【発電】遂にソーラー4枚に!ダイオードと並列と私@その1

P1010336

これまで、100Wパネル2枚を、直列で運用してました(24V)

発電中に、本格的に電気を利用しようとなると、充電に回す電力が無くなってしまいます。

100Wパネルでは、最大7A程度が最大となります。

ちょこちょこ出番がある、「ワクヨさん 」「タケルくん 」は、動作時5A(24V)と消費電力も大きく、24H常時利用中の1~2A(24V)を足すと、発電分がまるっともってかれます。

もうすぐ、冬場という状況ですが、仕方なく増設しました。

これで、最大14A(24V)を確保できます。

P1010332

ソーラーパネルを並列にする際には、整流ダイオードが必要になります。

並列した別パネルからの逆流を防止する目的です。

いまいち、不必要な記事なんかも見かけますし、MC4ソケットの並列用分岐の商品もありますが、あれは、ダイオード入ってませんよね???

しかしながら、並列同士は結線されてる訳ですから、万一、片方パネルが発電ゼロ状態の時に、電位差が生じて・・流れるはずです。

パネル1枚、15000円ですからね・・(;^ω^)博打を打つわけにもいきませんので、念には念をとダイオードを入れます。

高速スイッチ! 15A ショットキー バリア ダイオード 10本セット TY0147

アマゾンで見つけた、電圧降下の少ないタイプで、1480円位。

P1010335

テスターのダイオードテストで測ると、-0.12Vの降下が確認できます(テスト電圧1.5V)

この降下分と電流分が、熱としてロスしてしまいます。

果たしてどれだけの熱量がでるのか?気になります。

追記:

購入したのは、ダイオード10本セットでしたが、やはり個体差というものがあり、-0.1Vから-0.25V辺りまでの差がありました。性能差2倍

実際に、利用する場合は、(セットで買った場合)良い性能のものを選別した方が良いようです。

P1010334

発電中のパネルの間に入れ込んで試してみました。

ダイオード無し時は21.9Vで、有りの時は、21.7Vでした。

0.1~0.2Vの落ち込みです。これくらいなら、誤差のようなもんです。そっか?(;^ω^)

追記:

電流によって、ロスが変わります。仕様上では15Aで最大0.5A

P1010338

なるだけ手間を掛けたくないので、このスリーブで、結線処理を行います。

100円位だ。


P1010339

カシメるだけでピッタリ加工できました。

パネルからのケーブルは3.5sqで、丁度良かった。カシメる必要も無いくらい。


P1010340

まずはこれで発電できるのか確認してみます。

ほぼ、電流は変わらずで安心。

ただ・・、気になっていた事がここで発現してしまいます。

現在は快晴、発電は6.0Aです。

発熱が凄い・・・・ヽ(;゚д゚)ノ !

数秒しか触っていられません。体感的に、60~70度位でしょうか。こいつ、ハイテンションすぐる。

急いでググって、ダイオードというものを調べました。新しいポケモンかもしれない。 ・・シリコン系ダイオードでは、これが普通との事らしい。

0.1V降下とはいえ、6.0Aの電流だと、これだけの電気ロス(熱)を発生させてしまうんですね。放熱を考えたくなる。

このダイオードは、「15SQ045」という製品で、台湾のメーカーのものらしい。仕様表

sc20141025210058

うむうむ、さらぁ~と斜め読みしたところ、逆耐電圧45V、15Aと・・・・。

ん?

あれ?

