【感】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その115

2020年6月16日

image

追記:JIPやらなんやら

追記:デバッグとデバッグとアタスとPDF化

追記:LootPositionCreatorを使わず改造で回避

追記:Database周辺の調整

追記:宝箱の追加設置

追記:Ace3Extentionがダメだったので代替餡

また、ロゴ画像を改変する。。

もう、キリが無いわなw

(;^ω^)

Battleyeのフィルター追加が、今だ終わりません。。地獄です、謎です。何とかなりませんかw

image

ロゴを変更してるのも、その性で、気分転換に何かやってないと気が落ち着きません。。

んで、その他にも、思い付きのアイデアを入れ込みまくって(バグの元とかいう話もある)おります。

最近のゲームではよく見る、エモーション(感情表現)です。

XM8タブレットを持ってる場合のみに発動できるアクションで、今の所はこんな事ができる。

周囲200mに届く声で、エガちゃんボイスで怒鳴る。

あと、ダンスを披露するの2種類。。。。

(;^ω^)・・・・

ダンスとは、よく見るこれらですw

PvPならではの、最強の煽りが出来るのです。

※これをしたいがために、MODを追加するという暴挙

ただ、まだデバックが終わってないので、本当に実現できるかは、まだ未定で御座います。

image

また、このMODを新規で採用する予定です。

Human Project1.2という小さなMOD(約30MB)で、AIが悲鳴などをあげるものです。

サバ味噌では、AIをキルしても、一切の表記が無いので、生死は、目視での確認しか術が無かったのですが、さらに音を追加したという感じです。

当たった部位などによっても、サウンドが違うようです。

もち、これも未デバッグなので、後日と。。。

(;^ω^)

追記:Ace3Extentionがダメだったので代替餡

image

Ace3Extensionを乗っけてテストしようとしたら、本体のAce3が必要になるらしく、しょうがないので、それも適用したら。

猛烈なBattleyeキックの嵐・・、しかも取れない(SetVariablesやら、RemoteExecなら)

自分の手には負えないようなので・・、諦める事にしました。

(;´Д`)

そもそも、ダンスをしたいだけだったし、そのためにMOD2つ追加は厳しいw

なら・・、既に導入してるMODや本体だけで実現したらいいやないのよ、と、アニメを一個づつ確認してる所。

使えそうなものをチョイスしております。

image

タブレットの無駄使い。

(;^ω^)

image

こんな感じで、AIには効かないが、死んだふりもできる。

色々試してみたんだけども、アニメーションさせようにもExile側で適用されないらしく、アニメというよりも静止ポーズのみとなりそう。

追記:宝箱の追加設置

image

宝箱をマップ中に散らばせてますが、さらに大量に追加。

この辺は、初めたばかりのプレーヤー向けの施策。

image

これに伴い、lootboxアドオンの方も若干の機能追加。

宝箱の設置最大数のリミットを設定出来るようにした。

追記:Database周辺の調整

image

そういや、データベース周りは一切触ってなかった事に気づき、見直す。

設定はほぼバニラ状態、せっかくメモリは大量にあるので、それを存分に使って稼働させましょう・・と。

(;^ω^)

MariaDBですが、中身はMySQLと同等、my.iniにバッファーを存分に割り当てます。

設定前は、4MBのメモリ消費量でしたが・・・、設定後、627.5MBとかなりの無駄遣いっぷりのようです。

(;´Д`)

image

ついでに、という事で、extDB2の最新版にも変えておきます。

v71が最新のようですが、中身のコメントが変わっただけ?という。

:(;゙゚’ω゚’):

追記:LootPositionCreatorを使わず改造で回避

image

建物などへのアイテム湧きを設定するには、Exilemod Loot Position Creator MODで黄色玉でコツコツ設定する必要がありますが。

これが地味すぎる作業で、なんとか自動化できないものか、ちょっくら試してみました。

@ExileServerの2ファイルだけ改造すれば、自動化可能です。

(;^ω^)

