【PC】4K環境での作業レビューとか@約3年間

プライベート4K,モニター,レビュー,作業,動画編集

image

以前よりも、手に入れやすくなった4K環境ですが、はたして、どうなのよ?という方に向けたレビューで御座います。

自分の環境は、ドウシシャのD431USという、(当時では)安価なPC用モニターでした(今は売ってない)

43インチ、VAパネル、HDMI4・DSUB1入力で、(今では)至って(ド)スタンダードなタイプです。

※HDMI2.0での4K対応

所々に、ちゃちな作りが目立つ、確実に中華製、リモコンも意味不明な無駄ボタンが並ぶといったものです(テレビのつもりで設計してたんじゃ・・)

(;^ω^)

ま、そんな事はどうでも良いですね。

4Kとは?

image

一般的に販売されてるもので言えば、3840*2160の解像度を指します。

フルHDで、1920*1080なので、縦横2倍で4倍にしたものが、4Kです。

それだけの事です。

パソコン上で、解像度変更すると、フォントサイズが120%になってしまします。2割大きい。

※フォントを大きくすると、ウィンドウやら全体が拡大される

43インチモニターですが・・、それで丁度良いサイズ感です。100%にしちゃうと、小さくて読めない。

高額な製品で、28インチ4Kなんてありますが、フォント100%での使用は文字ベース作業無理です。虫眼鏡が必要でしょうね。。。

(;^ω^)

最近のスマホの方が解像度高いんですけどねぇ・・。

作業においては?

パソコン作業での、4K環境はどうなのよ、という話題です。

記事最初写真にもあるように、4K解像度は、未だに慣れないほど広大な広さです。持て余しますw

プログラミング作業をよくしますが、エクスプローラーを大量に開いておいて、迅速に目的のファイルにアクセスする便利さがあったり、なによりも・・1番はこれです。

image

VisualStudioCodeの画面ですが・・、自由自在に編集画面を分けて一度に作業できちゃうのですw

上写真の状態でも、4K画面の半分程度しか専有してません。

(;^ω^)

しかも、フォント大きさ120%なので、やろうと思えば、さらに20%の余裕が作れます。

余ったスペースに、資料やエクスプローラー、Youtubeなど開いておけます。

image

むろん、動画を作成してる方にもオススメです。

動画に利用するSEやイラストなども、横にいくつも常時開いて置けます。

私個人的にも、この恩恵はデカかった。

サブモニターとの比較?

image

モニターをもう一台接続して、マルチモニター環境でも、作業領域を大きくする事ができますが、4K1枚とどう違うのか。

※フルHDのモニター4枚あれば同じ広さ

マルチモニター環境を試した事があるなら、誰しもが感じる、あの、モニター間の違和感

資料だけを、サブモニターに置いて、一切触らないッ!・・といった運用なら、必要十分かと思いますが、操作しようとすると、突如ストレスになりませんか?

慣れの問題かもしれませんが、作業・思考が一度ストップしてしまうんです。

省エネ・エコの観点からも、あまり良くないですし・・。

とにかく場所をとる

image

設置場所がこまる。

43インチともなると、横幅97センチです。

これだけ大きいと、モニター足も相当場所を取ります。

私の場合は、モニター足を取って、壁にそのまま掛けてる状態にしてます。ホームセンターで、動かないようにゴム平台のようなものに乗っけてる。

(今測った)目からモニターまでの距離は、60cm位。この距離が、自分的には最適ですが・・。

巨大モニターの明るさで、目がヤラれるので、かなり輝度を落として利用してます。

アームは利用できない

無いことはないんですが、一般的なモニターアームが利用できません。

重すぎるんです。

(;´∀`)

リビングのテレビ用VESAマウンタとかありますが、壁設置のみになりますので。。

PCゲーミングは条件付き可能

4K環境でのゲーミングは、まだ現実的ではありません。4Kのためだけに、10万円ビデオカードとか、馬鹿げてます。

・・が、条件付きでプレーする事も可能です。

ゲームによって、ウィンドウモードに対応していれば、そのまま普通にプレーが可能です。

・・が、やっぱフルスクリーンで大きく表示して没頭したいですよね。

(;^ω^)

image

そういう場合は、その都度、解像度をフルHDに落として、プレーする事が可能です。

私の場合は、これで対処してます。

若干の手間ではありますが、4Kの大きなモニターで、ヌルヌルでゲームが堪能できます。