【IOT】遂にラズパイ4が国内販売

image

国内代理店のKSYで、やっとラズパイ4が発売開始されたようです。

とはいえ、かなり少数なようで、オンラインショップでは既に売切れ・・

しかも、4GBモデルだけのようです(嫌な空気がプンプン)

4GBモデルが、55ドル≒6600円(税込)、為替が108円なので、意外にもそのまんまの価格で販売されてる。

image

待望のメモリ1GBオーバーのラズパイ、(純粋な)ギガビットLAN、Wifi 5Ghz対応など、もう、パソコンと言っても差し支えないレベルになりました。

ですが、5V300mA(1.5W)で動作していた頃を知るものにとって、5V3A(15W)はあまりにも電気食う、15Wって言ったら・・

今どきのノートPCのレベルですよ。

(;^ω^)液晶やら動作再生中でも10Wで動く

6600円の価値があるか?と言われると、正直微妙にも見えてきます(もうちょいで、Windowsの超安価PCが見えてしまう)

あと、先んじてた海外のレビューを見ると、発熱が物凄いらしい(その後すぐ対策版が出る)です。ヒートパイプ式のクーラーが既に存在してる位です。

P_20191122_003921

私はいまの所、ラズパイZero1台だけ所有してます。

(;´∀`)

ちょっとしたファイルサーバでしか利用してないんですが、やっぱ激遅ぇ・・、んでも、7500mAのモバイルバッテリーで丸2日は持つので、こいつの省エネっぷりは本物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。