「ISP」タグアーカイブ

【net】純粋なネット速度を計測するには?

image

インターネットが遅くてたまらないっ!なんて事をよく聞きますが、ほんとに何が遅いのか調べる方法です(IPv4の話)

通常、経路上は、NTTフレッツ網を経由してから、プロパイダに接続されてます。

検索するとネットの速度計測サイトがありますが、あれは、そこまでのネット上の経路を計測してるにすぎません。

image

ほとんどの方がNTTフレッツ又はコラボ回線だと思います。

NTTには、「サービス情報サイト」という通常のインターネット接続では見れないサイトがあります。

image

HGW又はルータに、接続情報を追加登録します。IDは、guest@flets、パスワードはguestとします。

すると、契約してるプロパイダとは別に、接続状態に推移するかと思います(正確には、pppoeセッションが空いていればです。通常は空いてる)

サービス情報サイトに接続します。

https://flets-east.jp/

すると、NTTフレッツの利用者だけの特別なページが表示されます。

その中に、「フレッツ光 通信速度測定」があります。

image

ページ上に説明があるように、NTTフレッツ網の速度を計測できます(つまり、プロパイダ以前の回線速度)

image

私は(訳あって)IPv4契約状態(個人宅)なので、80.3Mbpsとなかなかの数字が出てます。地方だし、こんなもんでしょ。

・・が。

image

検索で出てくるような計測サイトを見ると、8Mbpsまで落ち込んでしまいます。凄い激遅っぷりですw

(;´Д`)え、ADSLですか?

つまりは、この落ち込み分が、プロパイダ側の遅さが原因だと理解できます。正しくは、プロパイダというよりも、その先の経路ですけど(安価なプロパイダはどこも同じようなもの)

image

プロパイダから先(実際のネットまで)にある、ルータ装置が、常に過剰な状態で処理し続けてるのでしょう。

プロパイダも飛び越して、その先の日本の出口に相当する所に直接接続するのが、最近流行ってるIPoEというもの(AUひかりはデフォ、NTTは別契約)

※この場合、IPv6 over IPv4で、同時にIPv6移行になります

【net】インターリンクでIPv6が1080円に@利用者

sc20180821211704数ヶ月前にインターリンクに引っ越しをしまして・・。

固定IPが欲しいがために、IPv4で契約してます。

当初は、頻発する激遅ラグに退会しようか、悩みましたが、一応は解決したっぽい。

・・が、言うほど速くは無いが、及第点と言った印象です。

メンテナンス情報(公式)

※以前は、毎週のように通信障害が起こってた

動画視聴やPCゲーミング(海外)に耐えられてるので、良しとしてます。

んで、インターリンクは安価?という印象のプロパイダですが、IPv6接続に関しては、これまで約2000円でした。

これが、税込1080円と半額になったようです(ZOOT NATIVE)

どうしたんでしょう、上位から安くしてもらったんでしょうか(IIJかな?)

(;´∀`)

もちろん、安価なプロパイダはあるけども、1000円なら十分安いし、固定IP(IPv4)と同時契約が可能なんです(+税込1296円)

但し、注意点があります。

sc20180821213927DS-Lite対応のルータが別途必要になります(安価なもので6000円位)

この辺が、他プロパイダと違う所です。多くは、無線LANルータとして販売されてます。

※写真には意味は御座いませんw

バッファローだと、WXRから始まる型番、アイオーデータなら、WN-AX1167/2033のいずれか。

BIGLOBEなど他系プロパイダだと、v6プラスという形式で、NTTホームゲートウェイの更新だけで済むので、若干不利でもあります。

【net】各国との海底ケーブルの繋がりを見る

sc20180702130310インターネット黎明期に、こういった地図がよく雑誌に記載されてましたが、今はどうなってるんか。

国内のネットサービスでも、そのほとんどは海外にある訳で、実際にどこを経由して通信してるか気になるもんです。

http://www.cablemap.info/

Googleマップのインターフェースで、海底ケーブルマップを見ることができます(名称、太さ、長さ)

Future Cablesにチェックが入ってると、予定されてるケーブルも表示されます(日本とロシアにブットイのが予定されてるらしい・・50T規模)

(;^ω^)

アメリカと日本には沢山引かれてますね。

ハワイやグアムとかを沢山経由してますが、現地の方は恩恵を得られてるんだろうか、気になる。

日本と東南アジア諸国にも、ぶっといケーブルがあるのが分かります。

sc20180702132729んで、こちらは、画像で提供してるところ。

https://www.glif.is/publications/maps/

こちらの方がまとめられてて見やすいかもしれない。

※画像ですが結構デカイ

sc20180702132851もっと俯瞰だとこんな感じ。

1本、どんだけのコストが掛かるんか、想像するだけでも恐ろしいです。

日本東側には深い海溝がありますが、宙ぶらりん状態なんでしょうか。

(;^ω^)