【デ】ARMA3 EXILE MODサーバの旅その116

2020年6月26日

image

追記:夜間はトレーダー売値が1.5倍

追記:時間速度のカスタム

追記:梅雨の涼しいうちのデバッグ

追記:スナイパー対策&時間サイクル

Discordに参加頂いてるJSDF MOD開発者のgachopinさんに、触発されて、Blenderというものを弄り始めてます。

有名な3DCGデータのエディタで、Arma3的にいえば、モデリング、アニメーションなどのデータが制作できる。

上写真は、同gachopinさんが過去に作ったGT-Rモデル。Arma3用のプラグインを入れて、p3dを読み込めるようにしてる。

しかしながら、そもそも論、使い方がまったく分からない。

(;^ω^)

image

公式からデモファイルをダウンロードしてみる。なんぞこれ。

(;´Д`)

レイトレ用の設定らしい。

image

がっつりモデリングされてます。

image

ちなみに、レンダリングしようとしましたが、数時間掛かるらしい。

CUDA(nVidia)でビデオカードによるレンダリングも出来るらしい。

少しづつ勉強していきませう。。

(;´∀`)

image

lootboxアドオン、コード全域に渡って書き直しを行ってしまったので、デバッグをしてる。

これがうまくいけば、結構な高速化がはかれます。

追記:スナイパー対策&時間サイクル

目次

image

安全に遠めからのスナイプでプレーされてる方も多いと思いますが、これに少しばかりのリスクを・・と、こんなものを追加。

(今の所)高所600m以上の距離からスナイプすると、プレーヤー周囲にゾンビが湧くようにしてみる。

走るやつも・・。

スナイプ中は、周囲を目視する事が出来なくなるので、若干ではあるものの驚異になるかと。

(;^ω^)

あと、新しいサーバーアドオンで、サーバーリスタート時に日付時間がリセットされないように追加。

PTWS

これで、サーバーリスタート時は、前回リセット時の天候や時間がそのまま継続された状態になる。

状態をデータベースに保存して、再現する方法のようです。

また、時間速度の設定もできるようです。

追記:梅雨の涼しいうちのデバッグ

image

デバッグとはいいつつ、思い付きをその都度入れ込んでるので・・。デバッグが終わる訳が無いw

(;´Д`)

そろそろ、ChernarusReduxマップの0.97RC更新が入るようです。

素晴らしい働きで御座います。

image

Discordの秘密の部屋では、いつもの画像が乱立しておりますw

image

image

(;^ω^)

追記:時間速度のカスタム

image

先日導入したPTWS-masterには、時間速度を操作する機能もあるのですが、これに若干ばかりのカスタム。

通常のサーバだと、昼と夜で速度が設定されてる場合が多い、夜は早く過ぎるのも、この性。

Arma3の朝日や夕日などのマジックアワー帯の、風景のキレイさを存分に味わって頂きたいので、この時間帯は、時間をゆっくりとすすめる。

太陽高度が低い時の、ポジション取りにも影響しそうですよね。

(;^ω^)

if((daytime > 6.00 && daytime < 7.00)&&(daytime > 17.00 && daytime < 18.00))then{

    _timeMultiplier = 1;

}else{

カスタムとはいえ、めっちゃ簡単なもの。上記だけ。

正確な時間帯は、調整が必要ですけどもね。

追記:夜間はトレーダー売値が1.5倍

image

夜間はプレーヤー人口が少なくなる対策としてのひとつ。

トレーダーでの売値が1.5倍になる施策。

まだ、テストしてないですが、1行追加するだけ。

ExileClient_util_gear_calculateSellPrice.sqf

_amount = _amount * [1,1.5]select(floor _daytime < 6 || floor _daytime > 19);

最後の上行に、これを追加するだけ。

ちなみに、買値の方は、数箇所の変更が必要になるようです。

さて、どうしようか。