Maxinum RMS Voltage(VRMS)の「31.5」、これは常時流せる電圧の事で、明らかに超えてる・・(;^ω^)あらら

・・・と思ってたら違ってました。順方向無しの時の最大電圧?のようですが、VRRMは45V、VRMSは31.5Vとは、どう見たらいいんだよぉ・・・・(´;ω;`)

そういや、パネル2枚直列だと、22+22で44Vに達するんだった。

一瞬でも45Vを超えたら、即効でダイオードはお釈迦です。こんな危険な橋は渡れない・・。

だ・・・めだ・・。折角買ったのに・・。゚(゚´Д`゚)゚。

追記:

う・・・む、ギリギリだが、このダイオードでも定格内のようです。なんとも怪しい(;^ω^)本当なら、もうちょっと余裕あるタイプがいいのでしょう。

しかしながら、この上のショットキーバリアダイオードがなかなか見つからない。普通の整流ダイオードだと、電圧降下1.0Vを覚悟せねばならないし、本格的に発熱対策が必要になる。

sc20141025211247

こんなシロモノを見つけました。

ソーラー発電蓄電派には、驚くような商品です。

現在のソーラーシステムに、パワーコンディショナー的な機能を追加できちゃいます。

DCACインバーターからの供給が切れたら、自動で、商用電気に切り替えてくれる。

インバータからの供給が来れば、自動で、ソーラーからの電気を利用する事ができます。

いちいち、コンセントを差し替えなくてもOKという(゚∀゚)!!

ただ、交流電源の切り替えなので、瞬断は免れない、こればかりは仕方が無いです。

チャーコンのバッテリー電圧停止、に頼らず、タイマーON/OFFなどを併用すれば、より効率的に電気を利用できますね。

ん?瞬断用バッファーとしてUPSを併用したら、安全に運用できるんじゃねーの?(;^ω^)とか、考え出したらキリが無いなw

【衛星】スカパーが10/25から10日間無料放送!

P1010331

今月の25日から、10日間も無料放送だそうです。

私は、8月頃にスカパーを契約したばかりで、いまいちどう利用していいのか、分からない日が続きました。

地上波とは違い、ほとんどのチャンネルは、期間内の繰返しメインで、「これ、前に見たな(;^ω^)」という時が多い。

しかも、金払って見てるのに、CMとかあるし・・これには愕然とした(アナログ時代のスカパーには無かったと思った)

早い時期に、「やっぱ、解約しようかな・・」と思っていた。

sc20141022193830

なんですが、地上波では絶対に放送しないような、海外の番組が面白い。

左:AVじゃないですよ。サバイバル番組(ディスカバリch)です

スポンサーや、自主規制、同じ顔ばかりの、くだらない番組ばかりの地上波が、本気で「不要」と思えます。

sc20141022194519

スタートレックが、毎日観れるのか?!と期待して、加入した「スーパードラマTV」も、2週間に1本みたいなペースみたいで、ゲンナリ。

多分これは解約だな。


sc20141022194738

スカパー契約の本来の目的が、この番組「フジテレビONE」の「ゲームセンターCX」

ただ・・、放送しない月は、まったく放送しません・・(´Д⊂ヽ

「フジテレビNEXT」でも過去再放送をしてるらしいですが。

どうにも・・・、気づいたら放送してた?という感じです。

スカパーは、沢山の番組が同時に放送されているので、自分の好みにあった番組に巡りあう機会が非常に「少ない」のです。

なので、契約するなら、多くのチューナーを搭載したBlurayレコーダのIDで登録した方が良いです。

複数チューナーでも1契約でお得だし、自動録画(キーワード等)で、勝手に録画&収集させた方が楽しめます。

sc20141022195448

自分は、シャープのBD-W550という、2チューナーのもの。

常に2録画状態ですw

本当に楽しみたいなら、3チューナーはあった方がいいかもしれない。

ブルーレイレコーダー

【DIY】独立ソーラー発電のスイッチとか部材とか

P1010287

独立型のソーラー発電をちまちまやってまして、細かく部材を買い足していってます。

理系とはいえ、電工についてはほぼ無知識なので、その都度ネットで十分に理解してから、購入して買い足してます。

いや・・自分の知らない世界に突入していく感じがたまりませんです。

んで、いまだに、安全を意識した配線具合になってません。全てが、直通で繋がってます。ヒューズすらありませんw

イザという時のため、充電・給電を、一発で停止する手段が必要です。

ニッパで、ケーブルを切っても停止すんけどね(;^ω^)

