【pc】サイドワインダーX4を購入@マニアレビュー

sc20120327213821

よさげなキーボードを探しまくってみて、このキーボードを選んでみました。

予算1万円だったのですが、やっぱ、入手性や下手な癖を付けたくないので、あえてメンブレンです。

ですが、少しでも高品質なものを・・と、ちょうど格安だったゲーミングキーボードです。

他では語られてないマニアなレビューをしてみたいと思います。現在価格3000円程度で入手可能です。

sc20120327215150本体は、薄型で大型、机に張り付いているような印象です。底面グリップも強く、滑りの心配も無用です(ただチルトにはゴム無し)

大型とはいえ、左側キー分3cm程度広いだけですけど。

驚いた事にQWERキーと、ファンクションキー(F1-F12)とかと、タッチ感触が違うんです。スペック表にも書いてますが、いわゆる一般キー(2000万回)とコントロールキー(50万回)と、キー耐久性が違うんです。つまり、中身の仕組み(素材?)が違うんでしょうね。多分

コントロールキーは、若干ストロークが長めな印象で、若干チープな感触です。しかし、2000万回って凄い数字ですけど、本当に計測したんですかね・・(;´Д`)

sc20120327222715QWERキーは、抜群の高級メンブレンな感触です。想像以上でした。ストロークも小さく、浅くスイッチが入ります。もちメンブレン特有のカチャ音は鳴りますが、断然静かです。音的には、「スコッ」という感じ。当然ですけど。キーの高さやデザインは、パンタグラフ式のものを想像してもらえればいいですね。

小指でも適度に押し込める圧力ですし、第一印象的にはかなり上位です。本当に、メンブレン最高級キーといっても良いでしょう。端押しでも、若干の抵抗がありますが押せます(普通の感触)

最近のキーボードにありがちなINS/DEL/Page系の変態配列もありません。しいて言えば、ファンクションキーの縦長さ位(一般キーの半分、横は一緒)で、スムーズに移行できます。

ゲーミングキーボードですので、同時押しもOK(17キー)、普通のUSBキーボードだと6キーまでなので、どうやって実現したかというと、複数デバイスとして機能してるらしいです。さすがですね。

ちなみに、排水機構はありませんので、ジュースこぼしたらアウトです。

DSC_0034

特徴的に言われるのが、このキー単独で光るイルミネーション機能(Logicoolのものは、3箇所で全体光らす方法なのでまばららしい)が、とにかく綺麗です。これは誰もが同感なはずです。

部屋が真っ暗でも全然見えます。

(写真:まだフィルムが貼ってある状態)


DSC_0035

パームレストは、意外に本体素材を加工したものでした。てっきり、ゴムや合皮みたいなものかな・・と想像してました。

・・ですが、手触りはナイスです。プラスティック素材に、細かく切り込みが掛けられているパターンです。多分、手垢とかが溝に入り込みそうです。掃除は不可能とみた方がいいですね。ちなみに、外せません。高さが低く傾斜してます。自分的にはフィットです。

sc20120327220941導入当初は、サイズ感が分からなく、ミスタッチも多かったのですが、パームレストの固定位置が定まってくると、次第にブラインドタッチしてます。左側のマクロキーのミスタッチが怖かったのですが、キーの高さが低い&1cm程度の隙間のおかげか無意識に判断するようになりました。

写真でも分かりますが、マクロキーには、小さな突起があります。S2/S4/S6 また、Wキーの下部右と左にもあります(なんでかWだけ2個の突起)

個人的には、ゲームの他、常用(プログラミング)でも利用しますので、マクロには、開発環境のデバッグ(ステップ実行関係とか)にいけるかなと妄想してます。

マクロは、アプリごとに自動切り替えができるそうなので、設定だけで日がくれそう(;´Д`)

デスクトップ時は、仮想スクリーン切り替えとかに割り当てるとカッチョイイかもしれませんね。

欲が言えれば、マウス用にUSBハブとか付いてれば良かったかも。あとは、パームレストを外したり、掃除ができるものであれば・・といった具合。

ソフトウェア関係のレビューは後日に・・。

本当に安いので、在庫があるうちにゲットしておいた方がいいかもしれません。暗くても利用でき、静かで、安い高品質なメンブレンです。

何より、天下のマイクロソフト製品ですので、壊れても保証が効きます(これ重要)

【匠】PCのキーボードにこだわって探してみた2012

sc20120325181355

浅めで、静かな匠キーボード(主にテンキーレス)を幅広ーく探します

一度コダワルと、際限なく極めてみたい衝動に駆られて、結局使われないで部屋の中に散乱してしまう結果になりかねません。

今はネットという武器もありますが、ステマや多角的な需要が横行しているため、なかなか自分にジャストミートな情報に行き当たりません。

自分もその一人で、彷徨ったあげくRealforce91U(2万円/カスタム品)で2年位落ち着いたんですが・・(;´Д`)

英語キーボードの方がいいんじゃね?

