【GAME】ARMA3 EXILEの1.68Taunuasの旅60

20170320135430_1さて、Arma3のバージョン1.68騒動後、久し振りのMIJ Taunusです。

前回ロストしてしまったので、ゼロからのスタートとなります。

全ロストしても、新鮮な気持ちでプレーできるのが不思議。

20170320141203_1車だけは、ロスト地に駐車してたはずなので、一応取りに向かいます。
20170320141602_1あった。。。

ε-(´∀`*)ホッ

記憶だけを頼りに探しましたよ。
20170320142312_1草原のど真ん中に、キャンプファイヤーの後が・・。

近くにプレーヤーが居るかもしれないので、慎重に行動します。
20170320142736_1・・と、対向車線に一台の車が止まってる。

道路上に沸くのは見たこと無いけども・・。

近づいたら・・、プレーヤーが2人乗ってるッ!!!

ヽ(;゚д゚)ノ

チャット欄に「HELP」と書いた(多分)外国のプレーヤー、こいつなのか?

しかし、何もしてこない。

こちとら、装備無しだが、唯一の車両(バギー)を失ったら困るので、急いでその場を離れました。

20170320144000_1久々に家賃を払いにOFFICEへ。

バージョン1.68になって、細々と変更されてるらしく、車両の操作感、(他動画で知った)弾道具合など、もう少しARMA3をやりこまないと気付かないでしょうね。

Taunusマップやオブジェクトも微妙に変わってます。何箇所が気付きました。

サーバリスタートで、一旦落ちます。

20170320162459_1ここで、以前から気になっていた、これ。

MAPからプレーヤーを見るリストですね。

ここに、こんな感じで、プロフィールみたいなものを表示できます。

20170320162533_1このやり方ですが。

https://community.bistudio.com/wiki/squad.xml

公式にはここに書かれてます。

簡単にやる方法として。

必要なモノ

  • squad.xml / squad.dtd
  • logo.paa (画像を入れる場合)
  • TexView2 又は PAAファイルを扱えるソフト
  • インターネットから見える場所(ウェブとか)

先のリンク先に書かれてるsquad.dtdをそのまま利用、squad.xmlは、<***>タグ内を編集、memberタグ内のidに、上写真の(タイトル画面右上プロファイルの)プレーヤーIDを入れます。

画像を入れ込むには、256×256でPNGファイルで作成しておきます(透明OK)

sc20170320171105ボヘミア製のTexViewというソフトをインストールします。

http://www.armaholic.com/page.php?id=1563

この他、フォトショップのPAAプラグインとかあるようです。

TexViewにファイルドロップして、SaveAsでlogo.paaとして保存します。

squad.xmlの、pictureタグ内に、logo.paaと書いておきます。

ここまで出来たら、ホームページやブログがあるなら、そこにこのファイルを置きます。ネットから見える場所ならどこでも良いと思うので、ファイル共有サービスとかでもイケるのかな?

後は、ARMA3を起動して、右上のプレーヤープロファイルから「ユニット」「分隊XML」の所に、ファイルが置いてある(ネットから見える)アドレスを入れます。

CSSファイルも書けるようなので、ガチガチに(修飾)書けるっぽいですが、そこまで調べてません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。