sc20141019201606

こういった、家庭で見るブレーカー(スイッチ)が、使えそう・・で使えないんです。

直流の場合、簡単に断線したからといって、切れてくれない。

アーク放電という現象で、通電状態を維持してしまう。

しかも、このアーク放電で、高熱になってしまい、簡単に破損してしまう。

これは、ガラス管ヒューズなども同様で、鉄線が溶けたからと言って、遮断してくれない。

・・・と、ネットでの自称詳しい方達が書いてます。

とはいえ、所詮、ソーラー発電量と負荷量は、10~20A程度でしょう。私の場合は、24V2A以下がほとんどです。

100Wパネルで最大7A、4枚入れて、やっと21Aです(12V)

この程度で、発火するほどのアーク放電が起きるでしょうか。

わかんない(;^ω^)

ちなみに、上写真のブレーカーは、日東工業の「CB32X 2P2E 20A」という製品で、500円程度で買える一番安価なもの。

なんとこれ、DC・直流対応品なんです!ヽ(;゚д゚)ノ 10Aと30Aもありますが、値段が倍します。20Aが大量生産品なんでしょうね。

https://ntec.nito.co.jp/prd/pdf/brk/B29.pdf

sc20141019203316

単なるスイッチだろ・・

と浅はかな素人は思ってしまう訳ですが、こうなってたんですね。

「熱動」タイプといい、アナログチックで一番安価なタイプ。

発熱で、鉄板が曲がって、遮断されるという仕組み。

自然法則なので、気温なんかにも影響を受ける。必要なら、放熱にも気を使う必要がある。

DC対応を謳っていない他社製も、同じ原理で作られてるっぽいけども、注意が必要。

電子式」は、完全に交流専用らしいので、注意です。

sc20141019204739

交流用と謳ってますが、シンプルな構造なので、たぶんイケるはず・・。

しかも、ヒューズも搭載可能。

ナイフスイッチ型のもの。824円(現在)日東工業の製品

CKS 2P 15A


sc20141019205022

完全なる業務用なボタン式のもの。

DCとは謳ってないので、交流用なんでしょう。たぶん。1000円前後

春日電機 動力用開閉器 BS215B3 BS215B3

 


sc20141019204027

完全にDCバッテリー専用品のもの。この製品が一番安価です。40A対応

2516円(現在)

40aバッテリー切替スイッチ Ea840da-5

2個までの切り替えが行えます。

中の接点がどうなってるか分かりませんが、切替時に瞬断しそうですよね。

sc20141019210154

あと、何気にコストが掛かるのが、ケーブルです。

所詮ケーブル、されどケーブルなんですが、太ければ太いほど効率が高くなる訳で、安いからといって細いものを使うと、火災の原因になります。

太くなれば、2度見してしまう程、高額です・・(;^ω^)

自分は、VCTF(2芯2mm)という、電設の汎用品で誤魔化して利用してます。

1mが、約120円程度で、ホームセンターで手に入りやすいんです。

2mmが2芯という事は、合わせて・・4mmじゃまいか!ヽ(;゚д゚)ノ

・・と、剥いた両端を、ねじって合わせてますww 4mmもあれば、40Aまで頑張れるでしょう。

sc20141019211057

一番安価なのが、この電設用のVVFケーブルです。

ご家庭の屋内配線で利用してるそのもの。

100mで3990円ですよ。

1mで39円(;^ω^)

1.6mmと2.0mmの2タイプ。2.0mmは2倍位します。エアコンなどでの200Vで利用するものらしい。

富士電線 VVFケーブル 1.6mm×2心 100m巻 (灰色) VVF1.6mm×2C×100m

安くて良いんですが、問題が一つ。

これ、単線(ぶっとい針金)で、ケーブルを曲げるのに難儀します(可とう性が悪いという)

以前、2.0mmのVVFを購入したんですが、末端処理に四苦八苦しました。「より線」の有り難みを感じましたね。

単線は、より高効率で電気を運べるという利点があるので、動かさないところに利用するもんなのでしょう。