー分だけ大きい。ファンクションキー分の1キー分、縦に大きい。

全プラスティック製ですが、変な歪みもなく、剛性は相応にしっかりしてる。重さも適度な感じ。

本体をひねっても、ミシミシ言わない。

image

高さも普通。普通って大事だったりする。

キー高さもステップスカルチャで構成されてる(それとなく)

image

安物キーボードにありがちな、キーの隅っこ押し込み不可問題があります(軸が途中で引っかかる)

この製品は、しっかり対策されてます。ちなみに、同社の姉妹品薄型タイプは、この問題があったので注意。

※薄型よりも、こっちの方がキーの押し重が軽かった

キートップの印字は、レーザーと記載があった。安物にありがちな印字盛り上がりも無く、キレイな仕上がり。

難を言えば、印字フォントがちょっとカッコ悪いくらい。

image

こんな安価な製品なのに、エレコムはしっかり製品展開してくれてる事に気づきました。

ミニ型、フルキー型、無線・有線と多種用意されてるんです。

普通配列&テンキーレスで、パンタグラフ式が無いのが残念でしたけど。

(;^ω^)

ちなみに、競合他社バッファローやサンワサプライなんかがありますが、こちらは残念ながら、テンキーレスすら眼中にない様子でした。

image

カユイところに届く製品を展開してくれた所に感謝。

机の上を専有したくは無いが、それでも普通配列はキープしたい!!というニーズは、それなりに多いはず。。テンキーが欲しくなったら、テンキーだけ買えばいい。

image

さて・・、ゲーミングには利用できるだろうか。

同時押しについては、厳しい結果でした。

同時2キーまでのようです。キーによって挙動が違いますが、2キーまでなら確実に認識してくれるようです(そりゃ当然ですけどね。SHIFTからCTRLがあるから)

でも、出来ない訳じゃない。

最後に、タイピングでのキー押しの感触レビューを。

長年、メンブレンを離れていましたが・・・

言うほど悪くないんじゃないか?

(;´∀`)

感触でいえば、確かに剛性感を感じる事なく、フニャり感はもちろんあるが、メンブレンの特徴はこれです。

とにかく静か、メカニカル式で静音化モデルが出てますが、原点をもう一度振り返って欲しい、メンブレンはとっても静かなのよ。そして、タッチ感が優しい。

メンブレンの音といえば、プラスティック軸の擦れる(安っぽい)音なので、グリスを塗りつけてやれば、結構緩和されるんじゃないだろうか。

1000円台でいつでもどこでも購入できる入手性の高さ、これは普通にアリなんじゃないかと思う。

※HHKBの無線式35200円なので、25分の1だww