ただし、建物種類が判断できないので、そこだけなんとかしないとダメですねぇ。

image

ExileServer_system_lootManager_network_spawnLootRequest.sqf Line22

//if !(isClass(configFile >> “CfgBuildings" >> typeOf _building)) throw false; if(count(_building buildingPos -1)<2)throw false; //*add

ExileServer_system_lootManager_spawnLootInBuilding.sqf line17

//_lootTableName = getText (_buildingConfig >> “table"); //_localPositions = getArray (_buildingConfig >> “positions"); _lootTableName = selectRandom [“CivillianLowerClass","CivillianUpperClass","Shop","Tourist","VehicleService","Industrial","Medical","Military"]; _localPositions = []; { _localPositions pushBack (_building worldToModel _x); }forEach (_building buildingPos -1);

これだけです。簡単でしょ。

(;´∀`)

追記、動作未チェックですが、こうすると、空港・軍事施設だけは、Militaryアイテムにする事ができますね。多分

private _ln=toLower(text nearestLocation[getPos _building,"nameLocal"]); _lootTableName = if(_lb find “airport" > -1|| _lb find “military" >-1)then { “Military" }else{ selectRandom [“CivillianLowerClass","CivillianUpperClass","Shop","Tourist","VehicleService","Industrial","Medical"] }; _localPositions = []; { _localPositions pushBack (_building worldToModel _x); }forEach (_building buildingPos -1);

追記:デバッグとデバッグとアタス

image

Lootboxアドオンに、細かな機能を追加しまくってる性で、連日のデバッグ作業が続いてる。

lootboxや車両湧きに、ランダム値を入れられるようにしたり、ログ出力を見やすくしたり、固定湧きの制限値とか、本当に細かいの。低負荷・高速化のための改良とか。

名もなきランドマークに、まれにAIが湧くとか、出来るようになった。

あと、ゾンビシティという機能も追加したんだった。

どこかの町は、強烈にゾンビが湧くというもの、ただ、まだ報酬のアイデアが無いので、どーしよーか。

image

また、マニュアルを、PDF化しました。

こっちの方が見易いしね。。リンクも貼れるし。

(;´∀`)

いつOffice365を解約するか分からないので・・・、安定のLibreOffice Writerで書くw

image

ほら、かなりマニュアルっぽくなったでしょ。

(;^ω^)

まだ、ピュアテキストそのまんまですが、章節とリスト位は直しておく。

image

ゾンビシティの報酬。

せっかくのlootboxなので、同じコードや設定を流用しましょう。

ゴミ率が極端に低い状態で、レア度高めでアイテムが選別されるようにする。

個数は、ゾンビ中心地に、まとめて複数個置かれると。

Exile_Container_OldChestのクレートオブジェクトに固定しました。

これだと、開けるという、ひと手間があるので、最適かと思うわけです。。

(;^ω^)

image

国内のArma3情報では有名な弱者の日記にて、ChernarusReduxが紹介されてました。

開発公式の方で、開発状況の高解像度(4K)スクショがアップロードされたらしく、これに合わせてのものみたい。

チェルナルスマップは複数公開されてますが、最も意欲的に開発が進められてるので、期待が膨らむばかりです。

もちろん、私が構築してるサーバのマップも、こちらです。

バグ報告もしておりますよぉーーw

(;´Д`)

皆さんも、見つけたらバグ報告しましょう。開発には参加できませんが、せめてもの、お返しで御座います。

公式DiscordのBugReportに、スクショ(広域と狭域2枚)と場所(座標と町名)を投稿するだけの簡単なお仕事です。

image

追記:JIPやらなんやら

動いたらOKってな軽いスタンスでコーディングしてた性で、今更ながら、コード全体を見直してる。

マルチだと、後から入ってきたプレーヤーでも、現在の環境をそのまま継続させなきゃいけない訳で、その辺の仕組みが、JIPで、発行されたコマンドをキューに入れて管理されてる。

lootboxアドオンで、新しく入れた、放射線エリアの増加の所で、ぶつかった課題だった。

現在インしてるプレーヤーだけじゃなくて、後からインしてくる人も考慮にいれなきゃね。

無駄なsetVariables周りも整備見直し。