「pc」タグアーカイブ

【game】何かあった?PUBGが初の値下げセール

sc20180620142906追記:もっと安いとこめっけ

大型セール時でも、頑なに値下げを行わなかったPUBGですが、遂に値下げセールをしてるようです。

3300円が、2211円に(-33%)

バトロワとして、十分売れまくったタイトルですが、元々はH1Z1のパクリでしか無いわけ・・で。

ちなみに、韓国のメーカーです。

後出しの荒野行動(無料、スマホ・中国)や、FORTNITE(無料、PCやPS4、Switch)の人気に押されてしまったんでしょう。

課金制ではあれど、無料だもんね。FORTNITEは低スペックPCでも普通に動くのが利点でもあります。

sc20180620143621レビューも不評が圧倒的のようです。

未だにチート対策がされてないようです。

(;´Д`)・・

どうなのよ・・。

sc20180620143807人気のバロメータとしてTwitch配信の数で言っても。

Fortniteは15万、PUBGは3万です。

欲しかった人は、セールの今がチャンスじゃないでしょうか。

(;´∀`)

追記:もっと安いとこめっけ

sc20180620220011DMMんところでは、1950円だそうです。

ってか、以前からセールされてたらしい。

スキンが千名に当たるそうです。

要らねぇ・・

(;´∀`)

んで、DMM版ってなんぞ?

と思って調べたら、Steamと同様にプラットホーム的なやつらしい。

SteamとDMMで一応一緒にチーム組む事はできるらしいので、あくまで入り口の違いでしょうか(ただ、Steam特有のSNSやフレンド機能の連携は取れないので、寂しい思いをするぞw)

個人的にDMMは好きじゃないけどねぇ・・

欲しい人は、安価なこっちの方がええんじゃないでしょうか。

【pc】放置してたラズパイ2をイジる

P_20180610_195554追記:モバイルバッテリーで24H後

何かに使えるかもと、結局しまいっぱなしだったラズパイ2

もうすぐラズパイ3+が市場に本格的に流れる時期ですけども。

(;´∀`)

まだ、何かに使えるかも・・と、再セットアップしました。

ちなみに初代ラズパイは、時報&ファイル置き場(Samba)として、365日24時間稼働してくれてる。

※ソーラー発電で駆動してるので、電気代はゼロなのだ

P_20180610_1954382018/4が最新のバージョンのようです。

公式から落とすと、凄い時間が掛かるので、ここで紹介してるように、いつものJaist.ac.jp北陸先端技術大様からダウンロード(1.4GB)

ありがたや~

ラズパイ初期の頃は、ごちゃごちゃしてたんですが、だいぶスッキリしてます。

必要なモノは後から入れろというコンセプトになったようです。

P_20180610_195506んで、なぜ使わなくなったか、というと動作が不安定からなのです。

(;´∀`)

公式でも言う通り、電流が2Aは流せる電源が必要なのです。

だがしかし、私は、ソーラーで蓄電したものから供給したいのです。

アイドル状態では、約5V 270mAで、1.5W程度で動作してます。凄い時代です。これで、ちゃんとパソコンしてるんですもん。

今は、Ankerのモバイルバッテリー(20000mAh)で駆動させてますが、やはりこれでも、まれに電流不足に陥ります(特にブート時)

※不足時に画面右上に、稲妻マークが表示される

シャットダウン後は、60mAです。これ、なんとかならんかねぇ。

sc20180610201019ラズパイ3は、ラズパイ2の約1.5倍位速くて・・・

ラズパイ3+は、さらに200Mhzクロックアップされてるんです。

気になります。

・・が、さすがに1.5Wでは動かないだろうなぁ。

ちなみに、ラズパイ3+では、ブートをUSBからも行えるようです。つまり、USB-SSDストレージベースにできちゃう訳です。

ラズパイZeroだと、100mAhで動作するそうなので、消費電力0.5Wという驚異の数字です。速度は、初代ラズパイ程度なので、GUIというよりもコンソールベースになるんじゃないだろうか。

※ラズパイZero Wでも、3Vで条件付きで駆動するみたい(なんてこった)

