【vps】Saases VPSにPHP5.3をどうにゅる

lrg_10057248

初期では、とっても古い、よく言えば安定したものが入っているので、最新版を入れます。

必要に駆られたのは、新しいWordPressに対応させるためです。

とくに問題もなく導入できました。

 


もちろん、通常パッケージには存在していないので、Redhatの息のかかったFedoraから頂いてきます。MySQLもまとめてアップデートします。

rpm -ivh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
vi /etc/yum.repos.d/remi.repo
(Enabled=1を0にする)
yum update –enablerepo=remi,epel php mysql mysql-server

php –v

入れ替わったか、確認のためバージョンを表示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。