【自作】Celeron G4900で自作してみる激安PC

sc20180604133534そろそろPCを新調しなければならないかと、さまざまにシミュレーションしております。

現在は、5年前に組んだ、Z87にi5 4670K(OC 4.3Ghz)です。

んでは、まず、一番安価に組んでみた場合のシミュレーションをやってみます。

最新だと、CoffeeLakeのCeleronが最も安価になるパターンになります。

intel Celeron G4900 3.1Ghz 2コア 2Mキャッシュ 現在4701円

前世代のG3930は2.9Ghzで、ベンチ的にも10%程早くなった感じのようです(ちなみに、G3930は4000円以下で買えるけども)

マザーボード ASRock H310M-HDV 7296円
CPU Celeron G4900 4701円
メモリ SP004GBLFU213N02(DDR4-4GB) 4980円
SSD CHN-25SATA01M-030(32GB) 2299円
ケース CS7096 CA-1J1-00S1NN-00 3481円
電源 KRPW-L5-400W/80+ 3391円
合計 ※CPUファン、ケーブル類も含め 26,148円

※執筆時点での価格

sc20180604140609もしかして2万円切るかな・・と思っていたんですが、若干超えてしまった。どうしても、メモリが高すぎる・・。

(;^ω^)まぁ・・最新製品だけで揃えましたからね。

Windows10ライセンスが無い人は、これに14000円程追加です。

※LinuxやBSD、Ubuntu、Chrome OSなら無料だぞ

※細かいけど、あとキーボードとマウス、モニター、スピーカー

じゃ・・まだギリギリ売ってる、前世代のKabyLakeでシミュレーションです(通常、前世代のCPU製品は割高になるんですがCeleronは例外です)

マザーボード MSI H110M PRO-VH PLUS 6079円
CPU Celeron G3930 3976円
メモリ SP004GBLFU213N02(DDR4-4GB) 4980円
SSD CHN-25SATA01M-030(32GB) 2299円
ケース CS7096 CA-1J1-00S1NN-00 3481円
電源 KRPW-L5-400W/80+ 3391円
合計 ※CPUファン、ケーブル類も含め 24,206円

sc20180604140724おおっ、2千円も安くなってしまった。

スペックを問わないなら、これでもいいかもしれない。

最近のCeleronは想像以上に高速で、一般事務処理、ウェブ、動画視聴なら、余裕でこなせてしまいます。

ただ、PCゲームは難しい。

余ってるPCパーツがある分だけ、ここから、さらに予算削減できますし、あと1万円足すだけでも、結構なスペックアップを望める。

※あと1万円で、Celeron G4900 → Core i3-8100

※あと1万円で、SSD 32GB → SSD 512GB

一番安く組もうとしたシミュレーションに、SSDが入ってきちゃう辺り、時代を感じる(一番安価なHDDでも3000円超えです。新品/320GB)

(;´Д`)

sc20180604171143もし・・このCeleron機でPCゲームも楽しみたいッ!

なら、ビデオカードを別途増設すれば、やれない事も・・ない。

Nvidiaの1050チップ辺りなら、15000円程度で購入できる。

玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1050搭載 GF-GTX1050-2GB/OC/SF

設定さえちゃんとイジれば、ほとんどのゲームタイトルがプレーできる(快適とは言ってません)

次はAMDサイドでシミュレーションしてみよう。AMDサイドなら、ゲーミングも範疇に入ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。