【PC】あえてRadeon R9をチョイス?@調べてみた2015

sc20150920190934

なんだかNVIDIAのGeforceばかりが売れまくってるそうで、AMDがどうにも元気無い。

と言ってる私も、Geforce 760を常用中なのですが(フルHDでは厳しくなってきた)

うんや、ここであえて、AMDに乗り換えてみようと、色々と情報を集めてみました。

なかなか、ネット上に情報が無いんですよね。悲しいぞ!AMD

Radeon R7とR9シリーズがラインアップされてますが、(下位すぎる)R7は省きます。

性能の良い順で、R9 Fury / 390X / 390 / 380となってます。

ただ注意すべきなのが、前型のR9 290X / 290 / 280X / 280 / 285と同じ(リナンバリング)という点(メモリ量やクロックが多少違う)

・・つう事は、中古で前の型を安くゲットしても良い訳です。

現行 チップ その他
R9 Fury Fiji / 最上位 約10万円
miniITX用製品アリ
R9 390X Hawaii / R9 290Xと同等
中古なら約3万円
約6万円
メモリ8GBに増量
Geforce980に近い
問題は発熱
R9 390 Hawaii / R9 290と同等
中古なら約3万円
約5万円
メモリ8GBに増量
Geforce970に近い
問題は発熱
R9 380 Tonga / R9 285と同等
中古なら約3万円
約4万円
Geforce960に近い

Radeonは、Windows10・DirectX12でさらに能力アップ、余計な価格が乗らないFreeSync(同期技術)や、4K完全サポートなど、利点はとても大きくて、NVIDIAよりもいくらか安い。

メモリ8GBが利用できる一般向けビデオカードは、R9 390しか選択肢がありません。これなら、どんなタイトルでも、最高画質でプレーできます。

※Geforce製品はメモリ問題があり実質3.5GBまでしか利用できない

スペック的に、380と390の間に、380X?385?とか追加されそうな予感。

Radeon R9シリーズ

sc20150921105922忘れちゃいけないのが、Radeonシリーズは、HDMI2.0には非対応という所。

HDMI接続で、4Kで60fpsを利用したい場合は、Radeonは選択肢から外れてしまう(DisplayPort接続ならOK)

これが、Radeonが売れない理由の一つです。

HDMIしか搭載していない液晶テレビなどでの利用が難しい。

来年2016年には、新チップの製品が投入予定のようです。NVIDIAは、しばらく現行でいくようです。

intelのCPUは、14nmに移行してきたので、GPUメーカーは、いまだに24nmと移行が難しいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。