・・といった、何気ない(バカな)思いつきから、また旅に出ることになったんですが、これが失敗でした。一度、PC環境を変更すると下手な癖が付いちゃうんですよね。HHKB proやlite/lite2、ACKシリーズ、Lenovoトラックポイント他と色々渡り歩いてきました。

sc20120325182327

ちなみにこれを使ってます(現在)

英語メンブレン、浅いし静かです。ゲーム用の231UGAなのでNキーOKで、鉄板入りで安定してます。

・・が、稀にキーが無反応になります。そろそろ壊れたのかもしれない。

英語キーボードに関しては、プログラミングなどには最適なんですが、何気に日本語が不器用になります。無変換キーやカタカナキーが結構仕事してたらしい(;´Д`)

sc20120325183055サンワサプライやBuffaloなんかも結構需要を反映してか、いろいろあるんですよね。

これまでの苦い経験から避けがちですけどねw

もち、これらサプライメーカーも含めて探します。
ここでリスティングしたのは、レビューや記事を探しまくって、自分なりのものです。参考になれば幸い(2012年3月)

主にテンキーレス、浅めのタッチ(3mm程度/45g)で、フルキーサイズ19mm、スイッチ形式問わず、USB有線のものとしました。

sc20120325184104

世界一の座に据えるならこのRealforce(14000円から)です。

日本語ならREALFORCE91Uとなります。エリア毎にキー重さが違うのは、この製品位です(同じ重さの製品も有り)昨年、待望の英語版も出ました。

非接触スイッチ&キー印刷も昇華型(一部除く)で、全てが一線を超えてます。

私も所有してました。小指の辺りは30gなので、軽く乗っけただけで押しちゃう位です(これが嫌な人も多いようです。慣れ次第ですけどね)

東プレ NG0100 REALFORCE91U

sc20120325184846

ちなみにこんな姉妹製品もあります。ミヨシMCO

Realforceと謳ってないので気づきませんが、れっきとしたRealforceです。

赤いShift、青いCtrlと側面の見慣れない印刷が、これExcelショートカットなんです。

ちなみに、普通の108Uよりも安いという(;´Д`)

ミヨシ MCO Excelショートカットキーボード 東プレ製キーボード USB接続 日本語108キーボード SCK-01

sc20120325185246

続いて、Cherryの赤軸を搭載したARCHISS I-T Touch KB91LRです(日本語と英語あり)

Cherryスイッチでも一番軽く、Realforceに似ていると言われる赤軸と、このスタイルですよ。

同時押しもOK。CAPSとScrollLockにはLED内蔵です。

価格も、Realforceの1/2以下の7500円近辺です。今、一番気になってるのがこの製品(ってか、ポチッてしまいましたが)

ARCHISS Cherry社製 赤軸キースイッチ採用 テンキーレス メカニカルキーボード 日本語91キー ブラック I-T Touch AS-KB91LR

sc20120325185904

アキバショップ「クレバリ」独自ブランドで展開している、EZ-DigiX。

Cherry茶軸を採用して、なんと5980円という価格で売りだしてます。残念ながら、赤軸や青軸や、テンキーレス、英語版などはありません。これだけです(日本語フル/茶軸)

ただ、すぐ売り切れるようです。

Cherry茶軸 メカニカルキーボード (EZ-KB108C02-BK)

sc20120325190333

テンキーレスではないのですが、ここだけのお得なお話です。

マイクロソフト社のSideWinder X4ゲーミングキーボード。バックライトで、キーが光ります。マクロ登録もOKで、ゲームにも仕事でも便利です。レビューも高評価です。浅め&静かメンブレンタイプ、手前のパームレストの素材がナイスだそうです。

現在4109円なのですが、限定版が、なぜか3164円とめっさ安い。もち、中身な同じもの。

Microsoft® SideWinder® X4 Keyboard モンスターハンター フロンティア オンライン スペシャル エディション JQD-00019

sc20120325191029

量販店でも見かけるサンワサプライのSKB-KG3W、メンブレンの55g/サイズ19mmです。

Fnキー併用は、PgUp/Down、HomeEndのみでそのままカーソルに割り当てられてます。変態キー配列でナイのがOKです。横幅をギリギリカットしてます。それでいて、フルキーサイズを確保。

これが、1561円です(;´Д`)

SANWA SUPPLY SKB-KG3W コンパクトキーボード ホワイト

sc20120325191650

これは趣旨がずれますが、SONYのスティックポイントが付いてるBluetoothワイヤレス日本語ミニキー。

マウス要らずという画期的な製品です。もともとは、PlayStation3用なんですが、普通にBluetoothで利用できます。4000円で買えちゃうのも素晴らしい。

レビュー的に厳しそう(無線LANと混線してるだけっぽい気がするけど・・)ですが、サブ用途で見るとヨサゲな感じでしょうか。

PlayStation3専用 ワイヤレスキーボード (Bluetooth対応) (CECH-ZKB1JP)

sc20120325193238

素材感を追求する方ならこれがおすすめです。

竹製のキーボードですw 竹製マウス付き。

こちらは製品の情報を探せないのでスペックが分からない。メンブレンなのは確かでしょうね。

竹製キーボード&マウス

sc20120326061551

もっとマニアな方ならこれでしょうw

完全な工作からキーボードを創り上げる「木ーボード」という製品。手作りなので、価格は34800円の超マニア向け。

Hacoa 木ーボード Kit メープル H901K-M


もちこれらの他にも、匠キーボードが存在してます。迷ってしまいますね。。

【動画】ジェダイ猫の激しすぎるバトルとワンコ

sc20120324201436

ぬこのバトルは、よく結構見かけるもんですが、ここまでされると、ぬこ様として接しなければならなくなります。

絶妙なタイミングで入ってくる、ワンコも素晴らしい空気の読みっぷりですw