※ラズパイZeroは、代理店のKSYが最も安いです。常に在庫ゼロですけど・・

追記:モバイルバッテリーで24H後

Ankerのモバイルバッテリーで、24時間経過後、如何ほどまでに減っているかのご報告です。

約50%

実際は電流計を間に挟んでるので、これの分を差し引く必要があるでしょうけども。

HDMI出力無し、低負荷状態、USBには何も挿して無い、有線LANの状態です。

充電時も出力可能なモバイルバッテリーがあれば、完全電気代ゼロで運用も可能です。

手持ちに8000mAhのモノ(PQI製)ならあるんだけど、容量に不安。

(;´Д`)

【自作】Celeron G4900で自作してみる激安PC

sc20180604133534そろそろPCを新調しなければならないかと、さまざまにシミュレーションしております。

現在は、5年前に組んだ、Z87にi5 4670K(OC 4.3Ghz)です。

んでは、まず、一番安価に組んでみた場合のシミュレーションをやってみます。

最新だと、CoffeeLakeのCeleronが最も安価になるパターンになります。

intel Celeron G4900 3.1Ghz 2コア 2Mキャッシュ 現在4701円

前世代のG3930は2.9Ghzで、ベンチ的にも10%程早くなった感じのようです(ちなみに、G3930は4000円以下で買えるけども)

マザーボード ASRock H310M-HDV 7296円
CPU Celeron G4900 4701円
メモリ SP004GBLFU213N02(DDR4-4GB) 4980円
SSD CHN-25SATA01M-030(32GB) 2299円
ケース CS7096 CA-1J1-00S1NN-00 3481円
電源 KRPW-L5-400W/80+ 3391円
合計 ※CPUファン、ケーブル類も含め 26,148円

※執筆時点での価格

sc20180604140609もしかして2万円切るかな・・と思っていたんですが、若干超えてしまった。どうしても、メモリが高すぎる・・。

(;^ω^)まぁ・・最新製品だけで揃えましたからね。

Windows10ライセンスが無い人は、これに14000円程追加です。

※LinuxやBSD、Ubuntu、Chrome OSなら無料だぞ

※細かいけど、あとキーボードとマウス、モニター、スピーカー

じゃ・・まだギリギリ売ってる、前世代のKabyLakeでシミュレーションです(通常、前世代のCPU製品は割高になるんですがCeleronは例外です)

マザーボード MSI H110M PRO-VH PLUS 6079円
CPU Celeron G3930 3976円
メモリ SP004GBLFU213N02(DDR4-4GB) 4980円
SSD CHN-25SATA01M-030(32GB) 2299円
ケース CS7096 CA-1J1-00S1NN-00 3481円
電源 KRPW-L5-400W/80+ 3391円
合計 ※CPUファン、ケーブル類も含め 24,206円

sc20180604140724おおっ、2千円も安くなってしまった。

スペックを問わないなら、これでもいいかもしれない。

最近のCeleronは想像以上に高速で、一般事務処理、ウェブ、動画視聴なら、余裕でこなせてしまいます。

ただ、PCゲームは難しい。

余ってるPCパーツがある分だけ、ここから、さらに予算削減できますし、あと1万円足すだけでも、結構なスペックアップを望める。

※あと1万円で、Celeron G4900 → Core i3-8100

※あと1万円で、SSD 32GB → SSD 512GB

一番安く組もうとしたシミュレーションに、SSDが入ってきちゃう辺り、時代を感じる(一番安価なHDDでも3000円超えです。新品/320GB)

(;´Д`)

sc20180604171143もし・・このCeleron機でPCゲームも楽しみたいッ!

なら、ビデオカードを別途増設すれば、やれない事も・・ない。

Nvidiaの1050チップ辺りなら、15000円程度で購入できる。

玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1050搭載 GF-GTX1050-2GB/OC/SF

設定さえちゃんとイジれば、ほとんどのゲームタイトルがプレーできる(快適とは言ってません)

次はAMDサイドでシミュレーションしてみよう。AMDサイドなら、ゲーミングも範疇に入ってきます。