【戯】Unityなるものを触り始める

プライベートunity,アプリ,レビュー,開発

image

マルチプラットフォームのゲームエンジンとして、とっても有名なUnity、流行から結構遅れてですが、触り始めております。

過去にゲーム自体を開発した経緯があるので、気にはなっていたけど、関連記事はスルーしていたので、いろいろと驚く点が多くあって新鮮です。

まだまだ、全然分かってない部分は多々あれば、な~んとなくですが全体が見えてきましたので、現段階での印象みたいなものを。

(;^ω^)

Windowsに限らずMacOS・Linux、スマホ、SteamやPS4・Switch向け、Web向け(これはまだ怪しい)のアプリケーションが容易にビルドできてしまう。

流通してるデバイスをほぼ網羅してるに等しい。

ゲーム開発に必要な部分は全てパックされれて、スクリプトで書かなきゃいけない部分がほんと少なく、あったとしても、世界の誰かの成果物がそのまま利用できてしまう。

オープンソース成果物のMono(.Net)が含まれておりC#で、プログラムを書くことになるのですが、VisualStudioと親和性が高く、特段設定する事もなくインテリセンスやデバッガが利用できた(というか、インストーラーに含まれてる)

もちろん、.Netライブラリを利用する事は可能ですが、Unity側で、それぞれアッパーのクラスが用意されてるようでした。こっちを使えという事でしょう。

ゲーム開発において、完全にパックされているので、Unity側で決められたルールに従ってアプリを構築していく事が強要されるので、若干の不安を感じますが。

だがしかし、細かな所まで入念に「よりシンプルに」といった、ポリシーめいたものを肌で感じます。

キャラクターを出して、移動させて、消して、なんてよくある操作は、数行のスクリプトだけで実現できてしまうし、ほとんどの設定の類は、マウスだけの操作でやっつけられてしまう。

確かに、革新的ですUnity。

まぁまぁ、それなりに重いソフトですので、それなりのスペックな開発PCがあった方がよさそうです。