【車】人気のカオスバッテリーに交換@簡単&安い

プライベートDIY,カー,バッテリー,交換

image

最近、車のエンジン始動の様子がおかしくなってきたので、そろそろバッテリーを交換しなくてはいけない時期になってきた。

確か、4-5年位経ったかもしれない(覚えてない)

(;´∀`)

んで、量販店とは比較にならない価格で購入できるネット通販で、(クソ重い)カーバッテリーを購入してみた。

通販だと、液漏れや、商品の状態が分からないので正直不安でもあります(バッテリーはとにかく鮮度が大事)

購入するものは、パナソニック社製カオスで決定していたので、どこで買うかだけだった。

んで、私が購入したのは、(上記の理由で)商品の回転が早そうな人気のショップ、そして、一番お安いところ(Amazonで10160円、この店で9968円だった。2020/10)

楽天市場「激安カー用品webいちばん店」

なんと、Amazonよりも安価だった、ここで買いました、注文後、次の日に届きましたよ。Amazonのお急ぎ便(有料)ですら、2-3日掛かる場所ですよ。ここ。送料無料だし

ヽ(;゚д゚)ノ

image

液漏れや商品凹みも無いようだった。

早速、電圧を見る。12.57V、激しい劣化はしていないのでよかった。ホームセンターとかだと、長期で棚に置かれてるので、とんでもない数字になってる。

image

MF(メンテナンスフリー)のような趣です。

半透明ケースじゃないから、液量が見れないし、各セルのフタも物理的に触れないようになってる。

補水するなら、このシールを剥がせと書かれてます。ただ、剥がしたら、減液抑制機能が無くなってしまう。

image

よく見るこの窓から、健康状態を確認しろと。

・・・まぁ、あてになりませんが。

image

さて、取り付ける前に、満充電をしておきます(トップ写真)

自分はこれを利用してます。軽・普通自動車なら、これで十分です(最大3A)

車に取り付けていきます。

バッテリー交換は、めちゃめちゃ簡単で、短略(+ーのショート)さえ気を付ければ、誰でもできます。

工具が必要だけど。

image

多くの自動車は、ボティ(鉄)そのものが、マイナスに繋がってるので、このプラス極が絶対に、それに触れちゃいけません。絶対にです。

不安なら、タオルとか用意して、絶縁対策した方がいいかも。

image

バッテリーの新旧のご様子。

お疲れでした、ユアサのバッテリー。まだまだ元気なので、次は、太陽光発電で活躍して頂きます。

ユアサは、60B24L、カオスは、80B24Lです。若干ですが、容量アップです(60→80)

※Bの後の24がバッテリーの物理的大きさを示してる

安価なバッテリーは全て、韓国・中国製のシロモノなので、注意です。電気が無いと、車は走れないんですよ。とっても、重要なパーツです(よく見るBOSCH、ATLASとかね)

image

ちょー汚い受け皿をお掃除する。ついで

image

んで、バッテリー交換後の洗礼といえばこれです。

電子機器の類が、リセットされてしまいます。

時間設定する方法が分からず・・・。どーすんだっけ

:(;゙゚’ω゚’):

最近の車だと、内部のコンピュータで記録してる運転ログ?のようなものも消えてしまうんだそうです(この辺はよく知らない、つまり新車の状態に戻る)

こういうのが嫌な方は、お店にお願いする必要があるでしょうね(バッテリーのバックアップ電源を用意する方法があるけど、そこまでしなくてもねぇ・・)

んで、エンジンを始動してみる。

セルの回転を感じる事なく、瞬時に始動。。

おーーー、新しいバッテリーの気持ちよさ、たまらん。

( ´∀`)

容量がアップしてるし、オーディオの音質も良くなるという事だが、体感では分からず(そんなもんだw)

日本製の高品質バッテリーが結構安価に購入できるので、確実にオススメできます。いいですよ、カオス。

一般的な軽自動車なら、これ19サイズだと思う。5000円以下ですよ。

ただ、アイドリングストップ車だと、もっと高くなっちゃう。個人的に、アイドリングストップって意味が無いと思うんだけどなぁ・・(バッテリーの劣化が激しい訳で、環境に優しくないよ・・)